◎乾癬に関する世界保健総会決議、活動主体にとってのマイルストーンに - 研究に取り組む製薬業界は、意識向上、研究、情報公開へさらにフォーカスするよう要望

International Federation of Pharmaceutical Manufacturers and Associations

2014/5/12 11:01

AsiaNet 56699

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

乾癬に関する世界保健総会決議、活動主体にとってのマイルストーンに - 研究に取り組む製薬業界は、意識向上、研究、情報公開へさらにフォーカスするよう要望を追加

ジュネーブ、2014年 5月9日/PRニュースワイヤー/ --

・ 乾癬は世界で1億2500万人が罹患している慢性疾患であり、特効薬が存在せず、痛み、皮膚の発疹、重症化に陥る;

・ 患者の多くは治療のために取り得る手段があるにも関わらず、放置されたまま、回避しうるはずの苦痛や関連疾病への高い罹患率に苦しんでおり、個人、社会、医療システムへの多大な経済的負担となっている。

・ 世界保健総会では、世界中から保健省の担当大臣が集結し、世界的に、そして地域および国として取り組む議題に乾癬を取り上げるよう促すことができる。

本日、International Federation of Pharmaceutical Manufacturers and Associations (http://www.ifpma.org/、IFPMA:製薬団体国際連盟)は、乾癬にスポットライトを当てるべくアクションを求める呼びかけを開始しました。研究に取り組む製薬業界は、第67回世界保健総会での乾癬に関する歴史的な決議の採択に向け、今後の閣僚級会談を歓迎すべく、活動主体として参加します。「今回の決議は回避しうるはずの苦痛、そして個人にとってのみならず、生産性の喪失、医療サービスや薬のコストという意味での社会にとっての経済的負担を食い止める必要性を認識する上で、重要なマイルストーンとなっています。」と、IFPMAディレクター、Mario Ottiglio 氏は述べています。

乾癬は慢性の痛み、皮膚の発疹、重症化に陥る非伝染性の疾患であり、特効薬が存在せず、世界で1億2500万人が罹患しています。罹患がもたらす羞恥、困惑から、患者の89%が多大な心理的負担に苦しみ、62%が抑うつ症状を経験しています。罹患により、心臓発作や脳卒中のリスクが高まるため、乾癬を持つ子どもはとりわけ心理的な重荷により大きな打撃を受けます。増加する病気休暇(平均26日間/年)は、個人、社会や医療システムに乾癬がもたらす経済的負担のほんの一部に過ぎません。

治療のために取り得る多くの手段が存在する中、ヘルスケアシステム内でその実効性が十分発揮されるに至っておらず、多くの患者は放置されたままです。本日発表された報告書で、IFPMAは第一に、対策として現在有効な治療法、医療サービスへのグローバルな情報公開を進めるべく、要望を提起します。第二に、研究に取り組む業界として、革新を促して新しい治療法の開発を後押しするだけでなく、分子科学から心理学や経済学に至るまでを総動員した研究活動を推進する必要性を認識しています。第三に、乾癬の公衆衛生に与える影響について認識を広める必要性を理解し、患者と治療機関、専門家をつなぐ組織をサポートします。

情報元: International Federation of Pharmaceutical Manufacturers and Associations(製薬団体国際連盟)

The World Health Assembly Resolution on Psoriasis Represents a Milestone for Campaigners. Research-based Pharmaceutical Industry Adds its Voice by Cal

PR56699

The World Health Assembly Resolution on Psoriasis Represents a Milestone for Campaigners. Research-based Pharmaceutical Industry Adds its Voice by Calling for Greater Focus on Awareness, Research and Access

GENEVA, May 9 /PRN=KYODO JBN/ --

    - Psoriasis is a chronic, painful, disfiguring and disabling disease

affecting 125 million people worldwide for which there is no cure;

    - Many go undertreated despite treatments options causing avoidable

suffering  and high rates of psoriasis associated illnesses; and substantial

economic costs to individuals, society and healthcare systems.

    - At the World Health Assembly, health ministers from around the world can

contribute to raise the psoriasis on global, regional and national agendas.

    Today the International Federation of Pharmaceutical Manufacturers and

Associations [http://www.ifpma.org ] (IFPMA) launched a call to action to bring

Psoriasis out into the light. The research-based pharmaceutical industry joins

campaigners in welcoming the upcoming ministerial talks for the approval of a

historic resolution on psoriasis at the 67th World Health Assembly. "This

represents an important milestone in recognizing the need to stop the avoidable

suffering and the substantial cost not just to individuals but also to society

in terms of lost productivity, cost of healthcare services and medications" -

says Mario Ottiglio, Director at IFPMA.

    Psoriasis is a chronic, painful, disfiguring and disabling non-communicable

disease for which there is no cure. It affects more than 125 million

individuals across the globe. It puts an enormous psychosocial burden on those

affected with 89% of people suffering from shame and embarrassment, 62%

experiencing depressive symptoms. Children with psoriasis are hit particularly

hard by the psychosocial impact of the illness, while later in life, psoriasis

increases the risk of heart attacks and strokes. Increased sick leave (average

26 days/year), is just one aspect of the associated economic costs of psoriasis

upon individuals, societies and healthcare systems.

    A number of treatments are available, but their full potential remains

unrealized within healthcare systems and many people with psoriasis go

untreated. In a report released today, IFPMA firstly calls for measures to

increase global access to current effective therapies and healthcare services.

Secondly, the research-based industry recognizes the need to increase research

efforts from molecular science to psychology and economics as well as fostering

innovation to boost the development of new therapies. Thirdly, IFPMA supports

the need for greater awareness of the public health impact of psoriasis and

support for organizations that can help connect people with psoriasis with

organizations and professions that can help them.

Source: International Federation of Pharmaceutical Manufacturers and

Associations

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中