◎硬直的投資管理が投資会社の足かせ イーグル・インベストメント調査で判明

イーグル・インベストメント・システムズ

2014/2/3 10:08

◎硬直的投資管理が投資会社の足かせ イーグル・インベストメント調査で判明

AsiaNet 55677

共同JBN 0110 (2014.1.31)

【ボストン2014年1月31日PRN=共同JBN】

*データ・マネジャーの4人に1人は、現状のポートフォリオ管理ソリューションに不満足

*投資マネジャーのほぼ3人に1人は、インベストメント・ブック・オブ・レコード(IBOR)の作成に必要なデータの効率的管理に「手が届かない」

BNYメロン(BNY Mellon)の子会社として金融サービス技術で業界をリードするイーグル・インベストメント・システムズ(Eagle Investment Systems LLC)が作成を依頼したホワイトペーパーによると、硬直的なポートフォリオ管理が投資管理会社の組織や市場の変化への適応力を妨げている。

Waters Technologyが公表したこのホワイトペーパー「A Data-Centric Approach to Portfolio Management(データ中心のポートフォリオ管理アプローチ)」は、実際にIBORやポートフォリオ管理にかかわる投資管理会社の管理職や資産運用担当者の回答を基に作成した。ホワイトペーパーはhttp://www.eagleinvsys.com/learning-center/collateral.cfmからダウンロードできる。

調査結果では、新システム統合や新しい製品・アセットクラスの採用、規制の変更、あるいは市場トレンドといった内外の環境が変化する中で、回答者のほぼ半数は自社のポートフォリオ管理システムへの対応が現状ではかなり難しいと答えた。

またデータ・マネジャーの4人に1人は、データの収集、体系化、管理という面で、現状のポートフォリオ管理ソリューションに不満を持っていることが明らかになった。

ホワイトペーパーでは、半数以上の組織が依然としてIBORの作成に複数の異なるシステムを使っており、データが不正確になって、作業が複雑化する恐れがあることも示された。こうした企業はIBORの作成に2-8のシステムを併用している。

イーグルの米州・Eagle ACCESS(シンボルマーク)担当マネジングディレクターのマル・カレン氏は「効率的で正確なポートフォリオ管理のために多くの投資会社が困難を抱えるとともに、データ管理が大事なことが、わが社の調査で明らかになった。多くの会社は企業買収を通じて受け継いだり、新製品の追加や新しい地域への進出に伴って急造した数多くのシステムを使っている。これが必然的に報告や意志決定のスピードと正確さに影響している」と述べた。

さらに「企業はポートフォリオ管理とIBORでデータ中心のアプローチを導入することを検討すべきだ。そうすればすべての資産の投資データが単独の集中データベースから得られる」と同氏は付け加えた。

この数年は投資マネジャーが大量の情報を扱って新金融規制に対応する上で、IBORが便利なツールであることが分かってきた。IBORは事業全体から集まる情報を処理し、企業全体で利用できる社内資産の正確な全体像を絶えず表示してくれる。

しかし、基本的な情報が例えば資産クラスや地域ごとにサイロ化されたうえに複数のシステムを使用すると、正確なIBORを作成するのは、膨大な時間と困難を伴うことになる。このためほぼ3分の1のデータ・マネジャーは、IBOR作成に必要な効率的なデータ管理が不可能であると結論付けることになる。

Waters Technologyは2月4日にニューヨークで、効率的なIBORを説明して提唱し、導入するための朝食会を開催する。イーグルのマル・カレン氏も会に参加し、IBOR機能を高めるための最善の方法とガイドラインを披露する。この朝食会の詳細はウェブサイトhttp://events.waterstechnology.com/bbibornewyork/static/agenda-2013を参照。

イーグルは安全なプライベートクラウドEagle ACCESS(シンボルマーク)を通じ、データ管理、投資勘定、業績測定ソリューションの受賞歴あるポートフォリオ管理スイートによって、世界中の金融機関が資産を効率的に増やすことにコミットしている。1989年以来、イーグルは信頼できるソリューションとサービスを展開、運用上の効率を開発し、複雑性とリスクの軽減を支援してきた。イーグル・インベストメント・システムズはBNYメロンの子会社である。詳しい情報はhttp://www.eagleinvsys.com.を参照。

BNYメロンのAsset Servicing事業は、今日の急展開する市場で世界中のデータを処理、監視かつ測定するサービスを通じて、機関投資家の資産を保全し、管理運営を向上させることを支援している。強みとするのは世界的な展開と、投資ライフサイクル全段階での考察とソリューションを提供する地域の専門知識である。

BNYメロンは世界的な投資会社で、顧客のあらゆる投資ライフサイクルでの資産管理とサービスの支援を専門にしている。金融サービスの提供は機関投資家、一般企業、個人投資家を問わず、35カ国、100余りの市場で情報に通じた投資管理、投資サービスを提供している。2013年12月31日時点の保管・管理資産は27兆6000億ドル、運用資産は1兆6000億ドル。投資の開始や取引、保管、管理、サービス、配分、再構築を求める顧客に対して、BNYメロンは接触先のシングルポイントとして活動している。BNYメロンは、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン・コーポレーション(The Bank of New York Mellon Corporation、NYSE:BK)の企業ブランドである。詳しい情報はウェブサイト(www.bnymellon.com)、Twitterでのフォローは(http://twitter.com/BNYMellon)を参照。

ソース:Eagle Investment Systems LLC

▽問い合わせ先

Kendra Ahern,

Eagle Investment Systems LLC,

+1-781-943-2007,

kahern@eagleinvsys.com

Investment Management Industry Hindered by 'Inflexible' Portfolio Management Systems Finds New White Paper from Eagle Investment Systems and Waters Te

PR55677

Investment Management Industry Hindered by 'Inflexible' Portfolio Management Systems Finds New White Paper from Eagle Investment Systems and Waters Technology

BOSTON, Jan. 31, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

-- One-in-four data managers dissatisfied with current portfolio management

solution

-- Effective management of data required to produce IBOR is 'out of reach' for

nearly one-third of investment managers

   Inflexible portfolio management infrastructures are hindering investment

management companies' ability to adapt to organizational and market changes,

according to a new white paper sponsored by Eagle Investment Systems LLC

(Eagle), a leading provider of financial services technology and a subsidiary

of BNY Mellon.

   The white paper, A Data-Centric Approach to Portfolio Management, was

released by Waters Technology and based on survey responses from senior

executives at investment management companies and asset managers who assessed

current practices around Investment Book of Record (IBOR) and portfolio

management. The white paper can be downloaded at

http://www.eagleinvsys.com/learning-center/collateral.cfm.

   The paper reveals that nearly half of the survey respondents believe it is

presently quite difficult to adapt their organization's portfolio management

infrastructure in the face of changing internal or external environments such

as the integration of new systems, expansion into new product areas or asset

classes, and changing rules and regulations or market trends.

   The survey exposes that a quarter of data managers are not satisfied with

their current portfolio management solution when it comes to sourcing,

organizing and managing data.

   The paper also discloses that more than half of organizations still use

several different systems to compile an IBOR, potentially leading to inaccurate

data and increased operational complexity. These companies are using anywhere

between two and eight systems to complete the process of generating an IBOR.

   "Our research reveals the difficulties many investment firms face and the

importance of data management when it comes to efficiently and accurately

managing portfolios," said Mal Cullen, Eagle managing director and head of the

Americas and Eagle ACCESS(SM). "Many use numerous systems that they've either

inherited through acquisitions or bolted-on as they've added new products or

entered new geographies. This inevitably affects the speed and accuracy of

reporting and decision-making."

   "Firms should consider adopting a data-centric approach to their portfolio

management and IBOR, where the investment data for all assets is available

through a single, centralized database," Cullen added.

   In recent years, IBOR has emerged as a valuable tool for investment

managers, both in handling the abundance of information and meeting new

financial regulations.  An IBOR uses information gathered from across the

business to provide a consistent and accurate overview of a company's assets

for enterprise-wide consumption.  

   However, where underlying information is siloed, by asset class or geography

for example, and multiple systems are used, producing an accurate IBOR can

become hugely time-consuming and fraught with difficulty.  This has led to

nearly one-in-three data managers concluding that effective management of the

data required to produce an IBOR for their organization remains out of reach.

   Waters Technology will host a breakfast meeting in New York on February 4,

2014 focused on defining, advocating for, and implementing an effective IBOR.

Eagle's Mal Cullen will participate on a panel focused on best practices and

guidelines for developing an IBOR capability. For more information, please

visit: http://events.waterstechnology.com/bbibornewyork/static/agenda-2013

   Eagle is committed to helping financial institutions worldwide grow assets

efficiently with its innovative portfolio management suite of data management,

investment accounting and performance measurement solutions that are delivered

over its secure private cloud, Eagle ACCESS(SM). Since 1989, Eagle has deployed

trusted solutions and services that create operational efficiencies and help

reduce complexity and risk. Eagle Investment Systems LLC is a subsidiary of BNY

Mellon. Additional information is available at http://www.eagleinvsys.com.

   BNY Mellon's Asset Servicing business supports institutional investors in

today's fast-evolving markets, safeguarding assets and enhancing the management

and administration of client investments through services that process, monitor

and measure data from around the world. We leverage our global footprint and

local expertise to deliver insight and solutions across every stage of the

investment lifecycle.

   BNY Mellon is a global investments company dedicated to helping its clients

manage and service their financial assets throughout the investment lifecycle.

Whether providing financial services for institutions, corporations or

individual investors, BNY Mellon delivers informed investment management and

investment services in 35 countries and more than 100 markets. As of December

31, 2013, BNY Mellon had $27.6 trillion in assets under custody and/or

administration and $1.6 trillion in assets under management. BNY Mellon can act

as a single point of contact for clients looking to create, trade, hold,

manage, service, distribute or restructure investments. BNY Mellon is the

corporate brand of The Bank of New York Mellon Corporation (NYSE: BK).

Additional information is available on www.bnymellon.com or follow us on

Twitter @BNYMellon (http://twitter.com/BNYMellon ).

   SOURCE:  Eagle Investment Systems LLC

   CONTACT: Kendra Ahern, Eagle Investment Systems LLC, +1-781-943-2007,

kahern@eagleinvsys.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中