◎グッドマンの2014年度第1四半期における運用総資産は240億ドル超に拡大

グッドマングループ

2013/11/8 10:55

AsiaNet 54934

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

グッドマンの2014年度第1四半期における運用総資産は240億ドル超に拡大

シドニー2013年11月7日/PRニュースワイヤ/ -- グッドマングループ(「グッドマン」もしくは「グループ」)は、本日、2014年度第1四半期(2014年7月1日から9月30日迄)の業績を発表しました。本四半期末時点のグループの運用総資産は、2013年6月30日時点の230億ドルからさらに増加し、240億ドル超を計上しています。

グッドマンは、インダストリアル不動産のグローバル市場をリードする、世界有数の総合不動産企業およびファンドマネジャーとして、市場における地位の強化を実現する戦略を展開しています。グループの優位性であるグローバルな事業基盤により、地理的多様性を活かしたさまざまな成長機会を捉えてビジネスの拡大を図っています。また、さまざまな市場の異なる経済サイクルを熟知し、最適なタイミングとバランスを考慮して投資を行っています。

現在、グループの運用総資産は240億ドル超に拡大し、未実行ローンおよびエクイティコミットメントは総額60億ドルに達しており、短中期的に資産規模をさらに拡大できる資金力を備えています。また、グローバルの機関投資家から本四半期中に調達したエクイティは18億ドルにのぼり、物流不動産開発の分野で優れた実績と能力を備えたグッドマンへの支持と信頼を反映しています。

グッドマンの開発事業は引き続き堅調な伸びを示し、インダストリアル不動産市場では、最大規模の開発業者としての地位を築いてきました。当社の施設をご利用いただく顧客の皆様は、物流業界を取り巻く構造改革の波に直面しており、高品質な施設、確実な配送と業務効率アップを実現するコスト効果の高いソリューションへの期待が高まっています。このような需要の拡大を背景として、現在グッドマンは総額25億ドル、合計69案件の開発プロジェクトを確保するに至りました。

グッドマンのグループCEOであるグレッグ・グッドマン氏は次のようにコメントしています。「2014年度第1四半期のグッドマンのビジネスは大変好調に推移しました。現在、すべてのリージョンで開発プロジェクトが進行中であり、グローバルな事業基盤の多様性、インダストリアル不動産に特化した専門性と開発力、潤沢な資金力、顧客および投資家との良好な関係を活かして、好調な勢いを持続しています。また、当社が提供する質の高いサービスが顧客に評価され、運用物件の入居率は96%と高いレベルを維持しています。」

「ビジネス戦略と日々の業務を堅実に遂行することにより、グッドマンは将来の成長機会の獲得に向けて、市場における優位な地位を確保しています。それを踏まえ、2014年度の1株当たり営業利益 (EPS) は2013年度から6%増の34.3セントとなる見込みです。」

2014年度第1四半期(2013年7月1日~9月30日)の業績ハイライト

所有

・運用総資産は5.2%増の240億ドル超

・グループおよび運用ファンドが保有する物流施設に対し、年間賃料7,500万ドル相当の631,000平方メートルの賃貸借契約を獲得、年間賃料収入は前期から3.6%アップへ

・グループおよび運用ファンドが保有する物流施設の入居率は96%の高レベルを維持し、加重平均賃貸契約残存期間は4.8年

「グッドマンは、オーストラリア、中国、ヨーロッパを含む世界各地の市場で、目覚ましいリーシングの成果を上げています。これはグループが運用する施設の不動産ファンダメンタルズと、顧客維持率にも反映されています。」とグッドマン氏は述べています。

積極的な資産運用アプローチにより、グッドマンは本四半期中も資産の入れ替えを推進しました。主要な取引としては、グループおよび Goodman European Logistics Fund (GELF)から調達した、7件の不動産により構成されるドイツのポートフォリオを、グッドマンとマレーシア従業員退職積立基金 (EPF) が共同で組成する新たな投資ビークルに、2億1,300万ユーロで売却しています。 当該取引における売却物件の内訳は、グループが保有する3件の不動産(総額1億500万ユーロ)およびGELFが保有する4件の不動産(総額1億800万ユーロ)となっています。

開発

・現在進行中の開発プロジェクトは69件、総額25億ドルにのぼり、コスト利回りは8.8%の見込み

・総額6億ドルの新規開発案件を獲得し、第1四半期に竣工したプロジェクトは総額5億ドル

・新規開発案件の69%は賃貸借予約契約締結済み、68%は事前に売却先確保済み

・大阪で開発中の賃貸面積13万平方メートルの物流施設「グッドマン堺」は、竣工5カ月前の現時点で、すでに100%リースアップ完了

・都市再開発プロジェクトの推進により、開発利益が中期的に増加する見込み

優良物流施設の供給不足や、eコマースの躍進を含むさまざまな構造改革など、物流不動産のグローバル市場を取り巻くトレンドを背景に、グッドマンの開発事業は成長を続けています。現在参入する全ての市場で積極的な不動産開発に着手し、本四半期に進行中のプロジェクトは総額25億ドルに達しました。

「多様性を備えたグローバルな事業基盤、インダストリアル不動産に特化した専門性、および潤沢な資金力を駆使して、グッドマンは顧客および投資家の旺盛な需要を取り込み、世界各地の市場で質の高い開発案件を確保し、ビジネスの成長を実現しました。 」

「グッドマンは世界各地で積極的に事業を展開しています。イギリスではKuehne + Nagel社とフランスの宅急便大手であるGeopost社に対し、合計89,000平方メートルの2棟の物流施設開発に着手しました。中国では 556,000平方メートルの開発用地を確保しており、高品質な物流施設に対する顧客の高い需要に後押しされ、延べ516,000平方メートルの開発プロジェクトが現在計画中です。オーストラリアでは都市再開発プロジェクトを推進しており、ニューサウスウェーズル州のUrban Activation Precincts内にグッドマンが保有する5つの不動産のうち、用途地域の変更に適した1物件を7,300万ドルで売却することが決定しました。」とグッドマン氏はコメントしています。

管理

・グループが保有する不動産以外の運用総資産は総額200億ドルに増加

・本四半期中18億ドルの新規エクイティをグループ外の投資家から調達

・マレーシア従業員退職積立基金 (EPF) とともに、新たな投資パートナーシップをドイツで組成

グッドマンは本四半期中、資金パートナーとの強力な関係や、物流不動産に特化したグッドマンの専門的なサービスに対する需要の高まりにより、運用ファンドを通じて数々のイニシアチブを実行しました。

GELFは総額5億5,000万ユーロのエクイティ調達を完了しています。投資家の旺盛な投資意欲に対応するため、当該ファンドに対するグッドマンの出資持分1億1,000万ユーロを売却しました。中国では、カナダ年金基金投資委員会 (CPPIB) とグッドマンがGoodman China Logistics Holding partnershipに対し、共同で5億ドルの追加エクイティ出資を行いました。 ドイツでは、EPFとの新たなパートナーシップによりKWASA Goodman Germany (KGG)を組成しました。初回エクイティ出資額は合計5億ユーロで、EPFが70%、グッドマンが30%をそれぞれ拠出しています。KGGは組成時に総額2億1,300万ユーロのドイツ国内の不動産ポートフォリオを取得しました。

「グッドマンは常にさまざまな投資家パートナーとの関係強化を図っており、その成果により本四半期中も多額の資金調達に成功しています。現在グループが運用するファンドは、総額58億ドルにのぼる未実行エクイティおよび借入を確保しており、グッドマンおよび第3者から提供される魅力的な投資機会を獲得することが可能な資金力を備えています。 運用ファンドの目覚ましい勢いと潤沢な資金力を活かして開発事業を積極的に展開し、グループ外の運用総資産も有機的成長を遂げました。」とグッドマン氏は述べています。

グッドマンジャパンの進捗

グッドマンは日本市場への長期的なコミットメントやビジネス戦略の継続的な推進を実現するため、2013年初旬に日本におけるビジネスの完全子会社化を完了しました。現在、グッドマンジャパンのビジネス拡大を図る数多くのプロジェクトが進行中で、グループが提供する総合的な物流不動産サービスを、日本でも積極的に展開していきます。

グッドマン・ジャパン・コア・ファンド (GJCF)は、近代的な物流施設の供給がタイトな市場動向を反映して、99%という高い入居率を維持しています。また同ファンドのポートフォリオを構成する安定収益型物件には、賃貸借契約更新時に賃料が増加する傾向も見られます。昨年末に再組成されたGJCFは、既に2億6,000万ドルの新規エクイティを調達しており、グッドマンの出資持分売却による資金の循環により、新規開発や高品質な近代的物流施設の取得(松戸)への再投資を行っています。

現在の開発計画によると、GJCFの運用総資産は2年以内に15億米ドルを超える見込みです。GJCFでは1億ドルの新たな資金調達が進行中で、大阪湾岸に所在するグッドマン堺(100%賃貸借予約契約済み)の取得資金として活用されます。現在、物流不動産に対する投資家の投資意欲は大変旺盛で、本資金調達は目標額を上回る見込みであり、余剰資金はグッドマンジャパンが計画する新たな開発機会への投資に充当する予定です。

堅調な市場の動向と、好立地の近代的物流施設に対する顧客の高い需要により、本年度第2四半期には東京湾岸エリアに60,000平方メートルの新規開発案件であるグッドマン水江を着工します。名古屋近郊でも、既に50%のスペースが賃貸借予約契約済みの、51,000平方メートルの新規開発案件、グッドマン大府を着工します。さらに新たな案件として、64,000平方メートルのグッドマン市川の開発を東京湾岸エリアで間もなく開始する予定です。現在進行中のこれらのプロジェクトのリーシングについては、さまざまな顧客より強い引き合いをいただいています。また、グッドマンとアブダビ投資評議会 (ADIC) の折半出資によるジョイントベンチャー、グッドマン・ジャパン・ディベロプメント・パートナーシップ (GJDP) は、今後も魅力的な開発案件に対する投資を検討中です。

見通し

「グッドマンは物流不動産の開発と管理を手がける、世界有数のスケールと多様性を備えたユニークな不動産企業であり、開発物件の長期保有を基本方針として、一貫性のある高いクオリティーのサービスを、顧客および投資家の皆様に提供しています。物流業界を取り巻く構造改革と経済サイクルがもたらす変化、とりわけeコマースの躍進とネットワークの集約化ニーズに後押しされ、グッドマンの開発事業は急速な成長を遂げ、本四半期に進行中の開発プロジェクトの総額は25億ドルに達しました。グローバルな顧客、投資家および金融機関との強力な関係と、優れた組織力がグッドマンの優位性であり、良質な投資機会の獲得を実現する原動力となっています。」とグッドマン氏は語ります。

2014年度第1四半期における堅調な不動産ファンダメンタルズとビジネスの好調な勢いを得て、グッドマンは今後も成長戦略を確実に実践し、本年度の利益のさらなる拡大を図ります。したがって2014年度通期のEPSは2013年度から6%増の34.3セントとなる見込みです。

グッドマングループについて

グッドマングループは、オーストラリア、ニュージーランド、アジア、ヨーロッパ、イギリス、北米およびブラジルを含む、グローバル市場でビジネスを展開する総合不動産グループです。グッドマンリミテッド、グッドマン・インダストリアル・トラスト、およびグッドマン・ロジスティクス(香港)リミテッドから成るグッドマングループは、オーストラリア証券取引所に上場する最大のインダストリアル不動産企業であり、インダストリアル不動産およびビジネススペースの上場ファンドマネジャーとしても世界有数の規模を誇ります。

グッドマンの不動産に関するグローバルなノウハウと、所有+開発+管理を含む総合的なカスタマーサービス、および卓越したファンドマネジメントのプラットフォームにより、多様化するお客様の個別ニーズに対応する革新的なソリューションをご提案するとともに、投資家の皆様に長期的なリターンを実現しています。

グッドマンに関する詳細はwww.goodman.comをご参照ください。

本件に関するお問い合わせ先:

グレッグ グッドマン

グループ最高経営責任者

Tel: + 612-9230-7400

ソース  グッドマングループ

Goodman Grows Assets Under Management to Over AUD 24 billion in Q1 FY2014

PR54934

SYDNEY, Nov. 7, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

Goodman Group (Goodman or Group) has today announced an operational update for

the quarter ended 30 September 2013, which has seen assets under management for

the Group grow to over AUD 24 billion during the quarter, up from AUD 23

billion at 30 June 2013.

Goodman remains focused on, and continues to benefit from, its strategy of

being a leading global industrial operator and fund manager. The Group's global

operating platform is a key point of differentiation due to the access it

provides to a broad range of opportunities driven by its geographic diversity

and the varied timing of economic cycles across different markets.

With total assets under management rising to over AUD 24 billion and with

undrawn debt and equity commitments at AUD 6 billion, the Group has the

financial capabilities to further grow assets under management in the short to

medium term. During the quarter, AUD 1.8 billion of third party equity was

committed from global institutional investors supporting sector specialists

with solid and proven development capabilities.

Goodman's development activities continue to grow strongly and it remains one

of the largest developers of industrial property in the world. Structural

changes in the occupier market have driven the development pipeline to AUD 2.5

billion across 69 projects as customers demand quality product, certainty of

delivery and cost effective solutions to improve business efficiencies.

Goodman's Group Chief Executive Officer, Mr Greg Goodman said: "Goodman

experienced robust underlying operational activity in the first quarter of

FY2014. With developments underway across all regions, we continue to benefit

from the diversity of our global operating platform, specialist sector and

development capability, proven ability to access third party capital and

strength of our customer and investor relationships. The quality of our product

offering is reflected in the high occupancy rate of 96% across the portfolio.

"When combined with the focused and disciplined execution of our prudent

business strategy and day to day operational activities, Goodman is well

positioned to take advantage of future growth opportunities, which in turn

gives us the confidence to reaffirm our FY2014 earnings guidance of operating

earnings per security of 34.3 cents, up 6% on FY2013."

Key operational highlights for the quarter ended 30 September 2013

Own

    -- Total assets under management increased to over AUD 24 billion, up

       5.2%

    -- Leased 631,000 sqm across the Group and managed funds, representing

       AUD 75 million of annual rental income, with reversions of 3.6% on

       new leasing deals

    -- Occupancy maintained at a high 96% across the Group and managed

       funds, achieving a weighted average lease expiry of 4.8 years

"Our teams achieved significant leasing success across our global platform,

particularly in Australia, Greater China and Continental Europe. This result

reflects the strong underlying property fundamentals being experienced, which

continue to underpin high occupancy levels and retention rates across our

portfolios," Mr Goodman said.

Goodman's active asset management approach ensured it was well positioned to

capitalise on asset recycling opportunities during the quarter, with a key

transaction being the sale of a EUR 213 million German portfolio of seven

properties sourced from the Group and Goodman European Logistics Fund (GELF),

into a new investment vehicle established between Goodman and Malaysia's

Employees Provident Fund (EPF). The sale comprised three properties from the

Group and four properties from GELF, valued at  EUR 105 million and  EUR 108

million respectively.

Develop

    -- Development work in progress of AUD 2.5 billion across 69 projects,

       with a forecast yield on cost of 8.8%

    -- Secured AUD 0.6 billion of new development commitments and completed

       AUD 0.5 billion of projects in the quarter

    -- 69% of new developments pre-committed and 68% pre-sold

    -- Goodman Sakai, 130,000 sqm in Osaka Bay 100% pre committed five

       months prior to completion

    -- Urban renewal projects to contribute to development earnings over the

       medium term

The undersupply of prime logistics space and a number of structural changes

taking place globally, including the rapid growth in e-commerce, remain key

drivers of Goodman's development business. With active developments underway in

all operating markets, Goodman's development work book increased to AUD 2.5

billion over the quarter.

"With our globally diversified platform, specialist industrial property

expertise and available capital, our business is well positioned to capture the

ongoing strong customer and investor demand for our development product and to

take advantage of a broad range of high quality opportunities in all of our

markets.

"Activity remains robust across all markets, and more pleasing is the

contribution from the United Kingdom, with the commencement of two new

logistics developments for a combined 89,000 sqm on behalf of Kuehne + Nagel

and leading French express parcel business, Geopost. In China, we have a

556,000 sqm development work book with 516,000 sqm of new projects currently in

planning, highlighting the strong customer demand for prime logistics space in

that market. In Australia, we are progressing our urban renewal strategy, with

contracts exchanging for the AUD 73 million sale of a second Sydney property in

one of the five Goodman sites in NSW Urban Activation Precincts in which

Goodman holds sites identified as suitable for rezoning," Mr Goodman commented.

Manage

    -- External assets under management increased to AUD 20 billion

    -- AUD 1.8 billion of new third party equity raised in the quarter

    -- Established new investment partnership with EPF in Germany

During the quarter, Goodman completed a number of initiatives across its

managed fund platform, which highlights the strong support of its capital

partners and demand for Goodman's specialist industrial product offering.

GELF completed a EUR 550 million equity raising, with Goodman selling a further

EUR 110 million of its cornerstone investment in the Fund to meet excess

investor demand. In China, the Canada Pension Plan Investment Board and Goodman

contributed a further AUD 500 million of committed equity to the Goodman China

Logistics Holding partnership. A new EPF partnership, KWASA Goodman Germany

(KGG), was established on a 70:30 basis (EPF holding the larger share), with an

initial combined equity commitment of EUR 500 million. KGG was launched through

the acquisition of a EUR 213 million portfolio of German assets.

"We continue to work hard to build on our extensive capital partner

relationships and this was again reflected in the magnitude of the equity

inflows achieved during the quarter. As a result, our funds are well positioned

to participate in opportunities from the Group and broader market with AUD 5.8

billion in uncalled equity and debt. The significant momentum and investment

capacity this brings to our managed fund platform is highlighted by the organic

growth achieved in our third party assets under management, which has been

primarily driven by development completions," Mr Goodman said.

Japan operating platform update

Goodman obtained full ownership of the Japan management platform at the

beginning of this calendar year, consistent with its long-term commitment to

Japan and ongoing execution of its business strategy in that market. A

significant number of initiatives have subsequently been undertaken, which are

driving the expansion of Goodman's Japanese operating platform and highlight

the value of the Group's proven full service customer offering.

The Goodman Japan Core Fund (GJCF) has capitalised on the undersupply of modern

logistics space, achieving high occupancy of 99%, with rental growth evident on

lease renewals in its stabilised property portfolio. Since relaunch at the end

of last year GJCF raised AUD 260 million of new equity, recycling the capital

returned to Goodman into developments and acquiring a modern, high quality

stabilised asset in Matsudo, Tokyo.

With the current development book, GJCF has the potential to grow to in excess

of AUD 1.5 billion within two years. Currently, GJCF is undertaking a AUD 100

million equity raising, with the proceeds to be used for the acquisition of the

Goodman Sakai development at Osaka Bay (now 100% pre-leased). The target equity

amount of the raising is likely to be exceeded given investor demand received

to date, with any excess to be used to fund the acquisition of future

stabilised opportunities expected to primarily come from the existing

development book.

In response to the robust market conditions and significant customer demand for

well located, modern logistics properties, development of the 60,000 sqm

Goodman Mizue project in Tokyo Bay is expected to commence in the second

quarter. The 51,000 sqm Goodman Obu project in Nagoya which is 50% pre-leased

is also currently under construction. It is anticipated that construction will

commence on the 64,000 sqm Goodman Ichikawa project in Tokyo Bay in the New

Year with significant customer pre commitment interest across all projects.

Further Goodman and ADIC are considering an expansion of the 50/50 joint

venture Goodman Japan Development Partnership to take advantage of several

other development opportunities as they arise.

Outlook

"Goodman is uniquely positioned as one of the most diversified and largest

global industrial managers and developers offering a consistent, quality, long

term product for both its customers and investors. When combined with the

structural and cyclical changes that are taking place across the industry,

including the rapid growth in e-commerce and network consolidation, we have

seen our development work in progress grow to AUD 2.5 billion this quarter. The

Group is provided with a strong competitive advantage through its global

customer relationships, capital partners and the quality of its team, which

enables it to selectively pursue a range of opportunities," said Mr Goodman.

The robust property fundamentals and strong operating momentum across Goodman's

business in the first quarter of FY2014 ensures Goodman is well positioned to

execute on its business strategy and drive earnings over the remainder of

FY2014. Accordingly, the Group reaffirms its FY2014 earnings guidance for a

full year operating earnings per security of 34.3 cents, up 6% on FY2013.

About Goodman

Goodman Group is an integrated property group with operations throughout

Australia, New Zealand, Asia, Europe, the United Kingdom, North America and

Brazil. Goodman Group, comprised of the stapled entities Goodman Limited,

Goodman Industrial Trust and Goodman Logistics (HK) Limited, is the largest

industrial property group listed on the Australian Securities Exchange and one

of the largest listed specialist fund managers of industrial property and

business space globally.

Goodman's global property expertise, integrated own+develop+manage customer

service offering and significant fund management platform ensures it creates

innovative property solutions that meet the individual requirements of its

customers, while seeking to deliver long-term returns for investors.

For further information, please contact:

Greg Goodman

Group Chief Executive Officer

Tel: +612-9230-7400

SOURCE  Goodman Group

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中