◎ウクライナの犯罪活動が企業乗っ取りなどに拡大 OCOの調査研究中間報告

The Organized Crime Observatory (OCO)

2013/11/13 15:50

◎ウクライナの犯罪活動が企業乗っ取りなどに拡大 OCOの調査研究中間報告

AsiaNet 54975

共同JBN 1376 (2013.11.13)

【ジュネーブ(スイス)2013年11月13日PRN=共同JBN】Organized Crime Observatory(OCO)が初めて公表したウクライナにおける組織犯罪と公務員腐敗に関する中間報告によれば、新しいタイプの犯罪がウクライナで急速に出現しつつある。

11月14日、ジュネーブの国連欧州本部での記者会見で公表された中間報告は、今月末リトアニアのビリニュスで開催される重要な欧州連合(EU)サミットに先立ち、ウクライナの犯罪と腐敗について国際的研究者グループの判定作業の進展状況を略述している。同サミットではかつてソ連圏に属していたこの国家に対して「EU準加盟国」の地位を付与する協定が調印される可能性がある。

OCO報告書はウクライナにおける犯罪の主要傾向について評価し、同国では薬物違法取引と人身取引が依然高い水準にあるばかりか、企業乗っ取りや詐欺行為のような新しい動きが次第に広がっている点に注目している。この研究はまた、地方行政機構における公務員腐敗についても考察している。

法執行機関にとって新しい挑戦の最たるものは、偽造とサイバー犯罪の増大であり、両者ともウクライナの犯罪による被害を国際化させている。企業乗っ取りの国際化はますます隠蔽度が高くなっているものの、その存在を色濃くしている。

OCOのニコラス・ジャナコプーロス所長は、ウクライナが組織犯罪、腐敗、その他の不法行為と戦う欧州連合(EU)と国際的な諸取り決めに加入し、順守するために多大な努力を払ってきたとして、次のようにコメントした。

「欧州はここしばらくウクライナを組織犯罪と腐敗の温床と見なしてきたが、ラザレンコ、ティモシェンコの両元首相にかかわって広く知れ渡った事件は、この国における犯罪の規模の大きさを証拠立てている。ウクライナの努力によって組織犯罪集団の取り締まりは興味深い進捗を示しており、それ自体は良い話だ。しかしながら、さらになすべきはこの国の多数の生活に影響を及ぼしている腐敗という悪弊と、サイバー犯罪と企業犯罪による危険の増大に取り組むことである。この点では欧州連合が支援面でもっとやれることがある」

OCO報告書によると、ウクライナ人の2人に1人は身分詐称や盗みなどでインターネット詐欺の犠牲になっており、これまでに2000件以上の詐欺事件が報告されている。他方、企業乗っ取りはしばしば西欧諸国の裁判所で立件されている。

ニコラス・ジャナコプーロス所長はこの傾向を、欧州連合(EU)がより密接にウクライナと協働することによって、自らを守ることができる一例と見ており、以下のように語っている。

「欧州の諸機関は、ウクライナの対応する機関に対して有益な支援を与えることが可能である。それはウクライナ人にとって良い話だし、ウクライナの犯罪行為が欧州大陸一帯に広がることを防ぐことによって、欧州連合(EU)全域の市民に貢献することでもある」

OCO のウクライナに関する総合的調査・研究は2014年9月まで続行する。

▽OCOについて

OCOは2001年に創設され、スイスに本拠を置く非政府組織(NGO)である。その目的は組織犯罪の行状、様式、ならびに諸事象についての知見を提供し、教育、訓練、ロビー活動、公共広報を通じて専門家を育成し、多数の公民にこうした現象について教育することであり、そのために関係者間で信用できて安全な方法で意思の疎通を図ることも支援する。OCOは世界各地に250人以上の専門家を配しており、組織犯罪こそ世界中で民主主義、プライバシー、自由の確保にとって危険であり、グローバルな問題として、世界的なネットワーク構築と交流を通じて解決されねばならないことを信条にしている。

詳細情報は下記のサイト参照。

http://www.o-c-o.net

http://www.o-c-o.net/wp-content/uploads/2013/11/13112InterimReortOCO.pdf

ソース:The Organized Crime Observatory(OCO)

PR54975

New Report on Organized Crime Trends in Ukraine ahead of EU Summit: Corporate Raiding, Internet and Counterfeiting Identified as the New Battlegrounds for Law Enforcement

GENEVA, Switzerland, Nov. 13, 2013 /PRN=KYODO JBN / --

     A new breed of crime is quickly emerging in Ukraine according to the first

interim report on organized crime and public corruption in Ukraine by the

Organized Crime Observatory (OCO).

    The report, presented at a news conference at the United Nations today,

outlines the progress of international researchers in their assessment of the

nation's crime and corruption, ahead of a crucial European summit at Vilnius

later this month in which an agreement may be signed granting the former Soviet

state EU Associate status.

    The OCO report assesses the key trends in Ukrainian criminality, observing

that drug smuggling and people trafficking remain at a high level in the

country, but new trends such as corporate raiding and fraud are increasingly

common. The study will also focus on public corruption with an insight on local

bureaucracies.

    The biggest new challenges for law enforcement agencies are an increase in

counterfeiting and cybercrime, both of which internationalize Ukraine's

criminal influence. The internationalization of corporate raiding is more

hidden but still very present.

    OCO President, Nicolas Giannakopoulos commented that Ukraine has made great

efforts to join and comply with European and international conventions to

combat organized crime, corruption and other illegal activities but the road

ahead is still challenging.

    "Europe has for some time regarded Ukraine as a hotbed for organized crime

and corruption, and the high profile cases of former Prime Ministers Lazarenko

and Tymoshenko certainly attest to the scale of crime in the country. Ukraine

efforts shows some interesting progress against organized crime gangs, which is

good news. Where more needs to be done, however, is in tacking the blight of

corruption that impacts the lives of so many people in the country and the

emerging risks posed by cybercrime and corporate raiding. This is where Europe

could be doing more to help."

    OCO reports that one in two Ukrainians has fallen victim to internet scams,

such as identity fraud and theft, with over two thousand fraud cases already

reported. Corporate raiding, on the other side, often ends in western Courts.

    Nicolas Giannakopoulos sees this trend as one in which the European Union

can protect itself by working more closely with the country:

    "European agencies could provide useful support for their colleagues in

Ukraine. This would be good news for Ukrainians, but it would also help

citizens across the EU too by preventing Ukrainian criminal activity spreading

across the continent."

    The OCO's comprehensive investigation and study on Ukraine will run through

September 2014.

    About OCO

    OCO is a Swiss based association (NGO) founded in 2001. Its goals are to

provide understanding on structured criminal behaviors, patterns and facts, to

educate specialists and large public on the phenomenon through education,

trainings, lobbying and public announcements but also by helping involved

parties to communicate between them in a trustful and secure way. With more

than 250 specialists worldwide, OCO believes that structured crime is a danger

for the security of democracy, privacy and freedom around the world and must be

addressed, as a global problem, through worldwide networking and exchange.

    For more information, please visit http://www.o-c-o.net.

    http://www.o-c-o.net/wp-content/uploads/2013/11/131112InterimReportOCO.pdf

    SOURCE: The Organized Crime Observatory (OCO)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中