◎日本企業による2013年の欧州特許庁申請数が記録達成

欧州特許庁(EPO)

2014/3/7 09:40

◎日本企業による2013年の欧州特許庁申請数が記録達成

AsiaNet 56042

共同JBN 0254 (2014.3.7)

【ブリュッセル(ベルギー)2014年3月6日PRN=共同JBN】

 *欧州特許庁(EPO)は2013年に記録的数の特許申請を受理した。

 *日本の特許申請は2012年から1.2%伸び、過去最高の伸び率となった。

 *日本は全申請数の20%を占めて2位の地位を固めた。

 *日本の特許申請はEPOに申請したトップ25社のうち8社を占めている。

 *EPOのブノワ・バティステリ長官は「欧州はイノベーションのプレミアハブである」と語った。

欧州特許庁(EPO)での特許申請は2013年に新記録を樹立し、日本からの申請は1.2%(2012年は前年比9.3%増)に達した。日本の企業は昨年、5万2437件の特許、すなわち欧州の全特許申請の19.7%を提出(2012年は5万17921件)して、日本はEPOに申請したすべての国の中で米国に次いで2位にランクされた。それは日本企業が1年間で提出した最高の特許申請数である。

過去10年、日本からの特許申請は年間平均5.5%伸びている。2004年以来、日本の特許申請数は60%以上増えている。

ブノー・バティステリ長官は「欧州における特許保護の需要は、4年連続上昇している。この伸びはまた世界の企業が欧州をますますイノベーションのプレミアハブと見なしていることの証拠である。特許に集中するテクノロジーは、欧州連合(EU)経済諸国と欧州のその他諸国の雇用と成長に対して、これら産業部門が中心的役割を果たすことをあらためてはっきり示すものである」と語った。

三菱は日本の最大の特許申請者となり、EPOのトップ25申請者ランキング中7位である。日本はトップ25のうち8社を占め、ほかのどの国よりランク付けされた企業が多い(三菱のほかパナソニック、トヨタ、日立、ソニー、富士通、NEC、キヤノン)。日本企業は2つのテクノロジー分野で突出し、その1つの電気機械は全特許申請中25%が日本から、もう1つの特に車両、列車、航空宇宙など運搬技術は日本のシェアが22%を占めている。

EPOは昨年、総計26万5000件の特許申請を受理したが、これは2012年より2.8%増でこれまでの新記録となった。日本と米国はあらためてEPOで大量の申請を行った。欧州諸国からの申請は全体として安定状態である。申請の伸びの主たるけん引国は中国(16%増)と韓国(14%増)で、米国(2.8%増)、日本(1.2%増)の伸びは緩いがかなり高いレベルにある。

日本の引き続く伸びと対照的に、その他諸国の申請は落ちている。スイス(2%減)、イタリア(2.7%減)、英国(3%減)、ドイツ(5.4%減)、ベルギー(7.4%減)の申請数が減ったのに対して、デンマーク(8%増)、アイルランド(9%増)、オランダ(17%増)は2012年からかなり増加した。

EPOはまた昨年、6万6700件の欧州特許を与えて、2012年の1.6%増と数にして最高の増加となった。日本企業に与えられた特許は総数1万2135件で、2012年より5.6%減となった。

韓国のサムスンは申請数でトップである。

EPOへの特許申請企業上位のリストは、再度サムスン(2833件の申請)がトップで、次いでシーメンス(1974件)、フィリップス(1839件)、LG(1648件)、BASF(1577件)、ボッシュ(1574件)、三菱(1327件)の順。

詳細はwww.epo.orgを参照。

▽報道関係者問い合わせ先

European Patent Office

Mr Oswald Schroder

Spokesperson

Tel: +49 (0)89 2399-1800

Mobile: +49 (0)163 8399668

oschroeder@epo.org

Mr Rainer Osterwalder

Deputy Spokesperson

Tel: +49 (0)89 2399-1820

Mobile: +49 (0)163 8399527

rosterwalder@epo.org

Shepard Fox Communications

Mrs Maria Diviney

Tel: +44 2033 184491

maria.diviney@shepard-fox.com

ソース:European Patent Office

Record number of Japanese patent filings at the European Patent Office in 2013

PR56042

BRUSSELS, March 6, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

-- European Patent Office (EPO) receives record numbers of patent filings

-- Japanese patent filings grew by 1.2% over 2012 to highest figure ever

-- Japan consolidates No. 2 position at the EPO with 20% share of total filings

-- 8 of top 25 filing companies at the EPO from Japan

-- EPO President Benoit Battistelli: "Europe is a premier hub of innovation."

Patent filings at the European Patent Office (EPO) hit a new record in 2013,

with applications coming from Japan growing by 1.2% (2012: +9.3%). Last year

Japanese companies deposited 52 437, or 19.7%, of all European patent filings

(2012: 51 791), which ranks Japan No. 2 among all countries at the EPO, behind

the US. It is the highest number of patents ever filed by Japanese companies

within one year.

In the past ten years, patent filings from Japan grew an average 5.5% per year.

Since 2004 the number of Japanese patent filings has risen by more than 60%.

"Demand for patent protection in Europe is up for the fourth consecutive year,"

said EPO President Benoit Battistelli. "This growth is also proof that

companies from around the world continue to see Europe more and more as a

premier hub of innovation. The strong position of patent-intense technologies

once more underlines the central role of these industry sectors for employment

and growth in the EU economy, and elsewhere".

Mitsubishi is the biggest Japanese filer and the No. 7 in the top 25 ranking of

patent applicants at the EPO. With 8 out of the top 25, Japan has more

companies in that ranking than any other country. (Besides Mitsubishi:

Panasonic, Toyota, Hitachi, Sony, Fujitsu, NEC, Canon). Japanese companies

stand out in two technology fields: Electrical machinery, where 25% of all

patents applications were coming from Japan, and Transport technology, in

particular vehicles, trains and aeronautics, with Japan's share being 22%.

In total the EPO received 265 000 patent filings last year, 2.8% more than in

2012 and a new all-time high. Japan and the US again had the bulk of filings at

the EPO. Filings from Europe remained stable overall. Main drivers of growth in

filings at the EPO were China (+16%) and South Korea (+14%), while filings from

the US (+2.8%) and Japan (+1.2%) grew slower, but from considerably higher

levels.

The continued growth in Japan contrasts with a drop in filings in other

countries: Switzerland (-2%), Italy (-2.7%), UK (-3%), Germany (-5.4%), Belgium

(-7.4%), filed fewer applications while Denmark (+8%), Ireland (+9%), and the

Netherlands (+17%) were showing significant increases over 2012.

The EPO also granted 66 700 European patents last year, an increase of 1.6%

over 2012 and the highest number ever. In total, 12 135 patents were granted to

Japanese companies, 5.6% less than in 2012.

Samsung in the lead among applicants

The list of top filing companies at the EPO was again headed by Samsung (2 833

applications), followed by Siemens (1 974), Philips (1 839), LG (1 648), BASF

(1 577), Bosch (1 574), and Mitsubishi (1 327).

www.epo.org

Press contacts:

European Patent Office

Mr Oswald Schroder

Spokesperson

Tel: +49 (0)89 2399-1800

Mobile: +49 (0)163 8399668

oschroeder@epo.org

Mr Rainer Osterwalder

Deputy Spokesperson

Tel: +49 (0)89 2399-1820

Mobile: +49 (0)163 8399527

rosterwalder@epo.org

Shepard Fox Communications

Mrs Maria Diviney

Tel: +44 2033 184491

maria.diviney@shepard-fox.com

SOURCE:  European Patent Office

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中