ジェットスターと大分県、Twitterを利用したフォトコンテストをスタート

ジェットスター

2014/3/25 13:00

2014年3月25日

ジェットスターグループ

大分県

ジェットスターと大分県、Twitterを利用したフォトコンテスト

「飛んでうれしい♪撮ってうれしい♪

おんせん県おおいた大好きキャンペーン」をスタート

~入賞者には高級温泉旅館宿泊券や航空券などすてきなプレゼントを用意~

 ジェットスターグループと大分県は東京(成田)=大分線の就航1周年を記念して、3月31日(月)から大分県のすてきな風景や美味しい食べものなどの写真をTwitterで投稿すると大分県内の高級温泉旅館宿泊券や航空券などが当たるフォトコンテストを共同で実施します。

 参加方法は、Twitterでハッシュタグ「#ジェットスターで大分」と本文に入れ写真を投稿するだけです。

 一般投票で選ばれたグランプリ受賞者には、別府温泉ホテル白菊(特別室菊万葉)のペア宿泊券(1泊2食付き)を贈呈します。また、ジェットスターに搭乗して写真を投稿すると、大分空港2階売店「旅人(たびと)」での割引特典が受けられます。さらに写真の投稿や、お気に入りの写真への投票だけで抽選で大分の特産品や別府、湯布院などの温泉旅館宿泊券が当たります。

 ジェットスターと大分県は、2013年1月の東京(成田)=大分線販売開始時に協定を結び、以後、新しい旅行の機会を創出することで、大分県の地域経済の発展や観光産業の振興に向けた協力体制を築いています。本フォトコンテストはその取り組みの一環であり、この他に、首都圏の旅行会社でのジェットスター便を利用した大分旅行商品のキャンペーンも予定しています。

フォトコンテストの詳細は下記の通りです。

■フォトコンテスト詳細

名称:

「飛んでうれしい♪撮ってうれしい♪おんせん県おおいた大好きキャンペーン」

キャンペーン期間:

写真投稿 2014年3月31日~6月29日 

お気に入りの写真への投票 2014年7月7日~7月27日

応募方法:

Twitterでハッシュタグ「#ジェットスターで大分」を本文に入れて、写真を投稿する。

選考方法:

全投稿写真の中から選ばれたノミネート作品への一般投票

賞品:

投票結果に応じて、以下の賞品をプレゼントします。

1. グランプリ賞:別府温泉ホテル白菊(特別室菊万葉)

         ペア宿泊券[1泊2食付き] (1組2名様)

2. ジェットスター賞:東京(成田)=大分線ペア往復航空券(1組2名様)

3. 大分の味力賞:おおいた豊後牛サーロインステーキ4枚セット(1名様)

当選者発表:

キャンペーン運営事務局より直接ご連絡 (8月上旬予定)

※一般投票での選考だけでなく投稿や投票に参加した方には抽選ですてきなプレゼントが当たるチャンスもあります。

本フォトコンテストには、諸条件が適用されます。応募の詳細に関しては、下記をご覧ください。

http://www.jetstar.com/jp/ja/go_oita

<ジェットスターグループについて>

 ジェットスターグループは、アジア太平洋地域において最大の路線網を誇り、最も急速に成長しているLCCで、オーストラリア、ニュージーランド(カンタスグループの子会社) のジェットスター航空、シンガポールのジェットスター・アジア航空、ベトナムのジェットスター・パシフィック航空、日本のジェットスター・ジャパン、そして香港のジェットスター香港(関係当局の承認を前提とする)から構成されています。ジェットスターグループ全体で、アジアの30都市及び中国の8都市を含むアジア太平洋地域の60都市以上に週4,000便以上を運航しています。2013年会計年度には、ジェットスターグループ全体で2,300万人超のお客様にご利用頂きました。

<ジェットスター・ジャパン株式会社について>

 ジェットスター・ジャパンは2012年7月より東京、大阪、札幌、福岡、沖縄に就航したLCCであり、2013年からは名古屋(3月)、大分(3月)、鹿児島(5月)、松山(6月)、高松(12月)にも就航しています。現在、エアバス社A320型新造機18機(180席/機)で14路線、1日最大72便運航しており、今後24機まで増強する予定です。ジェットスター・ジャパンには、豪カンタスグループ、日本航空株式会社、三菱商事株式会社、東京センチュリーリース株式会社が出資しています。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中