◎Total Recallが9社と自由の女神像に最新のデジタルビデオ監視ソリューションを提供

Total Recall Corp.

2014/3/5 11:01

◎Total Recallが9社と自由の女神像に最新のデジタルビデオ監視ソリューションを提供

AsiaNet 55984

共同JBN 0238 (2014.3.5)

【サファーン(米ニューヨーク州)2014年3月4日PRN=共同JBN】

*Total Recall Corp.は年間数百万人が訪れる自由の女神像の安全、セキュリティー、運用を改善する革新的なIPビデオ・ソリューションを生み出すため、最高のテクノロジープロバイダー9社による「ドリームチーム」を結成した。

監視ソリューションを専業とするビデオ中心のセキュリティーテクノロジープロバイダーであるTotal Recall Corporation(http://www.totalrecallcorp.com)はこのほど、最新のテクノロジーベンダー9社を集めて、米公園警察、国立公園局(NPS)、内務省(DOI)が使用する受賞歴のあるIPベースのデジタルビデオ・サーベイランス・ソリューションを提供、最近改修した自由の女神国定公園とリバティーアイランドの公衆安全を強化し、運用上の効率を向上させることになった。

マルチメディアのニュースリリース閲覧は以下のサイトを参照。

http://www.multivu.com/mnr/65017-statue-of-liberty-upgrades-system-total-recall

注目されるこのプロジェクトは、米セキュリティー・インダストリーズ・アソシエーション(SIA、http://bit.ly/LSqD6A)から2013 Bronze STE Security Innovation Awardを受賞した後、2014年にGovernment Security News Homeland Security Extraordinary Achievement in Public Safety and Security(http://bit.ly/1aRWGj7)を受賞して始まった。

自由の女神像は、ハリケーン・サンディによる荒廃のため修復、改修が行われた8カ月後、2013年7月4日の独立記念日にあらためて公開された。Total Recallは改修の一環として、同社の献金で設計、設置、維持される最新の監視システムを提供して公園警察、NPS、DOIを支援することになった。

Total Recallは再公開の準備に当たって、女神像の監視とセキュリティーシステムを頂点から底辺まで再設計した。その中には時代遅れのアナログCCTVから最新のIPベースのデジタルビデオ・テクノロジーへの移行、NPSと公園警察を支援するインテリジェントで超現代的なコマンドセンターの構築が含まれる。これによってNPS、公園警察は業務をより効率的に遂行し、公園をセキュリティー監視施設などこれまでは手の届かなかったビデオ監視で区域をカバーすることができるようになる。

公園警察リバティー地区司令官のグリゴリー・ノーマン警部は「NPSおよび自由の女神国定公園は、Total Recallが寄贈する総合的なセキュリティーシステムを高く評価している」と語った。Total Recall Corporationのジョーダン・ヘイルウェル社長は「われわれは自由の女神の監視システム設計と設置計画の一翼を担うことあらためて誇りに思う。われわれはできる限りの保全を果たし公園警察、DOI、NPSを支援するため、最新のセキュリティーテクノロジープロバイダーのドリームチームを結成し、毎年女神像を訪れる数百万家族に思い出ある経験を提供する」と語った。

IPベースのテクノロジーとシステムの革新的な設計は、リバティーアイランド全域とともに公園の監視施設とメーンロビーから女神の王冠につながる全393階段をカバーすることができる。このテクノロジーは公園を訪れる人々の毎日の安全とセキュリティーに使われるとともに、公園警察とNPSが人々の流れを監視し、アイランドあるいは女神像内で列を組んで歩き、フェリーサービス運営を支援し、迷子になった子供たちを両親に戻し、緊急医療に対応する人的管理能力を拡大する。

ヘイルウェル社長は続けて、「当社パートナーはすべてこのミッションの一端を担うことを誇りに思っている」と語った。自由の女神の新しい監視システムについてTotal Recallが選別したパートナーは以下の通り。

 *Axis Communications(http://www.axis.com/)はHDTV品質、並外れた夜間監視性能、強力なズーム機能、信頼性、用心深く設定された外観によるほぼ160台のIPカメラ提供。

 *BriefCam(http://www.briefcam.com/)は独自のVideo Synopsisソフトウエアソリューションを提供。同ソリューションによって警察やセキュリティー要員は数分で数時間の監視ビデオを見直すことができる。

 *DragonWave(http://www.dragonwaveinc.com/)はマルチギガビットのパケット・マイクロ波無線を供給し、ミッションクリティカルな公衆安全通信向けに通信事業者級の送信能力を提供する。

 *Milestone Systems(http://www.milestonesys.com/)はあらゆる部品を統合するオープンプラットフォームのIPビデオ管理ソフトウエアを提供し、最初の応答者はライブあるいは録音ビデオを見ることもモバイル機器を使用することもできる。

 *Pivot3(http://www.pivot3.com/)はIPビデオ業界向けに特に設計された信頼できるデジタルストレージおよびコンピューターを提供。

 *Proxim Wireless(http://www.proxim.com/)はこれまでのシステムでは到達できなかった地域にIPカメラを接続するため、WORP(登録商標)テクノロジーを利用する高容量、広域無線ブロードバンドを提供する。

 *RGB Spectrum(http://www.rgb.com/)はMediaWall 2900ディスプレー・プロセッサーを使って新しいコマンドセンターで巨大なビデオウォールに表示する複数のビデオフィードを可能にする。

 *Scallop Imaging(http://www.scallopimaging.com/)は6メガピクセル、超微小光(高感度)ビデオとゆがみのないパノラマ200度視野を持つすべてソリッドステートのM6-200 IPカメラを通じた周辺セキュリティーを提供。

 *Winsted Corporation(http://www.winsted.com/)は人間工学的に設計されたコマンドセンター用コンソールを提供して、オペレーターは緊張度の高い環境にあってできる限り効率的で快適な気分になる。

進行中の監視システム展開は、記念建造物に設置されればアールデジタルの監視システムとして初めてとなるもので、NPSは光ファイバーと無線接続の組み合わせのおかげで、旧式のアナログシステムでは届かなかったアイランド地域をカバーすることができるようになる。Total Recallは1999年に、女神像とリバティーアイランドの大がかりなセキュリティーシステムのオーバーホールを計画、監督し、最新のアップグレードは2004年に行われたのが最後となった。新しいシステムを設置する諸条件は容易なことではなく、ヘイルウェル社長は、環境がハリケーン・サンディによる損傷がなくても独自の問題があると指摘している。同社長は「ハリケーン・サンディによる停電、洪水、損害は、この素晴らしいチームにとっても女神像がいつものように訪問者を迎えられるようにするに難しいことだ」と語った。

ニューヨークハーバー国立公園保全局(http://www.nyharborparks.org/visit/stli-faq.html)によると、年間約400万人が自由の女神国定公園とエリスアイランド国定公園に訪れている。詳細はhttp://www.nps.gov/stli/index.htmを参照。

Total Recallは3月13-14日ニューヨークのジェイコブ・K・ジャビッツ・コンベンションセンターで開かれるASIS New York City Security Conference and Expoで自由の女神プロジェクトを説明する。

▽Total Recallについて

Total Recall Corp.はコマンド・コントロール(指令)センター、無線接続、ビデオネットワーク設計・管理を含めて、監視ソリューションを専業とするビデオ中心のセキュリティーテクノロジー・プロバイダーである。Total Recallは1985年に創設され、ニューヨーク市当局、大規模および中小規模の企業、組織に25年以上にわたり監視ソリューションを提供してきた。Total Recallはコンセプトから完成まで、迅速、スケーラブルな設置と費用対効果のあるメンテナンスを提供するオープン・ネットワーク基準を持って、独自の現場装置CrimeEye(登録商標)を含むその種で最高の製品を統合するカスタムソリューションを構築、サポート、保守している。

さらに詳しい情報はhttp://www.totalrecallcorp.comを参照。

ソース:Total Recall Corp.

Statue of Liberty Upgrades to New State-of-the-Art Digital Video Surveillance System from Total Recall

PR55984

SUFFERN, New York, Mar. 4, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    - Total Recall Corp. assembled "Dream Team" of nine top technology

providers to create innovative IP video solution to improve safety, security

and operations for Lady Liberty's millions of annual visitors

    Total Recall Corporation (http://www.totalrecallcorp.com), a video-centric

security technology provider specializing in surveillance solutions, has

brought together nine state-of-the-art technology vendors to deliver an

award-winning IP-based, digital video surveillance solution used by the U.S.

Park Police, National Park Service (NPS) and the Department of Interior (DOI)

to enhance public safety and improve operational efficiencies at the recently

renovated Statue of Liberty National Monument and Liberty Island.

    To view the Multimedia News Release, please click:

http://www.multivu.com/mnr/65017-statue-of-liberty-upgrades-system-total-recall

    The high-profile project kicked off 2014 with a Government Security News

Homeland Security Extraordinary Achievement in Public Safety and Security award

(http://bit.ly/1aRWGj7) after having received the 2013 Bronze STE Security

Innovation Award from the Security Industry Association (SIA)

(http://bit.ly/LSqD6A).

    The Statue of Liberty reopened to the public on Independence Day, July 4,

2013, following eight months of renovation and repairs due to the devastation

caused by Hurricane Sandy. As part of the refurbishment, Total Recall reached

out to the U.S. Park Police, NPS and DOI with a state-of-the-art surveillance

system proposal that would be designed, installed and maintained as a donation

by the company.

    In preparation for the reopening, Total Recall redesigned the Statue's

surveillance and security system from top to bottom, including migrating from

outdated analog CCTV to the latest in IP-based digital video technology,

building an intelligent and ultra-modern command center to help the NPS and

U.S. Park Police do their jobs more effectively and enabling the park to cover

areas with video surveillance that they could not reach before, such as the

security screening facilities.

    "The National Park Service and Statue of Liberty National Monument greatly

appreciate the  comprehensive security system donated by Total Recall," Capt.

Gregory Norman, Commander of Liberty District, U.S. Park Police said.

    "We are extremely honored to once again be part of the surveillance system

design and installation at the Statue of Liberty," said Jordan Heilweil,

president, Total Recall Corporation. "We assembled a Dream Team of cutting-edge

security technology providers to give her the best protection possible while

helping the Park Police, Department of the Interior and National Park Service

deliver a memorable experience for the millions of families who visit the

Statue each year."  

    IP-based technology and the system's innovative design enables it to cover

the entire perimeter of Liberty Island, as well as the park's security

screening facilities and all 393 steps from the main lobby to Lady Liberty's

crown. The technology will be used for the day-to-day safety and security of

the park's visitors while also helping the U.S. Park Police and NPS monitor

traffic flow and expand people management to keep lines moving, assist ferry

service operation, reconnect parents with misplaced children and effectively

respond to any medical emergencies on the island or inside the Statue.

    "All of our partners are proud to be part of this mission," continued

Heilweil. The partners selected by Total Recall for the Statue of Liberty's new

surveillance system include:

    -Axis Communications (http://www.axis.com/) to provide a mix of nearly 160

IP cameras with HDTV quality, exceptional nighttime performance, powerful zoom,

reliability and discreet appearance;

    -BriefCam (http://www.briefcam.com/) for its unique Video Synopsis

software solution that enables law enforcement and security personnel to review

hours of surveillance video in minutes;

    -DragonWave (http://www.dragonwaveinc.com/) to supply multi-gigabit packet

microwave radios, delivering carrier-class transport for mission critical

public safety communications;

    - Milestone Systems (http://www.milestonesys.com/)  for its open platform

IP video management software that integrates all components, enabling first

responders to view live or recorded video, also using mobile devices;

    - Pivot3 (http://www.pivot3.com/) for reliable digital storage and compute

devices specifically designed for the IP video industry;

    -Proxim Wireless (http://www.proxim.com/) to deliver high capacity, wide

area wireless broadband utilizing WORP(R) technology in order to connect IP

cameras in areas the previous system could not reach;

    - RGB Spectrum (http://www.rgb.com/) for enabling multiple video feeds to

be displayed on the massive video wall in the new command center using its

MediaWall 2900 Display Processor;

    -Scallop Imaging (http://www.scallopimaging.com/) for perimeter security

via its all solid-state M6-200 IP cameras with six megapixel, extreme low-light

video and undistorted panoramic 200° FOV;

    -Winsted Corporation (http://www.winsted.com/) for ergonomically designed

command center consoles that allow operators to be as efficient and comfortable

as possible in a high-stress environment.

    The current surveillance deployment marks the first time an all-digital

surveillance system has been installed at the monument, which will allow the

NPS to cover areas of the island that were previously unreachable with the old

analog system, thanks to a mix of fiber and wireless connections. Total Recall

designed and supervised the last major security system overhaul for the Statue

of Liberty and Liberty Island in 1999, with the latest upgrade made in 2004.

    Conditions for installing the new system were not easy, Heilweil continued,

noting that the environment presented unique challenges even without the damage

done by Hurricane Sandy. "The lack of electricity, flooding and damage caused

by Sandy could not stop the amazing team from making sure that Lady Liberty

could welcome visitors - as she always has."

    According to the National Parks of New York Harbor Conservancy

(http://www.nyharborparks.org/visit/stli-faq.html), , approximately 4 million

people visit the Statue of Liberty National Monument and Ellis Island each

year. For more information see http://www.nps.gov/stli/index.htm.

    Total Recall will present the Statue of Liberty project at the upcoming

ASIS New York City Security Conference and Expo, March 13-14, 2014 at the Jacob

K. Javits Center in New York. Media enquiries welcome. Contact details follow.

    About Total Recall

    Total Recall Corp. is a video-centric security technology provider

specializing in surveillance solutions, including command and control centers,

wireless connectivity and video network design and management. Founded in 1985,

Total Recall has been providing municipal governments, businesses and

organizations - large and small - with surveillance solutions for over 25

years. From concept to completion, Total Recall builds, supports and maintains

custom solutions that integrate "best of breed" products, including its

exclusive CrimeEye(R) field units, with open networking standards to provide

fast, scalable installation and cost-effective maintenance. For more

information: http://www.totalrecallcorp.com

    SOURCE: Total Recall Corp.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中