◎2014年のGlobal Peace Index

Institute for Economics and Peace

2014/6/18 13:27

AsiaNet 57047

【編註】クライアントから提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNは編集していません。


2014年のGlobal Peace Index

戦後60年間の平和への歩みに逆行する、過去7年間の紛争・騒乱の増加傾向を指摘
新評価モデルにより、紛争・騒乱、社会不安に脅かされつつある国々が明らかに

ロンドン、2014年6月18日/PRNewswire/ --

・ 今後2年間で治安悪化の可能性が最も高い10カ国は、ザンビア、ハイチ、アルゼンチン、チャド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ネパール、ブルンジ、グルジア、リベリア、カタールである。
・ 中国の軍事費と各国の国内紛争の頻度および激しさが増大する中、世界的な紛争・騒乱の増加は世界経済に対し、昨年度で9兆8000億米ドルまたはGDPの11.3%におよぶ影響を与え、前年比で1790億米ドル増となった。
・ アイスランドは世界で最も平和な国としての地位を維持し、世界一平和から遠い国の地位は、アフガニスタンからシリアに移った。
・ グルジアが平和レベルを最も大きく改善したのに対し、南スーダンは最も大きく平和レベルを低下させ、現在、世界で三番目に平和から遠い国となった。

昨年も、テロ活動、発生した紛争の数、および難民や避難民の数が、世界平和が遠のいていく中で大きな要因となっていました。これは、第二次世界大戦の終焉時にさかのぼり、そこから始まった世界平和への60年間の道程に逆行するものであり、最近7年間で徐々に進行している、しかし見逃すことのできない傾向を明らかにしています。

本日発表された最新のGlobal Peace Index(http://www.visionofhumanity.org 、GPI)によると、昨年、世界的な紛争・騒乱がもたらした経済的な影響は、9兆8000億米ドルと推定されています。これはアフリカ経済圏(54カ国)の2倍、または世界のGDPの11.3%に相当します。

IEP創設者で会長のSteve Killelea(http://economicsandpeace.org/about-us/our-leadership/steve-killelea)氏は、「今なお世界金融危機がもたらしている経済的影響、「アラブの春」の反響、テロの継続的な広がりといった多くのマクロ要因が過去7年間にわたって世界平和への道を厳しいものにしてきましたが、これらの影響が今後も長引く可能性があるため、世界平和に向けて大きく前進する見込みは少ないでしょう。」と述べました。

「これにより世界経済は、いまや現実となった代償を背負わされており、紛争・騒乱とその抑制に起因する経済的影響の増加は、2012年~2013年の世界の経済成長の19パーセントに相当します。これを人口換算すると、一人当たり約1350ドルの負担となります。ここで危惧すべきは、負のサイクルに陥ることです。低成長は、さらなる紛争・騒乱の頻発を招き、紛争・騒乱への抑制が強まれば、経済成長はさらに鈍化していくのです」。

本レポートを発行するInstitute for Economics and Peace(IEP)は、新たな統計モデリング技術を開発し、今後2年間の社会不安と紛争・騒乱レベルの上昇によって最も治安が脅かされるであろう10カ国を特定しました。なお、新モデルは90%の歴史的な正確さに立脚しています。リスクレベルの高い国には、ザンビア、ハイチ、アルゼンチン、チャド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ネパール、ブルンジ、グルジア、リベリア、2022年度のワールドカップ開催国のカタールが含まれています。

新しい方法論では、1996年にさかのぼるデータセットを解析し、制度的特性が類似した国々を比較しています。

「この分析手法は、ある国家の現在の平和レベルを、将来において平和への道を歩み、紛争・騒乱が減少するかどうかという潜在的な可能性と比較できる、という点で革新的です。国家が平和への道を歩むかどうかは数多くのポジティブな要因によって決まります。その中には健全な国家制度、正しく機能している政府、汚職の少なさ、ビジネスを醸成する環境が整っていること、といった私たちが「平和を支える柱」と呼ぶものが含まれます。これらの平和の実現にとってポジティブな要因は、紛争・騒乱の実際のレベルと長期間にわたり相関関係にある傾向から、正確な予測が可能になっており、同モデルは国家のリスク評価にとって革新的であると言えるのです。」と、Steve Killelea(http://economicsandpeace.org/about-us/our-leadership/steve-killelea)氏は述べました。

「悪化する世界情勢に鑑みても、平和に向けた制度的な基盤が万全であると考えることはできません。今回の研究で明らかなように、平和がしっかりとした基礎なしで成り立つ可能性は低いのです。これは平和の構築が経済・社会の発展の前提条件であるという、政府、開発機関、投資家、そして広く国際社会に対する警鐘です。」

IEPの直近の評価では、コートジボアールが騒乱的なデモの可能性の低下および避難民の数の削減により、2014年のGPIにおいて第二位となる大きな改善を示し、第一位となったグルジアでは、ロシアとの間で発生している2011年に端を発する紛争が収束に向かっています。

世界で最も平和な地域は引き続きヨーロッパであり、逆に平和から最も遠い地域は南アジアです。これまで最下位にあったアフガニスタンは、平和レベルのわずかな改善によりシリアにその地位を譲り、シリアは依然として治安が悪化し続けています。南スーダンは今年の指数で最大となる低下を記録し、第160位となり、現在は平和から最も遠い国として第三位にあります。その他の主なスコアの低下はエジプト、ウクライナ、中央アフリカ共和国で生じています。
周辺地域のその他の注目事項

ヨーロッパは全体的な平和レベルの面で今年も世界をリードしており、特にスカンジナビア諸国で高いレベルを示しています。トップ5は2013年と変わらず、平和の実現に向けた改善のほとんどが、これまで伝統的に同地域で最も紛争・騒乱の多かったバルカン諸国で見られました。

北米のスコアは、2013年4月に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件に関連して米国でのテロ活動が活発化したため、わずかに低下しています。同地域は、主にカナダのスコアが高かったという理由で、世界で二番目に平和な国としての地位を確保しています。

アジア太平洋地域は、世界で最も平和な国々の一部として、ヨーロッパと北米に次ぐ第三位の地位を確保しています。ただし、2013年のスコアと比べると、今年はごくわずかですが低下しました。フィリピンは、南シナ海の紛争に関して起きた中国との緊張関係を背景に、「近隣諸国との関係」スコアが低下しました。インドシナのサブ地域の国々、北朝鮮は、引き続き同地域の下位に位置しています。これとは対照的に、ニュージーランド、日本、オーストラリア、シンガポール、台湾は、すべてトップ30以内にランクインしています。

南アメリカは世界平均より少し上のスコアを示しており、アルゼンチン、ボリビア、パラグアイで最も大きく改善しました。これとは対照的に同地域で最も平和な国としての地位を維持しているウルグアイは、警察や治安部隊の数が増加した結果、スコアの低下を招きました。国内の緊張関係が、同地域で最低スコアを記録するコロンビアとベネズエラの2つの国の傾向を特徴づけています。

中米とカリブ海の平和は課題が山積したままですが、2013年のスコアおよびランクに比べ、世界平均をわずかに下まわるのみ、といった状況にまで改善しました。ジャマイカ、ニカラグアは、国内の安全性とセキュリティスコアの改善により、最も大幅に前進しました。たちの悪い麻薬戦争に陥っているメキシコは、国内の警備員数の増加によりややスコアを落としました。
サハラ以南のアフリカでは、地域スコアとして二番目に大きな低下を示しましたが、ロシアおよびユーラシア、中東および北アフリカ、そして南アジアに比べれば良好でした。ただし、南スーダンや中央アフリカ共和国をトップとする、同地域の10カ国のうち4カ国が、これまでに最も大きなスコア低下を示しました。

ロシアおよびユーラシアは、同地域の12カ国のうち4カ国を除き、スコア上昇によりランキング上わずかながら改善を示しています。同地域で起きた最も大きな事件は、ロシアとウクライナ間の危機であることには疑いの余地がありません。これに起因する国内および国際的な紛争で、ウクライナとロシアの両方がスコアの低下を示しました。ロシアは152位にランクインしていますが、同地域では最も平和から遠く、世界的には平和に向けたパフォーマンスが最も貧弱な国の一つです。

中東・北アフリカ(MENA)は 「アラブの春」に起因する数々の衝突がエスカレートし続けており、現在でも大きく報じられています。エジプトとシリアは、当然のことながら全般スコアが最も大きく低下し、エジプトは世界的に最も急激な低下を示した国としての第二位になりました。

南アジアは地域ごとのランキングで最下位を維持しています。しかし、スコアは他のどの地域よりも大きく改善しました。南アジアのすべての国で、全般スコア、そして特に国内の平和レベルが改善しました。今年4月初めにアフガニスタンで行われた選挙では、大きな問題はなく政治的テロスコアは改善しましたが、増加するテロ活動や軍事支出によってその部分は相殺されています。政治テロ、スリランカおよびブータンの難民や避難民の数については、スコアが改善しました。

編集注記
GPIレポート、ビデオ、およびインタラクティブマップは以下よりご利用いただけます。http://www.visionofhumanity.org
ツイッター: https://twitter.com/GlobPeaceIndex (ハッシュタグ: #peaceindex)
フェイスブック: http://www.facebook.com/globalpeaceindex

Global Peace Indexについて
GPIはInstitute for Economics and Peace(http://economicsandpeace.org/about-us、IEP)が作成した、世界平和に関する広く認められた尺度です。22の指標を考慮に入れ、現在進行中の国内および国際紛争、社会における治安・安全、軍備の状況を162カ国について評価しています

Institute for Economics and Peaceについて
IEPは、人類に幸福と進歩をもたらす上で、「平和」というポジティブで達成可能、かつ実際的な方法に世界が注目するよう導く使命を持つ、国際的な独立系シンクタンクです。

リスク評価モデルについて
固有のデータ・セットに基づいて、国家リスクを評価する数多くのモデルがIEPによって開発されてきました。ある国の平和および紛争・騒乱レベルを測定し、平和レベルが悪化または改善のどちらに向かうかについて、相対的な可能性を評価するものです。これらのモデルは実際の歴史的事実との比較において、優れた予測能力を持っていることが判明しました。2つのモデルを組み合わせると、ウクライナ、シリア、エジプトはすべて、2008年の時点で危機にさらされた国家のトップ20にあったことが分かったのです。IEPモデルは今後2年間で平和レベルの悪化する可能性が最も高い10カ国を特定していますが、その予測的妥当性は平均90%です。なお、2006年~2010年で、5回にわたる2年間の検証が実施されています。

すべての国からのお問い合わせ先
ヒル+ノールトン・ストラテジーズ:
GPIチーム; メール: GPI2014@hkstrategies.com、電話: +44-20-7413-3000
Metin Parlak、メール: Metin.Parlak@hkstrategies.com、電話: +44-20-7413-3771
Sophie Nicholson、メール: Sophie.Nicholson@hkstrategies.com、電話: +44-20-7413-3756

情報元: Institute for Economics and Peace


2014 Global Peace Index

PR57047

LONDON, June 18/PRN=KYODO JBN/--

    
    Seven year trend in violence overturns 60 years of increasing peacefulness

      New model identifies countries at risk of descending into violence and
                                      unrest

    
    - The ten countries most likely to deteriorate in peace in the next two
      years are Zambia, Haiti, Argentina, Chad, Bosnia and Herzegovina, Nepal,
      Burundi, Georgia, Liberia and Qatar
    - Global violence impacted the global economy by US$9.8 trillion or 11.3%
      of GDP in the last year, an increase of US$179 billion YOY, through
      upward revisions of China's military expenditure and the number and
      intensity of internal conflicts
    - Syria displaces Afghanistan as the world's least peaceful nation while
      Iceland maintains its status as the most peaceful country in the world
    - Georgia showed the largest improvement in peace levels, while South Sudan
      experienced the largest drop and now ranks as the third least peaceful
      country

    Terrorist activity, the number of conflicts fought, and the number of
refugees and displaced persons were the key contributors to the continuing
deterioration in global peacefulness last year. This confirms a seven year
gradual, but significant downward slide, which overturns a 60-year trend of
increasing global peacefulness dating back to the end of the Second World War.

    The economic impact of containing and dealing with the consequences of
global violence last year was estimated to be US$9.8 trillion, according to the
latest Global Peace Index [http://www.visionofhumanity.org ] (GPI) released
today. This is equivalent to 11.3% of global GDP - equal to twice the size of
the 54 countries in the African economy.

    Steve Killelea
[http://economicsandpeace.org/about-us/our-leadership/steve-killelea ], founder
and Executive Chairman of the IEP, observed, "Many macro factors have driven
the deterioration in peace over the last seven years including the continued
economic repercussions of the Global Financial Crisis, the reverberations of
the Arab Spring, and the continued spread of terrorism. As these effects are
likely to continue into the near future; a strong rebound in peace is unlikely.

    "This is resulting in very real costs to the world economy; increases in
the global economic impact of violence and its containment are equivalent to
19% of global economic growth from 2012 to 2013. To put this in perspective,
this is around $1,350 per person. The danger is that we fall into a negative
cycle: low economic growth leads to higher levels of violence, the containment
of which produces lower economic growth."

    The Institute for Economics and Peace (IEP), which produces the report, has
also developed new statistical modelling techniques to identify the 10
countries most threatened by increased levels of unrest and violence in the
next two years. These models have a 90% historical accuracy. Countries with
higher levels of risk include Zambia, Haiti, Argentina, Chad, Bosnia and
Herzegovina, Nepal, Burundi, Georgia, Liberia and World Cup 2022 host Qatar.

    The new methodology analyses a data set stretching back to 1996, and
compares countries with the performance of states with similar institutional
characteristics.

    "What is transformational in this analysis is our ability to compare a
country's current level of peace with the potential for it to increase or
decrease in violence in the future.A country's potential for peace is shaped by
many positive factors including sound institutions, well-functioning
government, low levels of corruption and a pro-business environment which we
call the Pillars of Peace. These models are revolutionary for assessing country
risk; positive peace factors tend to align over longer periods of time with
actual levels of violence thereby allowing real predictive accuracy," said
Steve Killelea
[http://economicsandpeace.org/about-us/our-leadership/steve-killelea
].

    "Given the deteriorating global situation we cannot be complacent about the
institutional bedrocks for peace: our research shows that peace is unlikely to
flourish without deep foundations. This is a wakeup call to governments,
development agencies, investors and the wider international community that
building peace is the prerequisite for economic and social development."

    In the IEP's current assessment, Cote d'Ivoire recorded the second biggest
improvement in the GPI 2014 with reductions in the likelihood of violent
demonstrations and in the number of displaced persons, while the largest
improvement occurred in Georgia, as it gradually returns to normality following
its 2011 conflict with Russia.

    The most peaceful region of the world continues to be Europe while the
least peaceful region is South Asia. Afghanistan has been displaced at the
bottom of the index by Syria due to a slight improvement in its peace while
Syria continued to deteriorate. South Sudan experienced the largest drop in the
index this year falling to 160th and now ranking as the third least peaceful
country. Major deteriorations also occurred in Egypt, Ukraine and Central
African Republic.

    OTHER REGIONAL HIGHLIGHTS

    Europe once again leads the world in terms of its overall levels of peace,
with the Scandinavian countries performing particularly well. The top five
positions remain unchanged from 2013. Most of the improvements in peace are in
the Balkans, an area that has traditionally been the most turbulent in the
region.

    North America's score deteriorates slightly, mostly on account of a rise in
terrorist activity in the US, related to the Boston-marathon attack in April
2013. The region retains its position as the second-most peaceful in the world,
largely on account of Canada's score.

    The Asia-Pacific region remains among the most peaceful in the world: it
ranks third, behind Europe and North America, and suffers only a very modest
deterioration from its 2013 score. The Philippines saw a deterioration in its
'relations with neighbouring countries' score on the back of tensions with
China relative to the South China Sea dispute. Countries in the Indochina
sub-region, as well as North Korea, continue to be at the bottom of the region.
In contrast, New Zealand, Japan, Australia, Singapore and Taiwan all rank in
the top 30.

    South America scores slightly above the global average, with the strongest
improvements coming from Argentina, Bolivia and Paraguay. In contrast Uruguay,
which retains its position as the region's most peaceful country, sees its
score deteriorate as a result of a rise in the number of police and security
forces. Internal tensions underline the trends in the two lowest-scoring
countries in the region, Colombia and Venezuela.

    Peace in Central America and the Caribbean remains challenging, but the
region manages to improve slightly compared to its 2013 score and ranks only
slightly below the global average. Jamaica and Nicaragua are the biggest
improvers through improvements in their domestic safety and security scores.
Mexico, which continues to be mired in a vicious drug war, falls slightly due
to an increase in the number of internal security officers.

    Sub-Saharan Africa sees the second largest deterioration in the regional
scores but still fares better than Russia and Eurasia, Middle-East and North
Africa as well as South Asia. Four out of the ten countries with the largest
negative score changes come from this region, topped by South Sudan and the
Central African Republic.

    Russia and Eurasia shows a modest improvement in the rankings, and benefits
from positive score changes from all but four of the twelve states in the
region. Undoubtedly, the key event in the region is the crisis between Russia
and Ukraine. This caused both Ukraine and Russia's performance in domestic and
international conflict to tumble. Russia remains the least peaceful country in
the region and one of the poorest performers globally, ranking 152nd.

    The Middle East and North Africa (MENA) remains in the headlines as
numerous conflicts stemming from the Arab Spring continue to escalate. Egypt
and Syria are, unsurprisingly, the two countries that see their overall scores
deteriorate most, with Egypt suffering the second-steepest decline globally.

    South Asia remains at the bottom of the overall regional rankings; however
its score did improve more substantially than any other region. All countries
in South Asia improved their overall scores, especially their domestic peace.
The recent elections in Afghanistan proceeded without major incident in early
April, with its political terror score improving, however being partly offset
by increased terrorist activity and military expenditure. Other improvements
are in the levels of political terror, as well as in the number of refugees and
displaced people in Sri Lanka and Bhutan.

    NOTES TO EDITORS

    GPI report, video, and interactive maps are available at:
    http://www.visionofhumanity.org

    Twitter: https://twitter.com/GlobPeaceIndex (#peaceindex)

    Facebook: http://www.facebook.com/globalpeaceindex

    About the Global Peace Index

    The GPI is the world's leading measure of global peacefulness produced by
the Institute for Economics and Peace [http://economicsandpeace.org/about-us ]
(IEP). It gauges on-going domestic and international conflict, safety and
security in society, and militarisation in 162 countries by taking into account
22 indicators.

    About the Institute for Economics and Peace

    IEP is an international and independent think tank dedicated to shifting
the world's focus to peace as a positive, achievable, and tangible measure of
human well-being and progress.

    About the Risk Assessment Models

    A number of country risk models have been developed by IEP based on its
unique data sets. These models measure peace and violence in order to assess
the relative probability of countries deteriorating or improving in peace. The
output of these models proved to have good predictive capabilities when
compared against history. Using a combination of two models Ukraine, Syria and
Egypt were all identified as being in the top 20 countries at risk in 2008.
IEP's model has, on average, a 90% predictive validity in identifying the ten
countries most likely to deteriorate in peace in the ensuing two years. The
validation was run for five two-year periods from 2006 to 2010.
    
    Global Contacts

    GPI press office at Hill + Knowlton Strategies:
    GPI team
    GPI2014@hkstrategies.com
    +44-20-7413-3000;
    Metin Parlak
    Metin.Parlak@hkstrategies.com
    +44-20-7413-3771;
    Sophie Nicholson
    Sophie.Nicholson@hkstrategies.com
    +44-20-7413-3756

    SOURCE: Institute for Economics and Peace


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中