◎国連欧州経済委がディーゼルで報告書 肺がんのディーゼル原因説は検証必要と指摘

Diesel Technology Forum

2014/5/23 12:05

◎国連欧州経済委がディーゼルで報告書 肺がんのディーゼル原因説は検証必要と指摘

AsiaNet 56839

共同JBN 0563 (2014.5.23)

【ワシントン2014年5月23日PRN=共同JBN】

 *Diesel Technology Forumは、国連欧州経済委員会(UNECE)の報告書がディーゼルに関する誤解を正していると指摘。

国連欧州経済委員会(UNECE)が発表した新しい報告書は、欧州と米国のディーゼル車両が商業、機関、家庭セクターなどの経済セクターと比較して、粒子状物質(PM2.5、PM10)排出でわずかの割合しか占めているにすぎないと結論づけた。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20120201/MM46474LOGO

UNECEは国連の5地域委員会のひとつである。

UNECEの新しい報告書「Diesel Engine Exhausts: Myths and Realities」は、「上記データと事実からわれわれはかなりの確度で、ディーゼルエンジンの排出ガスにさらされることによって肺がんのリスクが増大すると主張することは誤解を招きやすいとの結論に至った」と指摘している。

以下はUNECE報告書へのリンク:

http://www.unece.org/fileadmin/DAM/trans/main/wp5/publications/Diesel_Engines_Exhausts_Myths_and_Realities_2014.pdf

以下は報告書からの抜粋。

「欧州連合諸国(EEA, 2012a)における粒子状物質(PM)排出の83%、米国(EPA 2013)とカナダにおける排出の97%は、他の経済セクター、主として商業、機関、家庭セクターによって生成されている」

「従って、道路運送用ディーゼルエンジンの排出ガスが人の肺がんの主因とするのは十二分に検討する必要がある。しかしながら、これは運輸セクターにおける環境問題改善措置を止めて良いということを意味しない。むしろ逆に、関係者はこの努力を継続し、目標をきちんと定めて積極的に行うべきである」

報告書はさらに次のように述べている。

「ディーゼルエンジンは現在、経済成長の中心ですべての経済活動の周辺にあり、そのため現段階で代替したり排除したりするのは困難である」

Diesel Technology Forum (http://www.dieselforum.org/)のアレン・シェーファー理事長は「乗用車、トラック、バス、建設、農業用エンジンの新しいクリーンなディーゼル技術によって、過去20年間に90%以上も粒子状物質と窒素酸化物の排出が削減された」と語り、さらに次のように述べている。

「UNECE報告書は、環境問題の議論でしばしば見過ごされている重要な展望を提起している。つまり、ディーゼル車両が劇的に排出を改善してきたという点であり、発展途上国におけるPM排出の重要な原因ではないということだ」

詳細は以下のサイトを参照。

http://www.dieselforum.org/news/new-united-nations-paper-finds-role-of-diesel-in-economic-development-large-and-contribution-of-road-vehicles-to-particulate-matter-to-be-small-and-declining-in-europe-and-u-s-

ディーゼル問題専門家への問い合わせ:専門家一覧は該当リンクをクリック。

Allen Schaeffer

https://profnet.prnewswire.com/Subscriber/ExpertProfile.aspx?ei=111282

▽問い合わせ先

Steve Hansen

+1-301-668-7230

shansen@dieselforum.org

ソース:Diesel Technology Forum

New United Nations Paper Finds Role of Diesel Road Vehicles to Particulate Matter To Be Small & Declining in Europe & U.S.

PR56839

WASHINGTON, May 23, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    - Diesel Technology Forum says UNECE paper corrects misconceptions about

diesel

    A new paper issued by the United Nations Economic Commission for Europe

(UNECE) concluded that diesel road vehicles were the cause of only a small

percentage of particulate matter - PM 2.5 and PM10 - in Europe and the United

States compared to economic sectors like the commercial, institutional and

household sectors.

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20120201/MM46474LOGO

    UNECE is one of five regional commissions of the United Nations.

    "From the data and facts mentioned above, we conclude with a high degree of

reliability that it is misleading to claim that people's exposure to diesel

engines of road motor vehicles is the cause of increased risk of lung cancer,"

UNECO concluded in the new paper entitled "Diesel Engine Exhausts: Myths and

Realities".

    Link to UNECE paper:

http://www.unece.org/fileadmin/DAM/trans/main/wp5/publications/Diesel_Engines_Exhausts_Myths_and_Realities_2014.pdf

    "Eighty three percent of particulate matters emissions in European Union

countries (EEA, 2012a) and 97 percent in the United States of America (EPA

2013) and Canada is generated by other economic sectors, mainly the commercial,

institutional and household sector.

    "Therefore, the claim that emissions from diesel engine exhausts from road

transport are the main cause of lung cancer in humans needs to be seriously

challenged.  It does not mean however, that measures to improve the

environmental performance of the transport sector can stop.  On the contrary,

they must continue and in an aggressively well targeted way," the UNECE paper

stated.

    The UNECE paper also states: "Diesel engines are currently at the heart of

economic growth and off all economic activity and, therefore, it is not

feasible to replace and eliminate them at this stage."

    "The development of new clean diesel technology for passenger vehicles,

trucks, buses, construction and farm engines have reduced particulate matter

and nitrogen oxide emissions by more than 90 percent in the past two decades,"

said Allen Schaeffer, the Executive Director of the Diesel Technology Forum

(http://www.dieselforum.org/).

    "The UNECE paper provides an important perspective often overlooked in the

environmental debate - that diesel vehicle engines have dramatically improved

their emissions and are not a significant cause of PM emissions in developed

countries," Schaeffer said.

    For more information go to:

http://www.dieselforum.org/news/new-united-nations-paper-finds-role-of-diesel-in-economic-development-large-and-contribution-of-road-vehicles-to-particulate-matter-to-be-small-and-declining-in-europe-and-u-s-

    Available Topic Expert(s): For information on the listed expert(s), click

appropriate link.

    Allen Schaeffer

https://profnet.prnewswire.com/Subscriber/ExpertProfile.aspx?ei=111282

    CONTACT: Steve Hansen +1-301-668-7230 shansen@dieselforum.org

    SOURCE: Diesel Technology Forum

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中