◎タイ亡命政権樹立を前向きに検討 タクシン元首相の法律顧問

Amsterdam & Partners LLP

2014/5/26 13:22

◎タイ亡命政権樹立を前向きに検討 タクシン元首相の法律顧問

AsiaNet56848

共同JBN 0571 (2014.5.26)

【ロンドン2014年5月23日PRN=共同JBN】5月22日のタイ国軍による違法な軍事クーデター宣言に対応して、タクシン・シナワット元タイ首相と民主主義擁護の「赤シャツ集団」(Red Shirts Movement)の法律顧問、ロバート・アムステルダム氏は、2014年5月22日におけるプラユット・チャンオチャ将軍による違法な権力掌握という事態に伴い、亡命政権の樹立が検討されていると言明した。アムステルダム氏は繰り返し、「タイ軍事政権の行動は全く正統性を欠いており、タイ国内法と国際法の破廉恥な違反行為である。国民を代表する合法的な行政権は直近かつ完璧だった2011年7月3日の総選挙における明々白々たる勝利にのっとり、依然としてタイ貢献党にある」と述べた。

同氏はまた「タイ国軍によって実行された軍事クーデターはいかなる正統性も有さず、タイ国軍は国を治める国民の負託も受けていない。タイ国民の負託を保持する者たちは自由かつ公正な選挙を通じて保障されたのであり、今や亡命政権の樹立を検討している」と述べた。

アムステルダム氏はさらに、現在、軍事政権によって検挙された民主主義支持派活動家の違法な拘束を問題視して「私は全てのタイ政治的指導者の不当拘束を非難する。タイ国軍の人権に関する記録を顧みて、われわれは政治的被拘束者の安全を深刻に憂慮し、国際社会に対して強い警戒心を維持するよう訴える」と述べた。

アムステルダム氏はまた、幾つかの外国政府が国際的に確立された慣行に基づく亡命政府を受け入れる意思をすでに表明していると述べた。同氏はタイ国軍にはいかなる統治権限もなく、国内法、国際法違反を犯していると強調した。

アムステルダム氏の発言は「誤解してはならない。今回の出来事は違法な軍事クーデターであって、タイ国民の安心と安全を保証するためには強力な経済的制裁と外交的手段によって罰されねばならない」というものである。

ロバート・アムステルダム氏はタイの反独裁民主統一戦線(UDD)の国際法律顧問として働いている。

より詳しい情報は以下のサイトへ。

http://robertamsterdam.com/thailand.

ソース:Amsterdam & Partners LLP

Consideration given to Formation of Thai Government in Exile

PR56848

LONDON, 23 May / PRN=KYODO JBN/ --

Following the declaration of an illegal military coup by the Army of Thailand

on Thursday, Robert Amsterdam, counsel to former Thai Prime Minister Thaksin

Shinawatra and the pro-democracy 'Red Shirt' movement, stated that active

consideration is being given to the formation of a government in exile in the

wake of the illegal seizure of power staged in Thailand by General Prayuth

Chan-Ocha on May 22, 2014. Mr. Amsterdam reiterates that the actions of the

Thai military junta lack all legitimacy and constitute flagrant violations of

both Thai and international law. The only organization in Thailand with a

popular and legal mandate to govern remains the Pheu Thai Party, on the

strength of its clear victory in the last full general election of July 3, 2011.

"The military coup carried out by the Army of Thailand does not have any

legitimacy nor does the Army of Thailand have a mandate from the people of

Thailand to govern the country.  Those who have the mandate of the people of

Thailand, secured through free and fair elections, are now considering the

formation of a government in exile," said Mr. Amsterdam.

Mr. Amsterdam also raised the question of the unlawful detentions of

pro-democracy activists currently being rounded up by the junta stating that "I

denounce the illegal detention of all political leaders in Thailand. Given the

Army of Thailand's human rights record, we are extremely concerned for the

safety of the political detainees, and we urge the international community to

remain on high alert."

Mr Amsterdam also stated that a number of foreign governments have already

expressed their willingness to host such a government in exile under

internationally established rules and practice.  He emphasised that the Army of

Thailand has no legal authority to govern and has acted in violation of both

local and international law.

"Make no mistake, this is an illegitimate military coup that must be penalized

with the full strength of sanctions and diplomatic measures to ensure the

safety and security of the Thai people," said Amsterdam

Robert Amsterdam serves as international counsel to the United National Front

for Democracy against Dictatorship (UDD) of Thailand. More information can be

read at http://robertamsterdam.com/thailand.

Source: Amsterdam & Partners LLP

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中