◎上半期は増収増益で好スタート ツァイスが決算発表

カールツァイス

2014/5/15 10:05

◎上半期は増収増益で好スタート ツァイスが決算発表

AsiaNet 56747

共同JBN 0526 (2014.5.15)

【シュツットガルト2014年5月14日 PRN=共同JBN】

*今会計年度は好調なスタート、見通しは慎重

ツァイスは2013/14年度上半期に売上高を20億7400万ユーロに伸ばし(2012/13年度上半期は19億7800万ユーロ)、金利税引き前利益(EBIT)は前年同期比5700万ユーロ増の1億6600万ユーロを計上した(2012/13年度上半期は1億900万ユーロ)。

カールツァイス(Carl Zeiss AG)の社長兼最高経営責任者(CEO)、ミヒャエル・カシュケ博士は「半導体市場の強い需要に恵まれ、医療技術と産業用計測の両事業でも業績を拡大できた」と語った。しかし不利な為替レート要因と新興市場の景気減速が上半期決算に影響した。この理由からカシュケ博士は全面的には業績に満足していない。「わが社が直面する困難な状況下で再びペースを上げ、市場で成長するためには、下半期は少し視野を高くし、努力を重ねる必要がある」と強調した。

従業員総数は2万4791人で安定している。研究開発費は2億1100万ユーロと高水準を維持した。土地や工場、設備への投資は総額6700万ユーロだった。

詳しい情報はhttp://www.zeiss.de/pressconferenceを参照。

ツァイスは光学と電子光学の分野の国際的リーダー。1846年にドイツのイエナで設立され、現在はオーバーコッへンに本社がある。ツァイスは160年以上にわたって技術開発に貢献してきた。半導体や自動車、機械エンジニアリング産業、生物医学研究、医療技術の各分野のソリューションのほか、眼鏡レンズ、カメラ・映写レンズ、双眼鏡、プラネタリウムも開発、製造している。同社は40カ国以上に40カ所以上の生産拠点と、約50カ所の販売・サービス拠点を展開し、20カ所を超える研究開発センターを持つ。カールツァイス(Carl Zeiss AG)はカールツァイス財団(Carl Zeiss Stiftung)が100%所有している。

▽報道機関問い合わせ先

ZEISS Group

Jorg Nitschke, Group Press Spokesman,

Phone +49-7364-20-3242

Email: joerg.nitschke@zeiss.com

ソース:Carl Zeiss AG

ZEISS Presents Half-year Financial Figures

PR56747

STUTTGART, May 14 /PRN=KYODO JBN/ --

Good start to the fiscal year - cautious outlook

ZEISS has concluded the first six months of the 2013/14 fiscal year with an

increase in revenue to EUR 2.074 billion (first half of 2012/13: EUR 1.978

billion). Earnings (EBIT) grew by EUR 57 million to EUR 166 million (first half

of 2012/13: EUR 109 million). "We have benefited from the strong demand in the

semiconductor market and also achieved further gains in the Medical Technology

and Industrial Metrology business groups," said Dr. Michael Kaschke, President

and CEO of Carl Zeiss AG. However, negative exchange rate effects and a

slowdown in momentum in the emerging economies both left their mark on the

half-year financial figures of ZEISS. Also for this reason, Kaschke was not

totally satisfied with the development: "We set our sights slightly higher and

need to intensify our efforts in the second half of the year in order to step

up the pace again and grow in some markets under the difficult conditions

facing us."

Headcount has remained stable at 24,791. With a total of EUR 211 million, the

company maintained its expenditure on research and development at a high level.

Investments in property, plant and equipment totaled EUR 67 million.

More information at http://www.zeiss.de/pressconference.

ZEISS is an international leader in the fields of optics and optoelectronics.

Founded in 1846 in Jena, the company is headquartered in Oberkochen, Germany.

ZEISS has been contributing to technological progress for more than 160 years.

The ZEISS Group develops and produces solutions for the semiconductor,

automotive and mechanical engineering industries, biomedical research and

medical technology, as well as eyeglass lenses, camera and cine lenses,

binoculars and planetariums. ZEISS is present in over 40 countries around the

globe with more than 40 production facilities, around 50 sales and service

locations and over 20 research and development sites. Carl Zeiss AG is fully

owned by the Carl Zeiss Stiftung (Carl Zeiss Foundation).

Press contact

ZEISS Group

Jorg Nitschke, Group Press Spokesman,

Phone +49-7364-20-3242, Email: joerg.nitschke@zeiss.com

SOURCE: Carl Zeiss AG

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中