◎G・W・マッカーシー氏が第5代所長に Lincoln Institute of Land Policy

Lincoln Institute of Land Policy

2014/5/20 15:57

◎G・W・マッカーシー氏が第5代所長に Lincoln Institute of Land Policy

AsiaNet 56800

共同JBN 0546 (2014.5.20)

【ケンブリッジ(米マサチューセッツ州)2014年5月20日PRN=共同JBN】

 *エコノミストはフォード財団Metropolitan Opportunity Programの責任者

フォード財団で世界の首都圏状況改善を専門とするエコノミストのジョージ・W・マック・マッカーシー(George W. “Mac” McCarthy)氏はこのほど、Lincoln Institute of Land Policy(リンカーン土地政策研究所)の第5代所長に選任された。

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140519/89098

マッカーシー氏は、7月1日から現所長のジョージ・K・イングラム氏の後任に就く。イングラム氏は2005年から所長を務め今回引退する。リンカーン研究所のキャサリン・J・リンカーン理事会長によると、マッカーシー氏は米国における対話と健全な土地使用政策を推進し続けるケンブリッジ拠点の同シンクタンクに、新しいビジョンと新鮮な展望をもたらすと期待されている。

リンカーン理事長は「マッカーシー氏は洞察力のあるエネルギッシュな人物で、彼のリーダーシップによって変革がもたらされるだろう」と語っている。

マッカーシー氏は「世界の都市にとって、現在は枢要な時期である。リンカーン研究所は社会・経済の諸問題にわたり、土地政策の中心的重要性を見分ける上でユニークかつ極めて重要な役割を果たしている。機会のストーリーは、われわれがどのようにして空間を整然と利用できるかについて検討されるべきである。効果的に対応できなければ、世界の都市周辺に無計画に定住する10億の人々は、今後30年間で倍増することになる。今日行う土地利用の決定が、今後何世代もの人々の生活上の可能性を支配することになる」と述べた。

マッカーシー氏はフォード財団のMetropolitan Opportunity(http://www.fordfoundation.org/issues/metropolitan-opportunity)責任者として、世界の首都圏および周辺に住む恵まれない人々の社会的、経済的、空間的孤立を克服するため、地域におけるコラボレーション努力をサポートした。同氏は、2000年にフォード財団に入る前、チャペルヒルのノースカロライナ大学都市・地域研究センターで上級研究教授を務めた。彼はまた、バードカレッジの経済学教授、Levy Economics Instituteの常勤研究者、ケンブリッジ大学キングス・カレッジの客員研究員およびHigh Tableメンバー、イタリアのナポリ大学客員研究者、ロシアのサンクトペテルブルグにあるCentre for Independent Social Research研究教授を歴任している。

リンカーン土地政策研究所は1974年創立で、土地使用、規制、税制に関する主要問題のためのリーダー的なリソースである。リンカーン研究所は、土地政策に関する公開討論と決定の改善を促進している。

ソース:Lincoln Institute of Land Policy

▽問い合わせ先

Anthony Flint

617-503-2116 / anthony.flint@lincolninst.edu

George W. McCarthy Named President of Lincoln Institute of Land Policy

PR56800

CAMBRIDGE, Mass., May 20, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    - Economist is Director at Ford Foundation's Metropolitan Opportunity

Program

    George W. "Mac" McCarthy, an economist at the Ford Foundation dedicated to

improving conditions in metropolitan areas worldwide, has been named the 5th

president of the Lincoln Institute of Land Policy.

    Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140519/89098

    Beginning July 1, McCarthy, 57, will succeed Gregory K. Ingram, who is

retiring after serving as president since 2005. McCarthy will bring new vision

and a fresh perspective to the Cambridge-based think tank as it continues to

promote dialogue and sound land use policy in the U.S. and around the world,

said Kathryn J. Lincoln, chair of the board of directors at the Lincoln

Institute.

    "He is visionary and energetic, and his leadership will be

transformational," said Lincoln.

    "This is a pivotal and important time for cities around the world. The

Lincoln Institute plays a unique and extremely important role in identifying

the central importance of land policies, across a range of social and economic

challenges," said McCarthy. "The story of opportunity is told in how we

organize ourselves spatially. Without an effective response, we will double the

one billion people living in unplanned settlements around the world's cities in

the next thirty years. Land use decisions made today will dictate the life

chances of generations to come."

    As director of Metropolitan Opportunity (

http://www.fordfoundation.org/issues/metropolitan-opportunity ) at the Ford

Foundation, McCarthy supported collaborative regional efforts to overcome the

social, economic and spatial isolation of disadvantaged populations living in

and around metropolitan areas worldwide. Prior to joining the Ford Foundation

in 2000, he was a senior research associate at the Center for Urban and

Regional Studies at the University of North Carolina at Chapel Hill. He has

worked as professor of economics at Bard College; resident scholar at the

Jerome Levy Economics Institute; visiting scholar and member of the High Table

at King's College of Cambridge University; visiting scholar at the University

of Naples, Italy; and research associate at the Centre for Independent Social

Research in St. Petersburg, Russia.

    The Lincoln Institute of Land Policy, founded in 1974, is a leading

resource for key issues concerning the use, regulation, and taxation of land.

Providing high-quality education and research, the Lincoln Institute strives to

improve public dialogue and decisions about land policy.

    SOURCE: Lincoln Institute of Land Policy

    CONTACT: Anthony Flint 617-503-2116 / anthony.flint@lincolninst.edu

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中