自転車乗車時の安全・快適性を追求した「ハンズフリーライド」バッグ発売。

ビーズ株式会社

2014/2/19 08:30

2014/02/19

ビーズ株式会社

自転車ライダーに「ハンズフリーライド」を提案。

乗車時の安全性と快適性を追求したバッグを発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は、弊社ブランドDOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)より、乗車時の荷物をより安全に、快適にかつスマートに運べるバッグ「バイシクルボディーバッグDBM129-BK」を発売し、シリーズを拡販します。

 クロスバイクやマウンテンバイクなどカゴのない自転車に乗る際、貴重品や荷物をいかに運ぶかはライダーの課題ともいえます。 もちろん腕やハンドルにハンドバッグを引っ掛けての走行は交通事故の原因となり大変危険ですので避けなければなりませんが、一方斜めがけのショルダーバッグでは走行中やブレーキ時にバッグが揺れ重心が変わってふらつくこともあります。

 そのような危険を回避し安全・快適に走行する「ハンズフリーライド」を提唱するDOPPELGANGER(R) バッグシリーズに「バイシクルボディーバッグDBM129-BK」が加わりました。財布や携帯、カメラなどの貴重品を収納するのに便利なサイズで人気があるボディーバッグに、自転車乗車時に必要な機能を追加。ショルダーベルトを左右付け替え可能にすることで、好みのかけ方で安定させて走行できます。そのショルダーベルトやバッグ前面に反射材を使用することで、夜間走行時に前後両方向から存在をアピールでき未然に事故を防ぎます。またサイクリング時に使用頻度が高くなる自転車の鍵などを取り付けてすぐに使用できるようキーループをバッグ上部に採用するなど、ライダーの使い勝手を追求しました。

 

背中に背負ったり肩に掛けることも好まない「究極のハンズフリー」を求めるライダーには、「フォルダブル3WAY ショルダーメッセンジャーバッグDBM087-BO」を提案します。バッグ底部を折り返して三角にしバックルでダイヤモンド型フレームの真ん中に固定すれば、自転車の「デッドスペース」を有効利用可能。もちろんA4 サイズに展開しメッセンジャーバッグのように使用することもできます。

 

また通勤・通学時やサイクリング中に思わぬ買い物をしてしまってどう運ぶかに悩んだという経験のあるライダーも少なくないでしょう。「 フォールディングメッセンジャーバッグDA016B」は軽量なデザインで丸めることができ、不要なときはフレームに装着することが可能。容量約25L の収納スペースはヘルメットやグローブなど、自転車に乗車の際に必要な小物を入れられます。

 DOPPELGANGER(R) は、これからも「ハンズフリーライド」製品を提案し、ライダーの安全性と快適性の向上に貢献し続けます。

【商品名】バイシクルボディーバッグ DBM129-BK

【希望小売価格】7,770 円(税込)

【発売開始時期】2014 年2 月

【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dbm129_bk/

【商品名】フォルダブル3WAY ショルダーメッセンジャーバッグ DBM087-BO

【希望小売価格】6,930 円(税込)

【発売開始時期】2013 年5 月

【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dbm087_088/

【商品名】フォールディングメッセンジャーバッグ DA016B

【希望小売価格】5,250 円(税込)

【発売開始時期】2012 年2 月

【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/da016b/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

自転車走行時の便利機能が付いたボディーバッグ『DBM129-BK』です。

『DBM129-BK』はリフレクターで夜間走行も安心。

便利なキーフック付きの『DBM129-BK』。

『DBM087-BO』は折りたたみにより、2通りのサイズで使用可能。

『DBM087-BO』は折り畳んで自転車フレームに固定できます。

『DA016B』は軽量かつ大容量で、コンパクトに収納。

『DA016B』が不要な時はフレームに取り付けられます。

容量約25lでヘルメットやグローブまで入る『DA016B』。

『DBM087-BO』はお洒落なボディーバッグにも早変わり。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース