◎八万大蔵経祭典が閉幕 

2013 Tripitaka Koreana Festival Organizing Committee

2013/11/13 13:35

◎八万大蔵経祭典が閉幕 

AsiaNet 54970

共同JBN 1377 (2013.11.13)

【ソウル2013年11月12日PRN=共同JBN】韓国で唯一の仏教文化遺産である8万枚の板版に彫られた八万大蔵経(Tripitaka Koreana)の大祭典が11日、閉幕した。組織委員会によると、来訪者は200万人を超えた。2013年八万大蔵経大祭典は、13世紀に成立した板版が保存されている南部の海印寺の近くで、仏教経典への一般の人々の関心を広げる目的で45日間開かれた。会場となった陜川はソウルから354キロ南にある。組織委によると、期間中の来訪者は205万人で、当初目標の160万人を大幅に上回った。

(Photo: http://www.prnasia.com/sa/2013/11/12/20131112110207689874.html

八万大蔵経は8万枚の版木に彫られた仏教経典のコレクションで、総計5200万文字が彫られている。

教典はこれまで発見された仏教経典の最大の集大成とみなされており、保存されている海印寺はユネスコの世界遺産に登録されている。

祭典のディレクター、キム・イス氏は閉幕式のスピーチで、「低予算、組織委立ち上げの遅れなど悪条件が重なったにもかかわらず、関係当局者やボランティアの皆さんが成功のために協力してくれたおかげで、1つの事故もなく祭典は成功した」と述べた。

スピーチは祭典組織委の議長で慶尚南道のホン・ジョンピョ知事の名前でキム・イス氏が代読した。

祭典のため海印寺は大蔵経の版木8枚を一般に公開、伽耶山の岩場に彫られた高さ7.5メートルの摩崖仏も初めて公開された。

摩崖仏は新羅時代(前57年-935年)の9世紀に製作されたと推定され、国内では保存状態が最もよいとされている。これまで僧侶たちの特別な祈りの場として、通常は一般の目には触れさせない秘仏だった。

海印寺の最高位の僧侶であるベン・ソンヘ師は「八万大蔵経の価値を世界に広めるために今後とも努力していきたい」と語った。

▽メディア問い合わせ先

Paeng Sunhwa

Tel: +82-55-211-6274

Email: psh0401@korea.kr

ソース:2013 Tripitaka Koreana Festival Organizing Committee

Buddhist Scripture Festival Concludes

PR54970

SEOUL, South Korea, Nov. 12, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

South Korea's only Buddhist cultural festival featuring historical woodblocks

"Tripitaka Koreana" came to an end on Monday, drawing more than 2 million

visitors, organizers said. The 2013 Tripitaka Koreana Festival was held for 45

days in a venue near Haeinsa, or Haein Temple, in this southern county with the

goal of spreading awareness of the rare 13th-century Buddhist scriptures.

Hapcheon is located 354 kilometers south of Seoul. The organizers said some

2.05 million visitors came to enjoy the festival, far exceeding the original

target of 1.6 million.

(Photo: http://www.prnasia.com/sa/2013/11/12/20131112110207689874.html )

"Tripitaka Koreana," or "Palmandaejanggyeong" in Korean, is a collection of

Buddhist scriptures hand-carved on more than 80,000 wooden printing blocks,

comprising 52 million characters.

The collection is considered the most comprehensive set of Buddhist scriptures

found to date. The Haein Temple, where the texts are kept, is a UNESCO World

Heritage site.

"Despite bad conditions such as low budget and the belated launch of the

organizing committee, related officials and volunteers joined forces together

to make the festival a success without a single accident," Kim I-su, the

festival director, said in his speech in the closing ceremony.

The speech was made on behalf of Hong Joon-pyo, the governor of South

Gyeongsang Province and chairman of the festival's organizing committee.

For the festival, the temple opened to the public eight of the wooden blocks

and Maaebul, a 7.5-meter Buddha statue engraved in a rock wall in Mount Gaya.

Maaebul is one of the country's best-preserved statues, estimated to have been

built in the 9th century during the Silla Kingdom (57 B.C.- A.D.935), and

public access to the statue is normally restricted as it is reserved for monks

as a special prayer site.

"We will continue to make efforts to spread awareness to the world about the

value of the 'Tripitaka Koreana,' " said Ven. Seonhae, chief monk of the Haein

Temple.

(END)

Media Contact

Paeng Sunhwa

Tel: +82-55-211-6274

Email: psh0401@korea.kr

SOURCE  2013 Tripitaka Koreana Festival Organizing Committee

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中