高温対応コイン形リチウム二次電池MS920Tを発売

2014年1月30日

セイコーインスツル株式会社

高温対応コイン形リチウム二次電池MS920Tを発売

85℃まで動作可能 高温環境での電源バックアップに最適

セイコーインスツル株式会社(略称:SII、社長:村上斉、本社:千葉県千葉市)は、高温環境においても安定した動作が可能なコイン形リチウム二次電池「MS920T」を発売いたします。従来製品では60℃が上限であった動作可能温度を、85℃まで拡大いたしました。なお、量産出荷開始は2014年6月の予定です。

コイン形リチウム二次電池は、主にデジタルカメラ・ドライブレコーダ等の電子機器において、リアルタイムクロックの電源バックアップ用として広く利用されています。近年、これらの電子機器の高画質化、高機能・高密度化による内部温度の上昇、また自動車の車内や直射日光の当たる高温環境での使用が増えていることから、バックアップ用の電池に対しても高温での動作対応が求められるケースが多くなっています。新製品「MS920T」は、独自の封止技術と設計の最適化により動作可能温度範囲を大きく向上させ、高温環境での使用の要望にお応えした製品です。

【主な特長】

1.85℃までの高温で動作が可能

リチウム二次電池は高温環境下では、熱によって経時劣化が加速します。85℃で60日間保管後の容量測定では、従来製品においては初期容量の40%程度まで容量低下がみられますが、MS920Tではほとんど劣化無く初期の90%以上の容量を維持します。

2.優れた過放電特性

0Vまで放電した後も、安定した放電容量を示します。

3.優れた充放電サイクル特性

3.1V-2.0Vの充放電条件(放電深度100%)において、100回以上の充放電(*)ができます。

*設計値による推定です。

【主な仕様】

公称電圧:3V

公称容量:6.4mAh

内部インピーダンス:60Ω

寸法:直径9.5mm, 高さ2.0mm

質量:0.45g

動作可能温度範囲:-20℃~+85℃

【用途例】電子機器のリアルタイムクロック、メモリ、の電源バックアップ

【量産開始時期】2014年6月(予定) 

【サンプル価格】500円

【販売目標】2014年度:500万個 

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 セイコーインスツル株式会社
  • 所在地 千葉県
  • 業種 精密機器
  • URL http://www.sii.co.jp

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中