◎ドイツのBonn-Rhein-Sieg大学に社会安全システムと分析に関する修士課程を導入

Bonn-Rhein-Sieg University

2014/4/24 14:15

◎ドイツのBonn-Rhein-Sieg大学に社会安全システムと分析に関する修士課程を導入

AsiaNet 56574

共同JBN 0453 (2014.4.24)

【ザンクトアウグスティン(ドイツ)2014年4月23日PRN=共同JBN】Bonn-Rhein-Sieg大学応用科学研究所は今年、国際関係専門の修士課程を拡大、他に例をみない「社会安全システムの分析と設計」(MA)コースを導入する。

Bonn-Rhein-Sieg大学に設けられる新しい国際研究プログラムの研究部門の責任者となるエスター・シューリング教授(博士)は「研究の目標は、さまざまな状況におかれている世界各国から集まってくる学生たちが、自分たち自身で社会安全システムを分析、設計する能力を身につけるようになることにある。学生たちは世界中の社会安全システムとその底流にあるメカニズムに関する、深く掘り下げた概観を学習する。われわれは、この部門において将来、指導的ポジションに就く人材を養成することになる」と語った。

3学期(1年半)におよぶ学習プログラムはドイツでも、他の欧州連合(EU)諸国でも例をみない。それは対面授業と遠隔地通信学習の長所を組み合わせている。著名な国際機関の専門家の協力も受けることになっている。例えば世界銀行、世界保健機関(WHO)、AOK Consult、高齢者支援のHelpAgeなどである。蓄積されたノウハウ(専門知識)は将来の学生にとって利益になるばかりではない。シューリング教授は「われわれは専門家が個々のモジュールにアクセスできるように計画している。このことは特に拡張的な研究プログラムを追究しなくても専門能力を身につけたいと考えている人々にとって重要である」と述べた。

Bonn-Rhein-Sieg大学学長のハルトムート・イーネ教授(博士)は「社会安全問題は、われわれが取り組まなくてはならない多くのグローバルな課題のうちの1つだ。それゆえに、学生に研究課程を提供するという決断は戦略的なものであり、政府省庁や社会保険プロバイダー、NGO、国際機関で働く人々に必要な教育でもある」と述べた。

修士課程はこの冬学期にスタートし、授業料は1学期3500ユーロである。より詳しい情報ないしは入学申し込みはウェブサイトhttp://www.ma-socialprotection.deを参照。

インタビューの申し込みは以下まで。

Prof. Dr Schuring

Esther.Schuering@h-brs.de

または+49-2241-865-161

ソース:Bonn-Rhein-Sieg University

Unique Master's Programme in Social Protection Starts this Year

PR56574

SANKT AUGUSTIN, Germany, Apr. 23 /PRN=KYODO JBN / --

The Bonn-Rhein-Sieg University of Applied Sciences expands its portfolio for

international professionals by introducing the new study programme "Analysis

and Design of Social Protection Systems" (MA)

"The goal is to enable students from various countries to analyse social

protection systems and design them in light of the national needs and

capacities," claimed Professor Dr Esther Schuring, academic head of this new,

international study programme at Bonn-Rhein-Sieg University. "Our students will

be given an in-depth overview of social protection systems across the world and

their underlying mechanisms, and we will provide the best preparation for

leadership positions in this sector."

The three-semester study programme is unique in Germany as well as in the

European Union. It combines the advantages of face-to-face and

distance-learning phases and is offered in collaboration with renowned experts,

for instance from the World Bank, the World Health Organisation, AOK Consult or

HelpAge. The accumulated know-how (better: expertise) will not only benefit

future students: "We are planning to make individual modules accessible to

professionals," Schuring said. "This is particularly important for persons who

would like to specialise without having to pursue an extensive study programme."

"Social security is one of the many global challenges that have to be faced",

added Professor Dr Hartmut Ihne, President of Bonn-Rhein-Sieg University. It

has therefore been a strategic decision to offer a study programme which

enables employees of ministries, social insurance providers, NGOs or

international organisations to further their education.

The Master's programme is scheduled to start this winter semester and will cost

Euro 3,.500 per semester. For more information or to apply, please visit:

http://www.ma-socialprotection.de

For interview requests please contact Prof. Dr Schuring:

Esther.Schuering@h-brs.de or +49-2241-865-161.

SOURCE: Bonn-Rhein-Sieg University

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中