◎エクアドルのクルーズ列車修復が完了

The Ministry of Tourism of Ecuador

2014/6/11 14:35

◎エクアドルのクルーズ列車修復が完了

AsiaNet 57002

共同 JBN 0646 (2014.6.11)

【キト(エクアドル)2014年6月10日PRN =共同JBN】

*太平洋からアンデスの心臓部まで、ファーストクラス・ファッションで観光が可能に

Tren Crucero(クルーズ列車)に乗ってエクアドルで一番景色のいいルートを発見しよう。19世紀後半に敷かれた鉄道は、もともと巨大な山岳地帯で分断されていたエクアドルの国土を結びつけるために建設されたものだ。列車の修復は完成したばかり。訪れた観光客にエクアドルの素晴らしい文化と多様性、エクアドルの香りを堪能する機会を提供し、特別な設備や車内サービスを取りそろえている。列車自体は再調整された、本物の蒸気機関車と注意深く再現されたスペイン風バロックスタイルの客車4両で構成されている。乗客には沿線にあり注意深く選択された大農園スタイルのホテルに宿泊するオプションも用意されている。

「世界で一番困難な鉄道列車」と呼ばれているTren Cruceroの建設はエンジニアリング上の1つの奇跡だった。海面レベルのグアヤキルから進むにつれて、線路はドラマチックで挑戦的な風景の中に分け入り、アンデス山脈の森林の雲の中に進んでいく。最も高い地点はチンボラゾ斜面付近の標高3600メートル。エクアドルで一番高い山地だ。谷や川、山々が続き、10座を超える火山が連続している「ボルカノエス通り」を通ってエクアドルの首都、キトに至る。ユネスコから1978年に最初に世界遺産の指定を受けた都市である。

3泊4日の鉄道の旅は450キロの素晴らしい体験を満載している。観光客は海岸地帯とアンデスで色とりどりの村々に驚かされる。自然の織りなす信じられないタペストリーや、ドラマチックな山岳地帯の景色を楽しむ。旅を通じて、乗客は伝統的な大農園で夜を過ごし、昔のことを知っているバイリンガルのガイドが語る古代からの土地にまつわる秘密を共有する。

ルートはどちら側からでも出発できる。グアヤキルからキトまででも、あるいはアンデスから太平洋海岸行きでも。途中下車も可能だ。コトパクシ国立公園に近いエルボリーチェ駅で降りて自然の不思議を体験し、他に比較のできないアウトドア活動をしてみることも可能である。

この鉄道旅行では、旅客の1人ひとりがエクアドルの文化的多様性を吸収することができる。通り過ぎる景色、それぞれの駅、大農園での滞在、地元の市場巡りなどはエクアドルの文化と人々の多様性を間近に観察できる機会を提供する。有名な「Devil’s Nose(悪魔の鼻)」はルート上で一番どきどきする場所で、エンジニアリング的傑作である。アラウシの近くにあるごつごつした岩場を通過するには、まず列車が後ろ向きに進み、急坂の途中で一時停車し、ジグザグ走行を2キロばかり続ける。高度差400メートルの急坂をこのように上りきって運行を続ける。つるはしとシャベルだけでこの坂が作られたのは100年も前だったことを思うと驚きである。

2013年ワールド・トラベル・アワード(World Travel Awards)で欧州を除く最優秀ツーリズム商品(Best Tourism Product Outside of Europe)を受賞したTren Cruceroは、ことしのワールド・トラベル・アワードの最優秀南米鉄道(Best Train in South America)の候補である。

Tren Cruceroに関する詳しい情報は以下を参照: www.trenecuador.com.

エクアドルに関する情報は以下を参照: www.ecuador.travel.

▽エクアドル観光省について

エクアドル観光省はエクアドルを観光地としての魅力を高めるために指導、規制、企画、管理、推進、普及を目的とした機関である。特別の文化と自然、暮らしの多様性を責任ある観光の枠内で、持続可能な社会的経済的発展を導くものである。

▽問い合わせ先

Natalia Lopez

+1-212-715-1600

natalia@finnpartners.com

ソース: The Ministry of Tourism of Ecuador

Renovations Now Complete On Ecuador's Historic "Tren Crucero"

PR57002

QUITO, Ecuador, June 10, 2014 /PRN=KYODO JBN / --

           Visitors Can Now Travel in First Class Fashion from

                   the Pacific to the Heart of the Andes

   Discover the most scenic route in Ecuador aboard the "Tren Crucero,"

originally constructed in the late 1800s to connect a country separated by its

majestic mountains.  The train's renovations have just been completed, offering

visitors the opportunity to experience the fascinating culture, diversity and

flavors of Ecuador, with exceptional onboard facilities and services. The train

itself comprises a reconditioned, authentic steam engine and four carefully

restored carriages, built in Spanish Baroque style. Passengers also have the

option to stay overnight in carefully selected hacienda style hotels along the

route.

   Dubbed as the "Most Difficult Train in the World," the construction for the

Tren Crucero was an engineering marvel. The route crosses dramatic and

challenging landscapes as it advances from Guayaquil, at sea level, to the

cloud forests at the heights of the Andes. Its highest point reaches almost

12,000 feet (3,600 meters) on the slopes of Chimborazo, the highest mountain in

Ecuador, and continues through valleys, rivers and mountains, through the

Avenue of the Volcanoes, with over ten volcanoes, and ends in Quito, Ecuador's

capital, which was the first city declared a UNESCO World Heritage site, in

1978.

   The three-day/four-night train journey travels 280 miles (450 km), with a

wealth of fabulous experiences. Travelers will be surprised by the colorful

villages on the coast and in the Andes, enjoy nature's incredible tapestries

and dramatic mountain scenery. Throughout the journey, guests will overnight in

traditional haciendas and be accompanied by knowledgeable bi-lingual guides who

will share the secrets of this ancient land.

   The route can be taken in either direction - from Guayaquil to Quito or from

the Andes to the Pacific Coast.  It is also possible to select segments of the

trip, which could include visits to incomparable sites for outdoor activities

and natural wonders such as El Boliche Station near Cotopaxi National Park.

   The trip enables each guest to absorb the cultural diversity of Ecuador.  In

addition to the passing scenery, each station, hacienda stay or stroll through

indigenous markets brings visitors close to the Ecuadorian culture and its

people.   The renowned Devil's Nose is the route's most exciting moment and an

engineering masterpiece.  To pass through the craggy mountains near Alausi, the

train travels in reverse along the cliffs, stopping in the middle of the steep

slope and zigzagging for three miles (two km) with a drop of 1,300 feet (400

meters) before continuing with the journey.  It is amazing to think that this

route was constructed with picks and shovels a century ago in this magical

country.

   Winner of the Best Tourism Product Outside of Europe at the 2013 World

Travel Awards, the Tren Crucero is currently a candidate for the Best Train in

South America at this year's World Travel Awards.

   For more information on the Tren Crucero, please visit www.trenecuador.com.

To learn more about Ecuador and all it has to offer, please visit:

www.ecuador.travel.

   About The Ministry of Tourism of Ecuador

   The Ministry of Tourism of Ecuador is the institution entrusted with the

direction, regulation, control, planning, management, promotion and

dissemination, in order to position Ecuador as a preferred touristic

destination in view of its exceptional cultural, natural and living diversity

within a responsible tourism as an activity leading to sustainable social and

economic development.

   Contact: Natalia Lopez, +1-212-715-1600, natalia@finnpartners.com

   SOURCE: The Ministry of Tourism of Ecuador

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中