◎オランダのThe Archimedesが高効率風力発電タービン Liam F1 を開発

The Archimedes

2014/5/27 14:42

◎オランダのThe Archimedesが高効率風力発電タービン Liam F1 を開発

AsiaNet 56849

共同JBN 0569 (2014.5.27)

【ロッテルダム(オランダ)2014年5月27日PRN=共同JBN】オランダ・ロッテルダムにある研究・開発企業The Archimedesは27日、家庭向けに全く新しい世代の風力発電タービンを開発したことを明らかにした。この風力タービンは風を利用して、現世代の風力タービンより多くのエネルギーを取り出すことができる。さらにLiam F1 Urban Wind Turbineと呼ばれるこの風力タービンは、その設計からして騒音を生み出しにくい。同タービンは27日に40カ国余りから集まる報道関係者と一般関係者に公表される。

  Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140527/689219-a

  Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140527/689219-b

Liam F1は風速5m/s(メートル/秒)で平均1500キロワット時を発電するが、これは一般家庭の電力消費量の半分相当である。屋上に設置されたソーラーパネルと組み合わせれば、住宅はそのエネルギー需要を完全に自給することができる。The Archimedesは「風があれば風力タービンで生み出されるエネルギーを利用し、太陽が照りつけていればエネルギーを生み出すため太陽電池を利用する」と説明している。

現在の住宅では、エネルギーを生み出す目的で風力タービンを使っている例は少ない。その理由の1つは、現世代の風力タービンの発電収率が極めて低く(平均25%)、ブレードから発する騒音が余りにも大きいからある。The Archimedesの風力タービン発明者であるマリヌス・ミーレメット氏はそこで、設計に手を加えた。同氏はオウムガイの殻の形状、アルキメデスの理論、同氏独自の数学を組み合わせることによって、抵抗がほとんどない新しいタービンを作り出し、事実上ノイズを発しない設計を実現した。

Liam はスクリュー形状であるため、ちょうどペナント(吹き流しのような眺めの三角旗)のように風を最適の位置に自動的に合わせ、それによって最大限の収率を生み出す。ミーレメット氏によると、収率は最高80%となり、論理的に実用性がある。Liamは開発者たちが当初見いだした結果を信じがたかったことから、50回以上もテストしてきた。

発電方法と風力タービンの公開は同日行われるが、同社はすでに14カ国で7000のタービンを販売済みである。同タービンへの関心が非常に高いため、同社はボート、外灯柱、水上で使う比較的小型のタービンの開発を始めている。

ソース:The Archimedes

Revolutionary Urban Wind Turbine

PR56849

ROTTERDAM, The Netherlands, May 27, 2014/PRN=KYODO JBN/--

   The Rotterdam based research and development company "The Archimedes"

reveals that it has developed a totally new generation of wind turbines for

domestic use. This wind turbine will gain much more energy out of the wind than

current generation wind turbines. Additionally this so-called Liam F1 Urban

Wind Turbine hardly produces sound because of its remarkable design. The

turbine will be presented to the press and people coming from over 40 countries

on Tuesday.

   (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140527/689219-a )

   (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140527/689219-b )

   The Liam F1 generates an average of 1,500 kilowatt-hour of energy at a

wind-speed of 5m/s, which resembles half of the power consumption of a common

household. In combination with solar-panels on the roof, a household could be

totally self-supporting for its own energy needs. Engineer Richard Ruijtenbeek

from The Archimedes explains that "when there is wind you use the energy

produced by the wind turbine, when the sun is shining you use the solar cells

to produce the energy".

   At present there are very few wind turbines in use for generating energy in

households. One of the reasons for his is that the yield from current

generation wind turbines is very low (average of 25 percent), and that the

blades produce too much noise. This is where the inventor of the Archimedes

wind turbine, Marinus Mieremet, has adjusted the design. By combining the form

of the Nautilus shell, the theoretics of Archimedes and his own mathematics, he

created a new turbine that hardly has any resistance and has resulted in a

design that is virtually soundless.

   Because of its screw-form, the Liam will automatically aim to the optimal

position of the wind, just like a pennant and will therefore have a maximum

yield. According to Mieremet the yield is 80 percent of the maximum that is

theoretically feasible. The Liam has been tested over 50 times because

initially the developers couldn't believe the results they saw.

   Although the revealing of the method and unveiling of the wind turbine will

take place today, the company has already sold 7,000 turbines in 14 countries.

The interest is so big that the company has started developing relatively small

turbines for use on boats, on lampposts and in water.

   SOURCE: The Archimedes

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中