◎CD-adapcoはSTAR-CCM+ v9.02によるシミュレーションにリアル感を加えます

CD-adapco

2014/2/27 10:35

AsiaNet 55952

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

CD-adapcoはSTAR-CCM+ v9.02によるシミュレーションに

リアル感を加えます

2014年3月17日~19日にウイーンにて開催予定のSTAR Global Conference 2014にてSTAR-CCM+ v9.02の詳細を公開します。

2014年2月26日、ニューヨーク、ロンドン

CFDに重点を置いたCAEシミュレーションソフトウェアの世界最大級の独立系プロバイダーである米国CD-adapco(本社:米国ニューヨーク州メルビル)は、同社の主要なシミュレーションツールであるSTAR-CCM+(スター・シーシーエム・プラス)の最新バージョン9.02のリリースを開始します。当社では、生産性と処理時間の向上に焦点を当てると同時に、シミュレーションをお客様にとってよりリアルに感じられるよう新たな適用分野の幅を広げました。

当社のプロダクト・マネージメント・シニアバイスプレジデント、Jean-Claude Ercolanelliは次のように述べています。「エンジニアリングシミュレーションは解析結果を基準とする領域であるため、STAR-CCM+ v9.02ではワークフローの機能とソルバーの速度とスケーラビリティを強化しました。これにより、より速く結果を得ることをリードし、製品開発工程において一定で正確なシミュレーション結果を得ることを保証します。バージョン9のリリースサイクルのすべての側面において、シミュレーションへのリアル感の追加とより短い時間でお客様が最適な結果を得ることができるよう開発の焦点を当て続けます。」

この新しいバージョンは設計工程にリアル感を追加する機能をもたらし、お客様のワークフローの強化、処理量を増加させ、かつ精度を改善します。

ボリュームレンダリング:解析結果の分析のための強力な可視化テクニックです。エンジニアが初めて流れ場の“内部を見ること”を可能とします。

随伴法ソルバー機能強化:タンブルやスワール評価関数の追加、形状モーフィングを使用したメッシュ変位モデルの追加により、適用性と使いやすさが広がりました。

分散混相モデル:解析負荷を軽減する新たなオイラー混相流モデルです。雨滴/水滴のような微細粒子をモデル化し、より現実に即したシミュレーションを可能とします。

新機能とそのメリットは当社webサイト(www.cd-adapco.com)やブログ(http://www.cd-adapco.com/blog)で詳細を確認することができます。

CD-adapcoは3月17日~19日にウイーンにて開催するSTAR Global Conference 2014にてSTAR-CCM+ v9.02を発表いたします。本年度は、当社Jean-Claude Ercolanelliによる“STAR-CCM+ v9プロダクトロードマップ”を含む、全世界から115を超えるシミュレーションのエキスパートによる講演を予定しております。CD-adapco開発スタッフや産業別エキスパートはSTAR-CCM+ v9.02に関して、展示ブースでの説明やデモストレーションを行います。

CD-adapcoについて

CD-adapco (www.cd-adapco.com) はエンジニアリング用CFD・CAEシミュレーションソフトウェアの世界最大級の独立系プロバイダーです。当社の主要製品は最先端テクノロジーシミュレーションパッケージであるSTAR-CCM+とSTAR-CDです。事業範囲はCFDソフトウェア開発にとどまらず、流体解析、熱伝達や応力解析まで幅広いCAE エンジニアリングサービスを網羅しています。私達の絶え間ないミッションは“エンジニアリングシミュレーションソフトウェアとサービスを通してイノベーションを促進し、かつコスト削減する”ことにあります。

独立系企業であるCD-adapcoの売り上げ成長率は過去5年以上の統計で前年比17%以上であり、世界各地にある30のオフィスでは800名以上の才能ある人間が働いています。

プレス関係のお問い合わせ先

株式会社CD-adapco

マーケティング 高橋 由香

TEL:045-475-3285  FAX:045-475-3295

E-mail: marketing-jp@cd-adapco.com

Web: http://www.cd-adapco.com/ja

CD-adapco Adds Realism to Simulation in STAR-CCM+ v9.02

PR55952

NEW YORK and LONDON, Feb. 26, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    -- STAR-CCM+ v9.02 to be revealed at the STAR Global Conference 2014 in

Vienna, March 17-19.

    CD-adapco(TM), the largest privately held CFD-focused provider of Computer

Aided Engineering software, today announced the release of STAR-CCM+(R) v9.02,

the latest major release of its flagship simulation tool. The company focused

on increasing users productivity and simulation turnaround time, as well as a

range of new application areas while making simulation more realistic for

customers.

    Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20110623/MM25604LOGO

    "Since engineering simulation is a results-based discipline, in STAR-CCM+

v9.02 we enhanced our workflow capabilities and the speed and scalability of

our solvers. This leads to greater throughput and ensures the product

development process is fed with a constant and accurate stream of simulation

data," said Senior VP of Product Management, Jean-Claude Ercolanelli. "All

aspects of our v9 release cycle will stay focused on adding realism to the

simulations, and driving optimal results for customers in a shortened amount of

time."

    This new version brings features that add realism to the design process,

enhance user workflows, increase throughput and improve accuracy. New features

such as the volume rendering capability allows engineers to "see inside" a

flow-field for the first time; the adjoint solver broadens applicability and

ease-of-use with the tumble and swirl cost function; and the Dispersed

Multiphase model helps accomplish the goal of greater adoption of realistic use

of simulation. The new features and their range of benefits are discussed in

full detail on the company website (www.cd-adapco.com ) and blog

(http://www.cd-adapco.com/blog ).

    CD-adapco will present STAR-CCM+ v9.02 at its STAR Global Conference 2014

(www.star-global-conference.com ) in Vienna on March 17-19. This year's event

will host over 115 simulation experts from around the world, with a company

keynote address from Jean-Claude Ercolanelli on the full product roadmap for

STAR-CCM+ v9. CD-adapco development staff and industry experts will be on hand

to showcase and demonstrate all aspects of the new release.

    About CD-adapco

    CD-adapco(TM) (http://www.cd-adapco.com ) is the world's largest privately

held CFD focused CAE provider. Our core products are the technology-leading

simulation packages, STAR-CCM+(R) and STAR-CD(R). The scope of our activities,

however, extends well beyond CFD software development to encompass a wide range

of CAE engineering services in fluid dynamics, heat transfer and structural

engineering. Our ongoing mission is to "inspire innovation and reduce costs

through the application of engineering simulation software and services."

    A privately owned company, CD-adapco has maintained 17% organic

year-on-year growth over the last 5 years. CD-adapco employs 800 talented

individuals, working at 30 different offices across the globe.

    Press Contact

    Lauren Gautier, CD-adapco

    lauren.gautier@cd-adapco.com

    +1-248-277-4600

    SOURCE: CD-adapco

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中