◎MED-EL設立者が2014年欧州発明家賞にノミネート

MED-EL

2014/4/30 14:35

AsiaNet 56629

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

MED-EL設立者が2014年欧州発明家賞にノミネート

欧州特許庁が、近年の主要な技術的発明を表彰

- Cross reference: Picture is available at epa european pressphoto agency (http://www.epa.eu) and http://www.presseportal.de/pm/62623 -

インスブルック、2014年4月29日 - 欧州特許庁(EPA)は今日、今年の欧州発明家賞へのノミネートを公式に発表しました。功労賞部門の3件のノミネートの中には、MED-EL社の設立者Dr. インゲボルク・ホッホマイアーとDr. エルヴィン・ホッホマイアー教授の夫妻の名も挙がっています。この二人の科学者は、70年代にマイクロエレクトロニクス技術を使用した初のマルチチャンネル人工内耳開発への足がかりをつけ、それにより今日までに10万人が聴力を獲得しています。欧州発明家賞は毎年、世界中の科学者の中から、技術進歩と経済成長に大きく貢献した人物を表彰しています。功労賞の部門では、例えば、物理学者のマルティン・シュタットがLCDテクノロジーの開発への貢献で、あるいはウィルス学者のエリック・デ・クレルクが抗ウィルス療法への貢献で表彰されてきました。この栄誉ある賞の授与は、6月17日にベルリンで行われます。

発明家の精神で社会に貢献

欧州発明家賞は、2006年に欧州特許庁の手で創設されました。授与の最大のねらいは、世界中の発明家の創造的営為が正当に評価されるということです。それは革新的な開発によって技術の進歩に大きく貢献し、それにより多くの人間の日常生活の改善につながります。

「マイクロエレクトロニクス技術を使用した初のマルチチャンネル人工内耳は、聴力を失った多くの人の生活を根本的に変えました。現在、このハイテク装置のお陰で、中程度からかなり重度の聴力喪失者が、電気的な聴覚刺激を利用して聴力を回復し、通常の生活を営むチャンスを獲得しています」と、欧州特許庁はDr. インゲボルク・ホッホマイアーとDr. エルヴィン・ホッホマイアー教授の夫妻のノミネートの理由を説明しています。この二人の科学者の他に、医学と電子工学の研究者も功労賞の部門にノミネートされています。

当初より分野の枠を越えた研究

現代の人工内耳の開発の礎石は、1970年代、インゲボルク・ホッホマイアーとエルヴィンのホッホマイアーによってウィーン工科総合大学で設置されました。ウィーンにおいて、彼らが発明した世界初の、マイクロエレクトロニクス技術を使用したマルチチャンネル人工内耳がはじめて使用に成功したのは1977年のことです。「私たちは、欧州発明家賞へのノミネートをたいへん喜んでいます。このノミネートは、聴力喪失というテーマの重要性を今一度クローズアップし、人工内耳の可能性に公衆の注目を集めてくれます」とDr. インゲボルク・ホッホマイアーとDr. エルヴィン・ホッホマイアー教授は喜びを表明しています。

欧州発明家賞についての詳しい情報はこちらでご覧ください:  www.epo.org/european-inventor

メドエル社について

メドエル社は聴覚インプラントシステムの世界的に有名な企業です。1977年に世界初のマルチチャネル小型電子部品人工内耳を開発して業界の先駆者となったオーストリアの科学者、インゲボルグ・ホフマイヤー氏とアーウィン・ホフマイヤー氏によって創設されました。1990年に初めて従業員を雇用して後の発展の基礎を築き、現在では世界中で1,500人超の従業員を擁する非公開企業へと成長しています。

人工内耳は人間の聴覚を初めて代用したデバイスです。現在メドエル社は、渦巻管・中耳・骨伝導インプラントシステムや残存聴力活用型人工内耳システムなど、様々なレベルの聴力損失をサポートするための幅広いインプラント・ソリューションを世界中で提供しています。

メドエル社は、コミュニケーションを妨げクオリティー・オブ・ライフの低下につながる聴力損失の克服を使命としています。メドエル社の聴覚インプラントシステムは世界100ヵ国に及ぶ様々な国の人々に使用されています。www.medel.com

報道関係者お問い合わせ先

Thomas Herrmann

MED-EL Medical Electronics

Fu;rstenweg 77a

A - 6020 Innsbruck

T: +43 (0) 577 885-182

E: thomas.herrmann@medel.com

www.medel.com

MED-EL Founders Nominated for European Inventor Award 2014

PR56629

INNSBRUCK, Austria, Apr. 30 /PRN=KYODO JBN/ --

    

    European Patent Office honors most important innovations of recent years

    - Cross reference: Picture is available at epa european pressphoto agency

(http://www.epa.eu) and http://www.presseportal.de/pm/62623 -

    Today, the European Patent Office (EPO) officially announced the nominees

for this year's European Inventor Award. Among the three nominees of the

category lifetime achievement are Dr. Ingeborg and Prof. Dr. Erwin Hochmair,

both founders of the MED-EL company. In the 1970s the scientists laid the

foundation for the development of the first micro-electronic multi-channel

cochlear implant and have since then opened the world of hearing to over

100,000 people suffering hearing loss. The European Inventor Award annually

honors scientists worldwide who substantially contribute to the technological

progress and economic growth. Among the winners in the category lifetime

achievement are scientists like the physician Martin Schadt for the invention

of the LCD technology or Virologist Erik De Clercq for his contribution to

antiviral therapy. The official presentation of the award winner will take

place on 17th June in Berlin, Germany.

    It's about the spirit of invention

    The European Inventor Award was initiated by the EPO in 2006. The key

premise for the jury is the inventors' creativity, which brings forward

technological progress and helps improve the daily lives of many people in the

world. "The development and launch of the first micro-electronic multi-channel

cochlear implant changed the lives of many hearing impaired people. Thanks to

this high-tech device and the technology of electrical stimulation people with

severe-to-profound hearing loss are given the chance to hear again and lead a

normal life", justifies the EPO the nomination of Dr. Ingeborg and Prof. Dr.

Erwin Hochmair. Along with them, scientists from the areas of medicine and

electrical engineering are also nominated for the category lifetime achievement.

    Interdisciplinary research from the beginning

    The foundation for the development of the modern cochlear implant was laid

in the 1970s by Ingeborg and Erwin Hochmair at the Vienna University of

Technology. In 1977 the first micro-electronic multi-channel cochlear implant,

developed by the two scientists, was successfully inserted in Vienna for the

first time. "We are very pleased about the nomination. To be nominated once

more puts public emphasis on the topic of hearing loss and the chances given

through cochlear implantation," say Dr. Ingeborg and Prof. Dr. Erwin Hochmair.

    For more information, visit http://www.epo.org/european-inventor.

    About MED-EL

    Austria-based MED-EL Medical Electronics is a leading provider of hearing

implant systems with 29 subsidiaries worldwide. The family-owned business is

one of the pioneers in the industry. The two Austrian scientists Ingeborg and

Erwin Hochmair developed the world's first microelectronic-multichannel

Cochlear-Implant in 1977. The cochlear implant was and remains the first

replacement of a human sense, the sense of hearing. In 1990 they laid the

foundation for the successful growth of the company when they hired their first

employees. To date, the company has grown to more than 1500 employees around

the world.

    Today MED-EL offers the widest range of implantable solutions worldwide to

treat various degrees of hearing loss: cochlear and middle ear implant systems,

EAS (combined Electric Acoustic Stimulation) hearing implant system and

auditory brainstem implants as well as the world's first active bone conduction

implant. People in over 100 countries enjoy the gift of hearing with the help

of a product from MED-EL. http://www.medel.com

    

    Press contact

    Thomas Herrmann

    MED-EL Medical Electronics

    Fuerstenweg 77a

    A - 6020 Innsbruck

    T: +43(0)577-885-182

    E: thomas.herrmann@medel.com

    http://www.medel.com

    SOURCE: MED-EL

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中