ユーカリが丘地域共通ICポイントカード「ユーカリカード」を2014年4月20日(日)にスタートします

山万

2014/4/14 18:00

千葉県佐倉市の大規模ニュータウン「ユーカリが丘」を開発する山万は、ユーカリが丘エリアにおいて、地域共通ポイントカードサービス「ユーカリカード」を2014年4月20日(日)にスタートします。将来的に、地方公共交通機関定期券機能や会員向け専用サービス等による「街の会員証」へ拡大を目指します。

2014.4.14

山万株式会社

ユーカリが丘地域共通ICポイントカード「ユーカリカード」を2014年4月20日(日)にスタートします

~地方公共交通機関定期券機能や会員向け専用サービス等による「街の会員証」へ拡大目指す~

千葉県佐倉市の大規模ニュータウン「ユーカリが丘」を開発する「街づくり企業」山万株式会社(本社:東京・中央区、代表取締役:嶋田 哲夫 以下「山万」)は、ユーカリが丘エリアにおいて、地域共通ICポイントカードサービス「ユーカリカード」を2014年4月20日(日)にスタートします。

【ユーカリカードとは】

「ユーカリカード」は、ユーカリが丘地域で各店舗・施設が個別に運用しているポイントサービスを統合し、1枚のICカード(注1)でポイントの付与・利用を可能とするサービスです。これにより、ユーカリが丘地域における住民の地域での買物・飲食・サービスご利用等の生活利便性を向上させるとともに、地域住民の地元商店での消費を「ユーカリカード」をきっかけに後押しし、地域小売店の活性化を目指します。(注2)

「ユーカリカード」は、2014年4月20日(日)にユーカリが丘エリア内の山万グループ14店舗・施設のポイントサービスを統合してサービスを開始します。2015年以降、ユーカリが丘周辺の約250の店舗・施設へ段階的に加盟店を拡大します。

ICカードサービスと「街づくり企業」としての山万の運営ノウハウをあわせ、周辺地域の商店街等における民間レベルでの地域活性化支援の取り組みを進めてまいります。

(注1)

ICカードには、フェリカポケットマーケティング株式会社(本社:東京・品川区 代表取締役:納村 哲二)の提供する「FeliCaポケットLite」を利用します。

(注2)

サービス開始時時点での、ポイント付与サービス・ポイント利用サービスの詳細は、別紙「YukariCardご利用可能サービス一覧」をご覧ください。

【買い物のみにとどまらない生活に密着した広範なサービス範囲と将来構想】

「ユーカリカード」サービスは、将来的に、ユーカリが丘での暮らしに密着した「買い物」「住まい」「コミュニティ」「生活」などの各ジャンルにおけるサービスを一元的に提供する予定です。

ユーカリが丘の開発を進めるデベロッパーとして、「ユーカリカード」を地域のポイントカードのみならず「ユーカリが丘地域のプレミアム会員証」として発展させる予定です。

【各ジャンルにおけるサービス構想】

「買い物」ジャンル ●地域電子マネー機能 ●会員向け買い物支援・宅配サービス 等

「住まい」ジャンル ●山万の販売する不動産物件の電子保証書・修繕履歴提供サービス 等

「コミュニティ」ジャンル ●公共施設サービスカード機能 ●地域ボランティア活動支援 等

「生活」ジャンル ●地域公共交通機関の定期券機能 ●高齢者見守り ●登下校通知 等

【参考:「ユーカリが丘」概要】

1971年に開発が開始された、千葉県佐倉市に立地する総開発面積245ha(計画総人口約30,000人)のニュータウンで、山万株式会社が開発を手掛けています。「自然と都市機能が調和した新環境都市」を目指し、京成本線ユーカリが丘駅周辺の住宅・商業一体の超高層立体開発と、新交通システム「山万ユーカリが丘線」の各駅徒歩10分圏内に展開される一戸建平面開発を行っています。(2014年2月末 人口:17,473人、世帯数:6,852世帯)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

ユーカリカード券面

将来のサービス構想

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中