◎英国ユーザーがGoogleをプライバシー侵害で訴える

Google Governance Campaign

2013/12/16 13:30

◎英国ユーザーがGoogleをプライバシー侵害で訴える

AsiaNet 55327

共同JBN 1521 (2013.12.16)

【ロンドン2103年12月16日PRN=共同JBN】英国のインターネット・ユーザーグループが16日、Googleを訴える行動を起こす。Googleは英国高等裁判所判事による出廷命令を回避することはできない。訴えを起こすグループは、Googleが英国でプライバシーを侵害したため、英国内で責任を取らなければならないと主張している。

訴えた集団はGoogleのSecret Trackingサービス利用に対するSafariブラウザーのユーザーで知られるが、同日ロンドンで提出された訴えの中で、Googleがユーザーのオンライン・ブラウジングを追跡し、パーソナライズされた広告をターゲットにするSafariブラウザーに対するセキュリティー設定を無視したと非難している。しかし、Googleはこの訴えは本社のある米国で行われるべきであり、16日に開かれる審理を英国で受けることは反対であると述べている。

原告の1人であるジュディス・ビダルホール氏は、Googleが英国の判事の前で答えるべきだと主張して、「Googleは英国で多くのサービスを提供している。Googleは英国固有のサイトを持っている。スタッフが駐在し、広告も販売している。収益も上げている。これはすべてまさに営業活動であるにもかかわらず、英国の裁判所に出頭しないという主張は理解できない。消費者が英国に根差しているのに英国の法律が乱用されるならば、その加害者は英国で責任を負うべきであり、彼らの都合のいい司法管轄圏内で負うべきものではない。英国の消費者がGoogle の不正行為の償いを求めるためはるばるカリフォルニアに行かなければならないということは傲慢(ごうまん)でモラルに反し、侮辱である。われわれはこの裁判をかたくなにはねつけようとする試みと戦う」と語った。

Googleは昨年8月米国で、同様のプライバシー侵害で訴えられ、米連邦取引委員会(FTC)に2250万ドルの課徴金支払いを命じられた。その理由はGoogleが「消費者がその情報の収集を管理できるどの程度」の能力があるかを適切に伝えなかったというもの。GoogleはFTC審理に当たって不法行為を認めず、トラッキングは偶発事故であると主張した。にもかかわらず、ニューヨーク州検事局は先週、Googleがそのようなトラッキングが遮断されたことを約束した後ですら追跡されたとの訴えに対する和解金1700万ドルの支払いに同意したと発表した。

データ管理者は欧州全域で、Googleによる継続的な個人データ収集と利用を統制する手段を検討中であるが、これまでのところGoogle はユーザーのプライバシー侵害に対して、欧州では責任を取っていない。原告団を代表して英法律事務所Olswangのダン・テンチ氏は次のように語った。

「英国のユーザーは英国および欧州の法律によってプライバシーが保護される権利を持っている。Googleはこの訴訟が英国で審理されえるべきではないと主張する複雑な法的主張を練ってくるだろうが、大西洋のこちら側のユーザーの要望がないがしろにされてはならない、というユーザーに対する法的およびモラル上の責務がある。Googleは英国を無視したいだろうが、ここで責任を負うべきことである」と語った。

同訴訟は12月16日午前10時30分に高裁第14法廷で登録される。

写真撮影の呼びかけ:

Google Governance Campaignグループの活動家は、Google がクッキーを譲渡し、「Google のトラッキング・クッキー粉砕」を求めて、16日午前9時半の高裁の外に参集する。

(編集者注)                                                                  

Google Governance CampaignはGoogle's Secret Trackingグループに対するSafariユーザーに関連する活動家によって設置された。その使命は英国におけるGoogleのより良い企業活動を求めるキャンペーンであり、英国におけるプライバシー権と同国で生まれるすべての利益に対する課税の権利尊重を求めている。

詳しい情報はhttp://www.googlegovernance.comを参照。

ソース:Google Governance Campaign

Google Must Answer to British Justice, say UK Privacy Claimants

PR55327

LONDON, Dec. 16, 2013/PRN=KYODO JBN/--

    The fight to ensure Google cannot evade British justice goes before the

English High Court on Monday, when a group of British internet users take

action against the internet giant. The claimants argue that Google breached

their privacy in England and should be held to account here too.

   In their claim, filed in London, the group of claimants, known as Safari

Users Against Google's Secret Tracking, have accused Google of bypassing

security settings on the Safari internet browser in order to track their online

browsing and to target them with personalised advertisements. But Google has

said that the claim should have been brought in the United States, where it is

based, and will argue against it being heard in England at a jurisdiction

hearing on Monday.

   Judith Vidal-Hall, one of the claimants argues that Google should answer to

British justice. "Google is very much here in the UK. It has a UK specific

site. It has staff here. It sells adverts here.  It makes money here. It is

ludicrous for it to claim that, despite all of this very commercial activity,

it won't answer to our courts. If consumers are based in the UK and English

laws are abused, the perpetrator must be held to account here, not in a

jurisdiction that might suit them better. Google's preference that British

consumers should travel all the way to California to seek redress for its

wrongdoings is arrogant, immoral and a disgrace. We will fight this attempt to

dismiss the case robustly."

   Google was sued for the same privacy breach in the United States in August

last year, and had to pay a fine of $22.5 million to the US Federal Trade

Commission for violating its order that the company would not misrepresent "the

extent to which consumers can exercise control over the collection of their

information." Google did not admit to wrongdoing in the FTC case, but said the

tracking was accidental.  Despite this, the Attorney General of New York

announced last month that the company had agreed to pay $17 million to settle

charges that it secretly tracked some consumers' activities on the Web, even

after promising such tracking had been blocked.

   Across Europe, data regulators are considering steps to reign in Google's

continued gathering and use of private data, but so far Google has not be held

to account in Europe for its breach of users' privacy. Olswang's Dan Tench

represents the claimants:

   "British users have a right to privacy protected by English and European

laws. Google may weave complex legal arguments about why the case should not be

heard here, but it has a legal and moral duty to users on this side of the

Atlantic not to abuse their wishes. Google must be held to account here, even

though it would prefer to ignore England."

   The case is listed at Court 14 of the High Court on Monday, December 16, at

10.30 am.

   Photo call:

   Campaigners from the Google Governance Campaign group will be outside the

High Court, London, at 09.30 on Monday handing out cookies and calling on

Google to "let its tracking cookies crumble'.

   Notes to Editors

   The Google Governance Campaign has been set up by campaigners associated

with the Safari Users Against Google's Secret Tracking group. Its mission is to

campaign for better corporate behaviour by Google in the UK, respecting

Britons' right to privacy and Britain's right to taxation on any profits

generated in the country.  

   http://www.googlegovernance.com

   SOURCE: Google Governance Campaign

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中