◎Open Automotive '14のプログラムを発表 GENIVIアライアンス

GENIVI Alliance

2014/4/30 14:30

◎Open Automotive '14のプログラムを発表 GENIVIアライアンス

AsiaNet 56613

共同JBN 0473 (2014.4.30)

【サンラモン(米カリフォルニア州)2014年4月29日PRN=共同JBN】

*Open Automotive '14シリーズは自動車コネクティビティーといわゆる「インターネット・オブ・シングス」の関係に重点を置く。

オープンソースの車載インフォテインメント(IVI、In-vehicle Infotainment)のレファレンス・プラットフォーム開発と導入を推進する自動車および家電業界団体であるGENIVIアライアンスは29日、1日限りの会議シリーズであるOpen Automotive '14を開催し、自動車産業トップのサプライヤー、自動車コンソーシアム、有力業界アナリストらが参加して自動車コネクティビティーと、いわゆる「インターネット・オブ・シングス(IoT)」との関係を議論する。

ことし初の会議では、「IoTにおける自動車」が自動車メーカー、サービス・プロバイダー、監督機関、消費者のスマートデバイス統合、インフォテインメント・サービス、組み込みソリューション、ビッグデータ、インターオペラビリティー、モニタリング、セキュリティーにどのように劇的な影響を与えるかを中心に議論される。

Open Automotive '14は、隔年で開催されるGENIVIメンバー総会と並行して5月21日スウェーデンのイエーテボリにあるゴーシアタワーズで開催される。このインタラクティブな会議はボルボ・カーのElectrics/Electronics & E-Propulsion担当副社長であるトマス・ミュラー博士の基調演説で開幕し、20人以上の業界トップの講演者やゲストパネリストがそれに続く。

GENIVIアライアンスのマーケティングディレクターでインテルのAutomotive Strategistであるジョエル・ホフマン氏は「2021年には2億7900万台のコネクテッドカーが路上を走行し、2020年には『インターネット・オブ・シングス』向けの技術とサービスは8兆ドルを超える世界売り上げがあると予測されており、『IoTにおける自動車』は自動車業界から注目が急速に集まっている。Open Automotive '14には主要な業界関係者およびイノベーターが集まり、有効なコラボレーションを行い、標準規格を設定して、IoTにおける自動車の将来の全体像を明らかにする方策を話し合う」と語った。

トピックには「loT Open Standard - Open Source Technology for the Connected Car(IoTオープンスタンダード-コネクテッドカー向けのオープンソース技術)」「How Does Automotive Plug into IoT?(自動車はどのようにしてIoTにプラグインするか)」「Cars are Connected. Where are the Applications?(車はコネクトされる。アプリケーションはどうなるのか)」「The Connected Car - Big Opportunity or Big Headache?(コネクテッドカー -大きなチャンスか大きな頭痛の種か)」「OPEN and Security - Do Opposites Attract?(オープンとセキュリティー-相対立するものは歩み寄るのか)」「The Supply Chain - Collaborate or Die!(サプライチェーン-コラボレーションか死か)」などが含まれる。

イベント参加登録費は199ドル。これには割引宿泊料金、5月20日夕に開催される交流レセプションの費用が含まれるほか、終日の会議とGENIVIメンバーによる40以上のデモンストレーションが盛り込まれた展示/説明/交流のイベントにも参加できる。

ことし中には、ラスベガス、東京、デトロイトでOpen Automotiveが開催され、Automotive World主催のウェビナーも開催される。

詳細と登録についてはウェブサイトhttp://openautomotive.genivi.org/を参照。

▽GENIVIアライアンス(GENIVI Alliance)について

GENIVIアライアンスは、オープンソース開発の車載インフォテインメント(IVI、In-vehicle Infotainment)オープンソース開発プラットフォーム導入の普及を推進する非営利団体。GENIVIは、要件を整理統合し、レファレンス実装を進め、認証プログラムを提供し、活気あるオープンソースのIVIコミュニティーを育成することによってAllianceの目的を遂行している。GENIVIの取り組みにより、開発サイクルの短縮、製品の市場投入の迅速化、IVI機器やソフトウエアの開発における企業のコスト削減につながる。会員数は170社以上。GENIVIは米カリフォルニア州サンラモンに本部を構えている。詳細はウェブサイトwww.genivi.orgを参照。

▽報道関係問い合わせ先

Craig Miner

248.840.8368

Cminer1@att.net

ソース:GENIVI Alliance

GENIVI Announces Open Automotive '14 Conference Program

PR56613

SAN RAMON, Calif., Apr. 29, 2014 /PRN=KYODO JBN / --

    - Series to focus on the relationship between automotive connectivity and

the so-called "Internet of Things"

    The GENIVI Alliance, an automotive and consumer electronics industry

association driving the development and adoption of an open In-vehicle

Infotainment (IVI) reference platform, today announced it will be hosting Open

Automotive '14, a series of one-day conferences that will explore - with

automakers industry-leading suppliers, automotive consortia and leading

industry analysts - the relationship between automotive connectivity and the

so-called "Internet of Things (IoT)."

    The year's first conference will center on how "automotive within IoT" will

have a dramatic impact on smart device integration, infotainment services,

embedded solutions, big data, interoperability, monitoring and security for

automakers, service providers, regulators and consumers.

   Held in conjunction with GENIVI's bi-annual All-Member meeting, Open

Automotive '14 will take place on Wednesday, May 21, at the Gothia Towers in

Gothenburg, Sweden. The interactive conference begins with an opening keynote

speech by Dr. Thomas Mueller, vice president, Electrics/Electronics &

E-Propulsion, Volvo Car Corporation, followed by more than 20 additional

industry-leading speakers and guest panelists.

    "With more than 279 million connected vehicles projected to be on the roads

by 2021, and with technology and services for the 'The Internet of Things'

forecasted to generate global revenues in excess of $8 trillion by 2020,

'automotive within IoT' is rapidly gaining a lot of attention within the

automotive industry," said Joel Hoffmann, director of Marketing, GENIVI

Alliance and Automotive Strategist, Intel. "Open Automotive '14 brings together

key industry stakeholders and innovators to discuss ways to best collaborate,

set standards and really define the future of automotive within IoT."

    Topics will include: "loT Open Standard - Open Source Technology for the

Connected Car", "How Does Automotive Plug into IoT?", "Cars are Connected.

Where are the Applications?", "The Connected Car - Big Opportunity or Big

Headache?", "OPEN and Security - Do Opposites Attract?" and "The Supply Chain -

Collaborate or Die!"

    Registration for the event is $199 and includes discounted hotel rates, a

networking reception on the evening of May 20, followed by the day-long

conference and ending with access to GENIVI's member showcase/expo/networking

event featuring over 40 demonstrations from GENIVI members.

    Later in the year, Open Automotive will appear in Las Vegas, Tokyo and

Detroit as well as live webinars hosted by Automotive World.

    For further information and to register, visit   

    http://openautomotive.genivi.org/.

    About GENIVI Alliance

    The GENIVI Alliance is a non-profit industry association whose mission is

to drive the broad adoption of an In-Vehicle Infotainment (IVI) open source

development platform. GENIVI will accomplish this by aligning requirements,

delivering reference implementations, offering certification programs and

fostering a vibrant open source IVI community. GENIVI's work will result in

shortened development cycles, quicker time-to-market, and reduced costs for

companies developing IVI equipment and software. Comprised of more than 170

member companies, GENIVI is headquartered in San Ramon, Calif. Please visit

www.genivi.org for more information.

    Media Contact- GENIVI Alliance:

    Craig Miner

    248.840.8368

    Cminer1@att.net

    SOURCE: GENIVI Alliance

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中