◎ABBYY、日本法人設立により日本市場へのコミットメントを示す

ABBYY

2014/7/1 12:18

◎ABBYY、日本法人設立により日本市場へのコミットメントを示す

AsiaNet 57239

【編註】クライアントから提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNは編集していません。

報道関係者お問い合わせ先:

Marshall Hampson

McGrath/Power Public Relations

Marshallhampson@mcgrathpower.com

(408) 727-0351

小原洋

ABBYYジャパン株式会社

Yo.Ohara@abbyyusa.com

[03-6717-6077]

ABBYY、日本法人設立により日本市場へのコミットメントを示す

新会社として日本の中核市場セグメントおよび新規市場セグメントにおける成長を目指すABBYY ジャパン株式会社

カリフォルニア州ミルピタス(2014年7月1日) ― 文書認識、データキャプチャ、言語技術とプロフェッショナルサービスの主要プロバイダであるABBYY(R)は本日、日本法人を設立したことを発表しました。日本法人設立により、ABBYYは日本市場において株式会社として認定され、ABBYYジャパン株式会社の名前で日本での事業を開始します。

ABBYY USAのCEOであるDean Tangは、「日本は国内オフィスの開設以来重要な市場です。日本の株式会社となることで、OEMベンダー、再販業者などと健全で長期的な関係を築き、日本国内でさらなる成長を遂げる立場に立つことができます。」と述べています。

ABBYYは2006年に初めて日本オフィスを開設して以降、オフィス機器メーカー(OEM)、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、再販業者、エンドユーザー団体と緊密に協力し、画期的な文書認識およびデータキャプチャ技術により、情報からより多くの価値を引き出す支援を行ってきました。日本法人となったABBYYジャパン株式会社は、モバイルおよびクラウドコンピューティングでの新たなユースケースに対応し、翻訳関連のサービスを構築、さらに言語ベースの新しい情報ソリューションを活用した新製品を導入することにより、日本での事業拡大を目指します。また、日本企業がABBYYの光学式文字認識(OCR)、テキスト変換、データキャプチャイニシアティブの恩恵をより多く受けられるように、日本国内での顧客サポート体制をより強化する予定です。

ABBYYの製品と技術については、当社のWebサイト(http://www.abbyy.com/)をご覧ください。

ABBYYについて

ABBYYは、文書認識、データキャプチャ、リンギスティックテクノロジー/サービスの主要プロバイダです。ABBYYの主要製品には、各種プラットフォームとコンピュータ環境をサポートする光学式文字認識(OCR)アプリケーションのABBYY FineReaderシリーズ、データキャプチャソリューションのABBYY FlexiCaptureシリーズ、ABBYY Lingvo辞書ソフトウェア、開発ツールなどがあります。また、ABBYY Language Servicesは、企業のお客様向けに総合言語ソリューションを提供しています。紙の文書を多く取り扱う世界中の企業/組織が、ABBYYソリューションを使用することで時間と労力が必要な作業を自動化し、ビジネスプロセスを合理化しています。ABBYYの製品は、オーストラリア国税局、リトアニア国税局、ロシア教育省、ウクライナ教育省、米国モンゴメリー郡政府、カナダ政府などの大規模な政府プロジェクトで使用されています。ABBYYのテクノロジーのライセンスを供与している企業は、BancTec、Canon、EMC/Captiva、Hewlett-Packard、KnowledgeLake、Microsoft、NewSoft、Notable Solutions、Samsung Electronicsなどです。ABBYY OCRアプリケーションは、Epson、Fujitsu、Fuji Xerox、Microtek、Panasonic、Plustek、Ricoh、Toshiba、Xeroxなどの世界的な大手メーカーの機器とともにカスタマーのもとへ届けられています。ABBYYは、ロシアのモスクワにある本社に加え、ドイツ、英国、米国、カナダ、ウクライナ、キプロス、オーストラリア、日本、および台湾にオフィスを構えています。詳細については、http://www.abbyy.comをご覧ください。

ABBYY、ABBYYのロゴ、Recognition Server、FineReader、ABBYY FineReader、FlexiCapture、およびLingvoは、ABBYY Software Ltd.の登録商標または商標です。このプレスリリースに含まれるその他の製品および企業名は、各社の商標や登録商標の可能性があります。

ABBYY Demonstrates Commitment to Japanese Market by Achieving KK Company Designation

PR57239

MILPITAS, Calif., July 1, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

            -- New ABBYY Japan Co. Ltd. Eyes Growth in Core and

                       New Market Segments in Japan

ABBYY(R), a leading provider of document recognition, data capture and

linguistic technologies and professional services, today announced that it has

achieved the designation of Kabushiki Kaisha (KK) corporation in Japan. With

the recognition as a KK in Japan, ABBYY has been certified as a stock company

in the Japanese market and will begin operating under the name ABBYY Japan Co.

Ltd. in the country.

"Japan has been a key market for us since our in country office opened," said

Dean Tang, CEO of ABBYY USA. "Achieving KK status in Japan puts us in position

to further grow within the country by building healthy, long-lasting

relationships with OEM vendors and resellers alike."

ABBYY first opened its Japan office in 2006 and has worked closely with

Original Equipment Manufacturers (OEMs), Independent Software Vendors (ISVs),

resellers and end-user organizations since then to help them gain greater value

from information with innovative document recognition and data capture

technologies. With its designation as a KK company, ABBYY Japan Co. Ltd. will

look to expand within the region to address new uses cases in mobile and cloud

computing, build out its translation services and introduce new products

leveraging new linguistically-based intelligence solutions. In addition, ABBYY

Japan Co. Ltd. will also create a more focused local customer support program,

enabling Japanese companies to better benefit from their optical character

recognition (OCR), text transformation and data capture initiatives.

For more information about ABBYY's products and technologies, please visit our

website http://www.abbyy.com/.

About ABBYY

ABBYY is a leading provider of document recognition, data capture and

linguistic technologies and services. Its key products include the ABBYY

FineReader line of optical character recognition (OCR) applications, ABBYY

FlexiCapture line of data capture solutions, ABBYY Lingvo dictionary software,

and development tools. ABBYY Language Services provides comprehensive

linguistic solutions to corporate customers. Paper-intensive organizations from

all over the world use ABBYY solutions to automate time- and labour-consuming

tasks and to streamline business processes. ABBYY products are used in

large-scale government projects such as those of Australian Taxation Office,

Lithuanian Tax Inspectorate, Ministry of Education of Russia, Ministry of

Education of Ukraine, Montgomery County Government of the USA, and Government

of Canada. Companies that license ABBYY technologies include BancTec, Canon,

EMC/Captiva, Hewlett-Packard, KnowledgeLake, Microsoft, NewSoft, Notable

Solutions, Samsung Electronics and more. ABBYY OCR applications are shipped

with equipment from the world's top manufacturers such as Epson, Fujitsu, Fuji

Xerox, Microtek, Panasonic, Plustek, Ricoh, Toshiba, and Xerox. ABBYY is

headquartered in Moscow, Russia, with offices in Germany, the UK, the United

States, Canada, Ukraine, Cyprus, Australia, Japan and Taiwan. For more

information, visit www.abbyy.com.

ABBYY, the ABBYY Logo, Recognition Server, FineReader, ABBYY FineReader,

FlexiCapture, and Lingvo are either registered trademarks or trademarks of

ABBYY Software Ltd. Other product and company names mentioned herein may be

trademarks and/or registered trademarks of their respective owners and are

hereby recognized.

SOURCE:  ABBYY

CONTACT: Marshall Hampson, McGrath/Power Public Relations,

Marshallhampson@mcgrathpower.com, +1-408-727-0351, Yo Ohara, ABBYY Japan Co.

Ltd., Yo.Ohara@abbyyusa.com, [03-6717-6077]

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中