◎クァンタム マテリアルズ社が高精度診断を可能にするテトラポッド型量子ドットを開発

クァンタム マテリアルズ社

2013/11/8 10:25

◎クァンタム マテリアルズ社が高精度診断を可能にするテトラポッド型量子ドットを開発

AsiaNet 54937

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

クァンタム マテリアルズ社がバイオメディカル系検査及びデバイス向けの高精度診断を可能にする

テトラポッド型量子ドットを開発

サンマルコス市(テキサス州)/平成25年11月8日: - クァンタム マテリアルズ社 (OTCQB: QTMM) は先端医療機器メーカーに対して “スペクトル操作”を施し最適化された量子ドットを光源に適用することで研究者や医師がこれまで容易に識別できなかった検査データをより正確に解析可能にするテトラポッド型量子ドット(TQD)の提供を開始したと発表した。

(ロゴ: http://photos.prnewswire.com/prnh/20121120/DA16554LOGO )

クァンタム マテリアルズ社R&Dバイス・プレジデントのデビッド・ドウドラーは、「今回の開発では組織研究向けに調整された光源を創出できるテトラポッド型量子ドットの最適化を実施した。正常組織と悪性疑惑の組織の判別では組織タイプごとにフルオロフォア (蛍光標識試薬) を適用した高精度の色柄表示または可視スペクトル下での色彩強調を行えばより正確に識別することが可能となる。柔軟に最適化が図れるテトラポッド型量子ドットは研究者やヘルスケア専門家が効率的に疾病への理解を深め効果的な治療法を考案する上で重要となる僅かな差異の識別に必要な詳細データを提供できるものと期待する。」と述べている。

一層需要の高まる効果的ヘルスケアの提供を実現するためには利用可能な情報の収集が非常に重要となる。医療診断検定用に各国で年間数百万の検査キットが使用されているが細胞レベルでの組織タイプを識別することは精度の高い結果を得る上で非常に重要となる。一般的に使用されてきた有機色素や別のタイプのフルオロフォアは現在研究者によって検定用発光用途に使用されているが、これらはケースによりデータ解析時に明確な識別を妨げる制約も持ち合わせている。広範囲に分散したデータは曖昧なパターン認識になりがちであるが高精度なデータ収集ができれば不確実性要素を取り除くことでより正確な認識を行うことが可能となる。

テトラポッド型量子ドットは収集したデータ中の識別解析率を向上させるほか、高コントラストで明確な固有識別を可能にする精度の高い色彩調整や持続性を持った広範囲な色彩表示が可能なことからバイオケミカル系の検知やバイオメディカル系のデバイス・アプリケーション分野において魅力的なソリューションとなっている。バイオケミカル系の検知では単体検査キットの使用により大量のデータを収集できる迅速検定法が一般的となっているが、クァンタム マテリアルズ社は特殊な環境下において特定の有機体や細胞タイプに付着することで固有のターゲットを正確に識別することを可能にする狭帯域のカラー放射機能を要望するバイオテック分野の研究者や企業との交渉を行っている。

クァンタム マテリアルズでは研究開発の一環として高サイズ均一性と拡張性の両面において一貫性を維持したメディカル用デバイスに適用可能なTQDフィルム製品の開発も行っているが、この技術は業界で今後期待される技術のひとつとして照明アプリケーションや電子機器用ディスプレイ及び量子型太陽電池といったテトラポッド型量子ドット・フィルムの適応が想定される各種アプリケーションへの転用が可能であると確信している。

クァンタム マテリアルズ社に関して

クァンタム マテリアルズ社は特許申請済み継続フロー生成プロセスによりメディカル、ディスプレイ、太陽電池、照明などのアプリケーション向けに使用されるテトラポッド型量子ドットの製造を行っている。テトラポッド型量子ドット半導体はコンシューマ製品及び産業用製品において飛躍的な性能向上を技術的に可能にできる材料である。クァンタム マテリアルズ社の量産生成技術は低コストで高品質、高信頼性の量子ドット製品を量産可能にすることで革新的技術の発見から商業生産体制確立への実現を支援していく。(http://www.qmcdots.com )

1995年私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項への対応

このプレス・リリースは弊社の事業、製品、財務状況に関してリスクまたは不確定要素を含んでおり、将来予想に関する記述内容と実際に生じる結果とは異なる可能性がある。弊社の事業、製品、財務状況に関わる潜在的リスク要因に関する情報は証券取引委員会("SEC")に申告された弊社の年次報告書や付随して提出された資料に記載されている。全ての資料は証券取引委員会の電子開示システム(EDGAR) http://www.sec.gov/或いはwww.QMCdots.comで閲覧することが可能である。弊社は将来予想に関する記述を含む上記の記載内容を以降のイベントや状況に反映させるための公的な更新に関して如何なる義務も負わない。

お問い合わせ:

安藤利徳

クァンタム マテリアルズ

アジア担当ディレクター

toshi@qmcdots.com

国番号(1)510-300-4021

メディア:

Rich Schineller (リッチ・シュネラー)

rich@prmgt.com

国番号(1)941-780-8100

情報元:  Quantum Materials Corporation

Quantum Materials Engineers Tetrapod Quantum Dots to Improve Diagnostic Accuracy of Biomedical Assays and Devices

PR54937

SAN MARCOS, Texas, Nov. 7, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

Quantum Materials Corp. (OTCQB:QTMM) announced today that it has provided

Tetrapod Quantum Dots (TQD) (http://qmcdots.com/manufacture.html) to an

advanced medical device manufacturer to optimize performance of an "engineered

spectrum" quantum dot-enabled light source to better provide useful data to

researchers and practitioners that has not been easily discernible until now.

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20121120/DA16554LOGO)

David Doderer, Quantum Materials (http://qmcdots.com/index.html) Vice President

of R&D, explained, "We are fulfilling specific requests for  tetrapod quantum

dots, in this case,  to create tailored light for investigation of tissue.  

Differences between healthy and suspect tissue often can be better identified

if the available fluorophores' color combination is engineered for either true

representation of color, or emphasized in the visible spectrum depending on the

tissue type. I think our bespoke tetrapod quantum dots provide the depth of

data necessary to highlight subtle differences that researchers and healthcare

professionals need to efficiently understand disease and devise effective

treatments."

To achieve efficient healthcare in an increasingly demanding marketplace, the

ability to get actionable information is crucial. Medical diagnostic assays

currently count in the multi-millions per year and per country, and differences

in tissues types at the cellular level are critically important for accuracy in

results.  Conventional organic dyes and other types of fluorophores are

currently used for luminescence in assays by researchers, but they have

limitations sometimes preventing clear distinctions in reading the data. Broad

data sets can tend to obscure patterns that might become clear by removing

these uncertainties.  

Tetrapod quantum dots address this issue well for biochemical detection and

biomedical device application by providing a broad array of colors, which

translates to increased number of pieces in the data set, and also precise

tune-ability and stability for high contrast and distinctive identification

certainty.  For biochemical detection, most typically in a rapid assay that

provides a breadth of data in a single test kit, Quantum Materials has begun

conversations with biotech researchers and companies needing narrow color

emissions to provide clear identification when identifying particular targets

by attaching to the desired organism or cell type when specifically

functionalized.

As part of this effort, Quantum Materials is developing a suitable TQD film for

medical devices while maintaining consistency in both uniformity and

scalability. Quantum Materials believes this technology, one of several under

review, could also successfully translate into Tetrapod Quantum Dot film

applications such as general light applications, electronic displays and

quantum dot solar cells.  

About Quantum Materials Corp.

Quantum Materials Corp. manufactures Tetrapod Quantum Dots for use in medical,

display, solar energy and lighting applications through patent pending

continuous-flow production process.  Quantum dot semiconductors enable a new

level of engineered performance in a wide array of established consumer and

industrial products. QMC's volume manufacturing methods enable consistent QD

quality and scalable cost reductions to drive innovative discovery to

commercial success. (http://www.qmcdots.com)

Safe Harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995

This press release contains forward-looking statements that involve risks and

uncertainties concerning business, products, and financial results. Actual

results may differ materially from the results predicted. More information

about potential risk factors that could affect our business, products, and

financial results are included in our annual report and in reports subsequently

filed with the Securities and Exchange Commission ("SEC"). All documents are

available through the SEC's EDGAR System at http://www.sec.gov/ or

www.QMCdots.com. We hereby disclaim any obligation to publicly update the

information provided above, including forward-looking statements, to reflect

subsequent events or circumstances.

Contact:

Art Lamstein

Director of Marketing

Quantum Materials Corp.

+1.415.609.4969

artlamstein@QMCdots.com

Media:

Rich Schineller

+1.941.780.8100

rich@prmgt.com

SOURCE Quantum Materials Corporation

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中