◎コービルが新たな運用パフォーマンス監視ソリューションを発表

コービル

2013/11/5 12:30

◎コービルが新たな運用パフォーマンス監視ソリューションを発表

AsiaNet 54878

共同JBN 1331 (2013.11.5)

【ロンドン、ニューヨーク2013年11月4日PRN=共同JBN】

*最新リリースは、ミッションクリティカルな企業アプリケーションとサービスの監視を世界規模で展開できるBusiness Value Dashboard(BVD、ビジネスバリュー・ダッシュボード)アプローチを採用

世界大手企業向け運用パフォーマンス監視プラットフォーム(OPM)のプロバイダーであるコービル(Corvil、http://www.corvil.com)は4日、ミッションクリティカルな企業アプリケーションとサービスのパフォーマンスおよびヘルス(稼働状況)の監視を目的とした一連の最新ソリューションを一般提供すると発表した。新しいCorvilNetリリースには、ユニフィアイドコミュニケーション(VoIP=http://www.corvil.com/Solutions/Enterprise/VoIP.aspxとビデオ)、データベース・システム(http://www.corvil.com/Solutions/Enterprise/Application-and-Database.aspx)、ウェブ提供アプリケーション(http://www.corvil.com/Solutions/Enterprise/Web-Application-Delivery.aspx)向けのリアルタイム運用パフォーマンス監視が導入される。今回のリリースには、アプリケーション・プロトコル、強化されたマトリックス・スイッチのサポート、豊富さを増したビジネスアラート、強化されたGUIリポート機能も付加される。

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120605/537402

Enterprise Management Associates(登録商標)のジム・フレイ副社長(リサーチ担当)は「Enterprise Management Associatesによるリサーチでは、IT最優良事例が着実に集中型でアプリケーション中心のIT運用に移行していることが実証されている。この変化を実行している人々は、自社の管理ツールや技術を再評価して実用的なビジネス・インテリジェンスをリアルタイムで提供する製品を見つけ展開することが必要であると理解した。コービルのソリューションは、そうした目的に完全に沿って構築され、極めて有益なネットワーク・パースペクティブを活用してアプリケーションのトランザクションおよびパフォーマンスについて、リッチなリアルタイムの視認性を提供する」と指摘している。

ITインフラストラクチャーが速度と複雑さを増しているため、インフラストラクチャーの管理に明確さと透明性をもたらすリアルタイム監視ソリューションへの需要が高まっている。CorvilNetは過去5年にわたり、世界金融市場コミュニティーで広く使用されており、いまでは企業全般で金融以外の事業でも極めて重要なインフラストラクチャーの監視に使用されている。

コービルのソリューションに特有なことは、ミッションクリティカルな企業アプリケーション/サービスに関連するパフォーマンス、ヘルス、アクティビティーをリポートするためBusiness Value Dashboard(BVD)アプローチを採用していることである。調査会社ガートナーは最近、Business Value Dashboard(BVD)のコンセプトを、I&O(インフラストラクチャーと運用)が業績と事業目標に関連するとして、I&Oが与える直接の影響を明示する主観的かつメトリクス駆動的なアプローチを使用するダッシュボードであると定義している。

コービルの製品管理担当であるドナル・オサリバン副社長は「今回のリリースを定義する際に当社顧客やパートナーと協力したが、それが素早く採用されたことに勇気付けられた。ITパフォーマンス監視は、ビジネス運用を成功裏に遂行する支えになっている。今回のリリースは、統合されたビジネス・インテリジェンスとITパフォーマンスをより緊密に整合させるうえで大きく前進している」と語った。

世界で40を超える顧客はこの新ソリューションの初期バージョンを展開しているが、これは企業全体のユーザー体験、アプリケーション、ネットワークを1つのスクリーン上で横断的に閲覧できるCorvilNetのようなソリューションへの需要が増大していることを示している。TechValidateが最近行ったCorvilNetユーザーに関する独自の調査によると、回答者のすべてが友人や同業者にCorvilNet OPMを推奨すると答えている。問題解決に必要とする時間の短縮に関する質問では、調査対象企業の35%が事業上の重大問題解決までに要した時間で平均70%以上改善(ソース:TechValidate. TVID: C2B-F7D-375)したと回答、71%は50%以上改善した(ソース:TechValidate. TVID: 204-55E-951)と回答している。

最新版のCorvilNetは本日から利用可能である。

▽コービル(Corvil)について

コービルはIT用の運用パフォーマンス監視プラットフォーム(OPM)プロバイダーである。コービルのプラットフォームは、ワイヤデータからリアルタイムの運用上の情報を抜き出し、この情報をITアプリケーションとサービスを解析するために利用し、リアルタイムに事象を探知、警告するとともに、豊富なデータをビジネス情報とリスク管理解析向けにエクスポートする。顧客は業務プロセスとサービスの運用上のパフォーマンスを最適化、保護するためにコービルを利用する。コービル・プラットフォームはハイパフォーマンス、ローレイテンシー、データインテンシブなIT環境の要求を独自の方法で処理する。同社は2000年に創立し、ニューヨーク、ロンドン、シンガポール、東京、ダブリンで営業している。コービルに関する詳しい情報は http://www.corvil.comを参照。

ソース:Corvil

Corvil Announces New Operational Performance Monitoring Solutions for Unified Communication, Database Systems, and Web Delivered Applications

PR54878

LONDON and NEW YORK, Nov. 4, 2013/PRN=KYODO JBN/--

    - New release introduces Business Value Dashboard (BVD) approach to

  mission critical monitoring of enterprise applications and services on a

                              global scale

    Corvil [http://www.corvil.com ], a provider of Operational Performance

Monitoring (OPM) for the world's leading enterprise businesses, today announced

general availability of a new range of solutions aimed at monitoring the

performance and health of mission critical enterprise applications and

services. The new CorvilNet release introduces real-time operational

performance monitoring for unified communications (voice over IP

[http://www.corvil.com/Solutions/Enterprise/VoIP.aspx ] and video), database

systems

http://www.corvil.com/Solutions/Enterprise/Application-and-Database.aspx ] and

web-delivered applications

[http://www.corvil.com/Solutions/Enterprise/Web-Application-Delivery.aspx ].

The new offering also adds auto-detection and configuration for application

protocols, enhanced matrix switch support, richer business alerting, and

enhanced GUI reporting capabilities.

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120605/537402 )

    "Research by Enterprise Management Associates(TM) has documented a steady

shift in IT best practices towards converged, application-centric IT

Operations. Those making the change have found it necessary to re-assess their

choices in management tools and technologies to identify and deploy products

that can supply actionable operational intelligence in real-time. The Corvil

solution has been built specifically for such purposes, leveraging the highly

valuable network perspective to provide rich, real-time visibility into

application transactions and performance," said Jim Frey, VP Research, at

Enterprise Management Associates.

    As IT infrastructure increases in speed and complexity, there is a growing

requirement for real-time monitoring solutions that can bring clarity and

transparency to the management of that infrastructure. Used extensively by the

global financial markets community for the last five years, CorvilNet is now

being used to monitor other business critical infrastructures across the

Enterprise.

    Unique to the Corvil solutions is the Business Value Dashboard (BVD)

approach to reporting the performance, health and activity relating to these

mission critical enterprise applications and services. Gartner recently defined

the concept of the Business Value Dashboard (BVD) as a dashboard that uses a

subjective and metrics-driven approach to demonstrate the direct impact of I&O

(Infrastructure and Operations) as it relates to business performance and

objectives.

    "We worked with our customers and partners in defining this release, and

are encouraged by its rapid adoption," said Corvil VP of Product Management,

Donal O'Sullivan. "IT performance monitoring underpins the successful execution

of business operations. This release represents a major advance in bringing

integrated business intelligence and IT performance into closer alignment."

    Over 40 customers globally have deployed early versions of the new solution

reflecting a growing demand for solutions like CorvilNet that provide a

vertically integrated view of the user experience, the application, and the

network on one screen at enterprise scale. In a recent independent survey of

CorvilNet users, conducted by TechValidate, 100% of respondents said they would

recommend CorvilNet OPM to a friend or colleague. When asked about the

improvement in time to resolve issues, 35% of organisations improved their mean

time to resolution for business critical issues by 70% or more (Source:

TechValidate. TVID: C2B-F7D-375), and 71% improved by 50% or more (Source:

TechValidate. TVID: 204-55E-951).

    The latest version of CorvilNet is available today.

    About Corvil

    Corvil provides Operational Performance Monitoring (OPM) for IT. The Corvil

platform extracts real-time operational intelligence from wire data and uses

this intelligence to analyse the performance of IT applications and services,

detect and alert on events in real-time and export enriched data for business

intelligence and risk management analysis. Customers use Corvil to optimise and

safeguard the operational performance of their business processes and services.

The Corvil platform uniquely handles the demands of high-performance,

low-latency and data intensive IT environments. The company was founded in 2000

and operates from New York, London, Singapore, Tokyo and Dublin. For more

information on Corvil please visit http://www.corvil.com.

    SOURCE: Corvil

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中