◎ストップ「静かなる感染症」:ウイルス性肝炎への包括的なアプローチを支援

国際製薬団体連合会

2014/5/20 15:20

AsiaNet 56775

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

ストップ「静かなる感染症」:研究開発ベースの製薬業界レポート、ウイルス性肝炎への包括的なアプローチを支援

ジュネーブ、 2014年5月15日 /PRNewswire/ --

国際製薬団体連合会( IFPMA、http://www.ifpma.org  )は本日、肝炎に関する新たなレポート・勧告を公表し、この「静かなる感染症」との闘いに向けた包括的アプローチを提言しました。 「ウイルス性肝炎への持続可能な、多部門連携アプローチに向けて」(http://www.ifpma.org/fileadmin/content/Publication/2014/IFPMA_Viral_Hepatitis_May2014.pdf )と題する同レポートは、第67回世界保健総会で今後の議論への注目を喚起しようとするものです。

B型およびC型肝炎(HBV、HCV)はHIV/AIDSよりも一般的であり、重篤な症状をもたらすウイルス性疾患です。同ウイルスは、長期に渡り非常にゆっくりと進行します。その結果、重篤な合併症を発症するまで、多くの患者が感染していることに気づきません。HCVウイルス持続感染者の15~30 %が肝硬変へと進行します。またHCVウイルスは、肝臓癌を引き起こす主な原因でもあります。毎年、ウイルス性肝炎で160万人が死亡、個人の生活に苦しみをもたらし、生産性の損失や医療サービスコストの面で社会に莫大な損失を与えています。

「予防と治療の際の選択肢を広げるべく注力し、治癒率のさらなる向上、治療期間および毒性の低減といった目標に向け、解決策を模索する上で可能な限り努力しています。」と、IFPMA理事長のEduardo Pisaniは述べ、次のように付け加えました。「しかし、治療はこの闘い全体の一部に過ぎません。製薬業界が低・中所得国における保健パートナーシップ(http://partnerships.ifpma.org/pages)を通じて得てきた経験から、肝炎に対処するには研究、予防、集団検診、ケアを組み合わせた総合的なアプローチが必要であることは明らかです。この静かなる感染症を撲滅するには、共に活動していくことが必要です。」

HBV患者の90%に治療可能性があり、HCV患者の90%が治癒の可能性がありますが、それぞれ最大で20%(HBV)、2~3%(HCV)しか適切な治療を受けていません。

IFPMAのレポート(http://www.ifpma.org/fileadmin/content/Publication/2014/IFPMA_Viral_Hepatitis_May2014.pdf )はこの感染症と闘う最善策について、世界の保健衛生上の議論を喚起する役割を果たします。同レポートは次の包括的なアプローチを推奨しています:

・医療専門家と個人のレベル両方で、ウイルス性肝炎とその予防法(院内感染や感染に対して脆弱な高リスク群に特に焦点を当てた予防法を含む)に対する意識を高め、理解を向上させます。

・HBVワクチン接種プログラム実施を継続します。

・ウイルス性肝炎の疫学上の、そしてウイルス性肝炎が生じさせる負担に関し、信頼できるデータを収集します。

・資金調達と集団検診の実施頻度を改善して、早期診断と治療プログラムへの資金調達の改善を求める患者を支援します。

・ケア基準を保った包括的ケアネットワークを構築します。

・既存のHIVインフラストラクチャを活用し、同時感染者を発見、治療率を改善します。

情報元: 国際製薬団体連合会

Stop "Silent Epidemic": Research-based Pharmaceutical Industry Report Supports Comprehensive Approach to Viral Hepatitis

PR56775

GENEVA, May 20 /PRN=KYODO JBN/--

    The International Federation of Pharmaceutical Manufacturers and

Associations [http://www.ifpma.org ] (IFPMA) has published today a new report

and recommendations on Hepatitis, encouraging a comprehensive approach to

fighting this silent epidemic. Titled "Towards a Sustainable, Intersectoral

Approach to Viral Hepatitis

http://www.ifpma.org/fileadmin/content/Publication/2014/IFPMA_Viral_Hepatitis_May2014.pdf

] ", the report is meant to inform the upcoming discussion at the 67th World

Health Assembly.

    Hepatitis B and C (HBV, HCV) are devastating viral diseases which are more

common than HIV/AIDS. The virus progresses very slowly over the years. As a

result many patients are unaware they are infected until serious complications

emerge. 15-30% of people with chronic HCV infection will develop cirrhosis; HCV

is the major cause of liver cancer. Viral hepatitis is responsible for 1.6

million deaths each year causing individual suffering and putting a huge cost

to society in terms of lost productivity and cost of healthcare services.

    "We have devoted substantial efforts to developing prevention and treatment

options and are making all necessary efforts to bring up solutions that further

increase cure rates and reduce treatment duration and toxicity" - says Eduardo

Pisani, IFPMA Director General. "However, treatment is only part of the

picture. Experience our industry gained through health partnerships

[http://partnerships.ifpma.org/pages ] in low- and middle-income countries

makes it clear that to address hepatitis we need a comprehensive approach that

combines research, prevention, screening and care. We need to act together to

stop this silent epidemic," Pisani adds.

   While 95% of HBV patients could be treated and 90% of HCV patients

potentially cured, at most 20% and 2-3% of them respectively receive adequate

treatment. IFPMA's Report

http://www.ifpma.org/fileadmin/content/Publication/2014/IFPMA_Viral_Hepatitis_May2014.pdf

] contributes to the global health discussion on the best way of fighting the

epidemic. It recommends a comprehensive approach to:

    - Raise awareness and improve the understanding of viral hepatitis and

      prevention methods, both among health professionals and individuals

      (including also prevention of nosocomial transmission and special focus

      on vulnerable high-risk groups).

    - Continue implementing vaccination programmes against HBV.

    - Collect reliable data on the epidemiology and burden of viral hepatitis.

    - Improve funding and availability of screening to help patients seek

      early diagnosis and improved funding for treatment programmes.

    - Develop comprehensive care networks with embedded standards of care.

    - Leverage existing HIV infrastructure to improve detection and treatment

      rates for co-infected people.

SOURCE: International Federation of Pharmaceutical Manufacturers & Associations

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中