◎兵庫アライアンスが園芸家2名を世界庭園トライアド・フェローに選抜

ロングウッドガーデン

2014/5/16 10:32

◎兵庫アライアンスが園芸家2名を世界庭園トライアド・フェローに選抜

AsiaNet 56719

共同JBN 0521 (2014.5.16)

【ケネット・スクエア(米ペンシルバニア州)2014年5月16日PRN=共同JBN】兵庫アライアンス(Alliance of Hyogo、http://www.kisekinohoshi.jp)は「The Great Gardens of The World TRIAD Fellowship(世界有名庭園トライアド奨学金)」が今年から発足したと発表した。この他に例を見ない奨学金は米ペンシルバニア州ケネット・スクエアのロングウッドガーデン(http://longwoodgardens.org/)および英グロスターシャー州のヒドコート・マナー・ガーデン(http://www.nationaltrust.org.uk/hidcote/)との提携で行われる。園芸は科学で芸術でもあり、世界中さまざまな方法で表現されている。「TRIAD Fellowship (トライアド奨学金)」は若い園芸家に異なる3つの国の文化および園芸を経験させ、将来プロフェッショナルな園芸家としてのキャリアを築く上で基礎になる知識や国際経験を積ませるという目的を持っている。

写真-http://photos.prnewswire.com/prnh/20140509/86246

それぞれの国の組織は2名の園芸家を初年度の奨学金制度に参加させる予定である。これら「トライアド・フェロー」は1年間にわたり、世界3大公開庭園のそれぞれで4カ月ずつ生活し、働き、学ぶことになっている。同フェローに応募するためには、候補者は園芸学の何らかの資格、修了証またはより専門的な卒業証書を有している必要がある。

若い園芸家たちはこれらの特別な経験によって世界レベルの園芸を肌で感じながら仕事を始めることができる。今日の世界を代表する庭園で働きながら歴史的な庭園を現代の設計、装飾傾向と関連づけることを学べるようになる。彼らフェローには給料が支払われ、住宅も提供されるため、訓練に専念することができ、同時に世界で最も経験豊富な庭園スタッフと共に働きながら園芸を学ぶことができる。これら園芸家は温室技術、作柄日程計画、統合害虫管理、それぞれが特徴的な世界の3地域の植物同定および文化、植物記録管理、温室管理、造園設計および実施、文化遺産マネジメント、装飾設計などを学ぶことになっている。

兵庫アライアンスが選んだフェロー2人は兵庫県神戸市出身の大川実生氏および京都府左京区岩倉出身の川崎仁美氏である。大川氏は兵庫県立大学で緑環境景観マネジメント修士号を得ている。川崎氏は京都工芸繊維大学大学院の日本美術史の修士号を持っている。大川、川崎両氏は2014年5月、兵庫アライアンスでフェローとして活動を開始し、その後、米国のロングウッドガーデンへと移動し、最終的には英国のヒドコート・マナー・ガーデンで修了することになっている。

ソース:Longwood Gardens

▽問い合わせ先

Patricia Evans, +1-610-388-5442, pevans@longwoodgardens.org;

Abbey Palutis, +1-610-388-5391, apalutis@longwoodgardens.org

Brief: The Alliance of Hyogo announces Great Gardens of the World TRIAD Fellowship. Two horticulturists selected for international training experience

PR56719

KENNETT SQUARE, Pa., May 16, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    The Alliance of Hyogo [ http://www.kisekinohoshi.jp ] is proud to announce

the inaugural year of The Great Gardens of The World TRIAD Fellowship. This

first-of-its-kind Fellowship is in partnership with Longwood Gardens

(http://longwoodgardens.org/ ) in Kennett Square, PA, US, and Hidcote Manor

Garden (http://www.nationaltrust.org.uk/hidcote/ ) in Gloucestershire, UK.

Horticulture is both science and art, and is expressed in different ways around

the world. The TRIAD Fellowship is designed to expose young horticulturists to

both the culture and horticulture of three unique countries and gardens of the

world, thus equipping them with the foundational knowledge and global

experience upon which to build their careers as professional horticulturists.

    Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140509/86246

    Two horticulturists from each institution will participate in the inaugural

year of the Fellowship. Over the period of one year, the TRIAD Fellows will

spend four months living, working, and learning in each of the three

world-class public gardens. In order to be considered for the Fellowship,

students must have held a degree, certificate or higher education diploma in

horticulture.

    This extraordinary experience exposes the young horticulturist to the field

on a globally immersive level. They can connect historical gardens with current

design and display trends while working in some of the greatest gardens of

today. The Fellows are paid, and their housing is provided, allowing them to

focus on their training while learning horticulture alongside some of the most

knowledgeable staff in the world. The horticulturists will learn about

greenhouse technologies, crop scheduling, integrated pest management, plant

identification and culture for three distinct regions of the world, plant

records management, conservatory management, landscape design and

implementation, heritage management, exhibit design, and more.

    The Alliance of Hyogo's two Fellows are Misho Okawa, from Kobe, Hyogo, and

Hitomi Kawasaki, from Iwakura Sakyo-ku, Kyoto. Misho has a Master's degree in

Landscape Design and Management from the University of Hyogo. Hitomi has a

Master's degree in Japanese History and Art from the Graduate School of Kyoto

Institute of Technology. Misho and Hitomi begin their Fellowship in May 2014 at

The Alliance of Hyogo, then will travel to Longwood Gardens in the US and end

their experience at Hidcote Manor Garden in the UK.

    SOURCE: Longwood Gardens

    CONTACT:

    Patricia Evans,

    +1-610-388-5442,

    pevans@longwoodgardens.org;

    Abbey Palutis,

    +1-610-388-5391,

    apalutis@longwoodgardens.org

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中