道頓堀のグリコ新電光看板 経済波及効果  日本全国で初年度約291億1,300万円

関大

2014/7/17 11:30

2014年7月17日

関西大学

■ 大学院会計研究科 宮本勝浩教授らが検証 ■

「大阪道頓堀のグリコの新電光看板」の経済波及効果

大阪府を含む日本全国で初年度約291億1,300万円

このたび、大学院会計研究科(会計専門職大学院)の宮本勝浩教授らが、2014年秋頃にリニューアル予定の「大阪道頓堀のグリコの新電光看板※」の経済波及効果について予測し、計算の結果、初年度の経済波及効果は大阪府で約125億4,900万円、全国では約291億1,300万円となりました。

1 テーマ    「大阪道頓堀のグリコの新電光看板の経済波及効果」

2 発表者   関西大学 大学院会計研究科 教授 宮本 勝浩

        大阪府立大学 客員研究員     王 秀芳

3 発表日   2014年7月17日(木)

4 内 容

[1]はじめに

[2]直接効果の項目

[3]直接効果の総計

[4]経済波及効果

[5]結論

以 上 

※参考:大阪 道頓堀のグリコネオン

http://www.ezaki-glico.net/neon/index.html

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

江崎グリコ看板(5代目)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース