◎アエロメヒコ航空が機内食を一新 エンリケ・オルヴェラが新メニュー

アエロメヒコ航空

2014/7/17 10:35

◎アエロメヒコ航空が機内食を一新  エンリケ・オルヴェラが新メニュー

AsiaNet 57346

共同 JBN 0784 (2014.7.17)

【メキシコ市2014年7月17日PRN=共同JBN】

*メキシコの著名なシェフ、エンリケ・オルヴェラが率いるColectivo Mexicano de Cocinaが考案した中・長距離便の機内食新メニューは6月から提供

*軽く、ヘルシーで高品質のメニューのコンセプトは旅行中に快適さと健康および安全性を求める乗客を想定

メキシコのグローバル航空会社、アエロメヒコ航空はClass Premier(ビジネスクラス)とエコノミークラス向けの限定機内食として、メキシコの著名なシェフ、エンリケ・オルヴェラが率いるColectivo Mexicano de Cocina(Mexican Culinary Collective)が考案した新メニューを提供する、と発表した。

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20130315/MX77534LOG

Colectivo Mexicano de Cocina は現在の料理界を代表するシェフたちで構成されている:ミケル・アロンソ(レストランBiko)、ダニエル・オバディア(Paxia)、エドガー・ヌネス(Sud 777)、エレーナ・レイハダス(Rosetta)など、今日の世界の料理界におけるメキシコを1つの地位まで引き上げたシェフ達のグループである。

アエロメヒコ航空は、そのなかでエンリケ・オルヴェラを選択した。現在、もっとも革新的でアバンギャルドなシェフの1人であり、レストラン“Pujol”の創立者でオーナー。The World's 50 Best Restaurants で20位にランクされている。「私の料理の基本的な理念は材料の1つ1つの特長をいかして研究することだ。それぞれの料理の風味を高め、完全に味わうためには、産品は新鮮で、保存料を排除し、あるいはどんな処理もされていないことが極めて重要だ。私は『空のためのメニュー』を考案することが刺激的であることに気がついた。その料理と材料は最大限の新鮮さと風味を保ちながら、私がキッチンのなかで実践している厳格な基準に沿うものになるだろう。われわれはそれをやり遂げたと確信している」と新メニューの紹介文の中でオルヴェラは述べている。

食欲を刺激するため、アエロメヒコ航空の中・長距離便Class Premierでは次のような料理が用意されている。欧州、南米、アジア、ニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴ便ではエビのガーリックソース和えにレッドキノア、フィレ・ビーフにニンジンのピコ・デ・ガヨ添え、クスクスとスナップ豆、チキンの胸肉にオレガノ・チミチュリ、ワイルドライスとストリングビーンズ、それにレタスとストリングビーン、ポテトのサラダ、である。

このメニューについて、エンリケ・オルヴェラは次のように記している。「これはメキシコの先祖から伝わる風味を探求するアプローチの1つだ。そして風土がわれわれに与えてくれた豊かさと、とてつもない多様性から生まれた料理のレパートリーの1つでもある」。オルヴェラはまた、「これは軽く、ヘルシーで、バランスの取れた、洗練されたメニューであり、旅行中に快適さ、リラクゼーション、安心を求める乗客を念頭においてコンセプトをまとめた」と述べている。

同時に、アエロメヒコ航空は新しいディナーサービスも導入した。全ての食器類を最新のデザインに一新、旅行体験を高める付加価値を提供する。

ビジネスクラスとエコノミークラスの機内サービスの品質を維持する伝統を保持しながら、アエロメヒコ航空は美味でオリジナルの創作を楽しむ顧客の為に卓越したサービスを提供する努力を続けている。

▽アエロメヒコ航空(Grupo Aeromexico, S.A.B. de C.V.)について

Grupo Aeromexico, S.A.B. de C.V.は、メキシコで商用航空事業やマイレージサービス事業を行う子会社を傘下に置く持ち株会社である。アエロメヒコはメキシコ最大の航空会社であり、主要ハブ空港であるメキシコシティ国際空港の第2ターミナルから毎日600便以上を運行する。その目的地はメキシコ国内44都市、米国16都市、中南米13都市、欧州3都市、アジア2都市、カナダ1都市を含め、3大陸の79都市に運航している。

グループが運用する航空機は115機のボーイング787、777、767、737ジェット旅客機および最新世代のエンブラエル145、170、175、190である。アエロメヒコは2012年に、ボーイングから90機の737 MAXジェット、10機の787-9ドリームライナーの合計100機を購入するという意向を示して、メキシコ航空史上で最大規模の投資戦略を発表した。

アエロメヒコ航空は航空連合スカイチーム(SkyTeam)の創設メンバーとして、加盟20航空会社が就航する178カ国、1000都市余りにサービス網を広げ、乗客は世界564カ所の空港プレミアムラウンジを利用できるなどの特典がある。デルタ航空、アラスカ航空、アビアンカ航空、ラン航空、TACA航空、TAM航空とはコードシェアで提携し、米国、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、ペルーなどの国々へは幅広いネットワークがある。詳細はwww.aeromexico.com、www.skyteam.comを参照。

ソース:Aeromexico

Aeromexico introduces its new onboard menu designed by Enrique Olvera

PR57346

MEXICO CITY, July 17, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    -- The airline's new menu designed by the Colectivo Mexicano de Cocina, led

by Chef Enrique Olvera, will be available starting in June on medium- and

long-range flights.

    -- It is a light, healthy fare and high quality menu, conceived for

passengers who seek comfort and a sense of wellbeing when they travel.

    Aeromexico, Mexico's global airline, has announced its new onboard menu for

its exclusive service in Clase Premier - the carrier First Class - and Coach,

designed by the Colectivo Mexicano de Cocina [Mexican Culinary Collective] led

by Chef Enrique Olvera.

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20130315/MX77534LOGO

    The Colectivo Mexicano de Cocina is made up of chefs who are most

representative of the current culinary scene, such as: Mikel Alonso of Biko

restaurant, Daniel Ovadia of Paxia, Edgar Nunez of Sud 777, Elena Reygadas of

Rosetta, among other chefs who have earned a place for Mexico among the highest

levels of contemporary world cuisine.

    Aeromexico chose Enrique Olvera, currently one of the most innovative and

avant-garde chefs, founder and owner of the restaurant Pujol, which now holds

20th place among the top 50, according to The World's 50 Best Restaurants.

    "One of the essential aspects of my cooking is to conserve and explore the

features of each ingredient. To enhance and fully realize the flavors of each

dish, it is vital for the product to be very fresh, with no preservatives or

processing of any kind. I found it most stimulating to design a "menu for the

skies," whose dishes and ingredients would live up to the strict standards I

employ in my kitchen, conserving maximum freshness and flavor. And I do believe

we've done it," noted Olvera in his introduction to this new menu.

    To whet the appetite, some of the dishes that Aeromexico will be offering

in Clase Premier on its medium- and long-range routes such as flights to

Europe, South America, Asia, New York, San Francisco and Chicago, are: shrimp

in garlic with red quinoa; filet of beef with carrot pico de gallo, couscous

and snap-peas; breast of chicken with oregano chimichurri, wild rice and string

beans; and lettuce, string bean and potato salad.

    Of this menu, Enrique Olvera noted that "this is an approach that

investigates the ancestral flavors of Mexico, and a culinary repertoire born of

the exuberance and tremendous diversity that geography has given us." He also

underscored that "this is a light, healthy, balanced and exquisite menu,

conceived for passengers who seek comfort, relaxation and a sense of wellbeing

when they travel."

    At the same time, Aeromexico is inaugurating its new dinner service, with a

new look and design for all the utensils, offering added value to enhance the

travel experience.

    Consistent with its tradition of quality onboard service in Clase Premier

and Coach, Aeromexico is continuing in its endeavor to provide outstanding

service for its customers who will be savoring these delicious and original

creations.

    About Grupo Aeromexico

    Grupo Aeromexico, S.A.B. de C.V. is a holding company whose subsidiaries

are engaged in commercial aviation in Mexico and the promotion of passenger

loyalty programs. Aeromexico, the largest airline in Mexico, operates more than

600 daily flights and its main hub is in Terminal 2 at the Mexico City

International Airport. Its destinations network features 79 cities on three

continents, including 44 destinations in Mexico, 16 in the United States, 13 in

Latin America, three in Europe, two in Asia and one in Canada.

    The Group's fleet of more than 115 aircraft is comprised of Boeing 787,

777, 767 and 737 jet airliners and next generation Embraer 145, 170, 175 and

190 models. In 2012, the airline announced the most significant investment

strategy in aviation history in Mexico, to purchase 100 Boeing aircraft

including 90 MAX B737 jet airliners and 10 B787-9 Dreamliners.

    As a founding member of the SkyTeam airline alliance, Aeromexico offers

customers 1,000 destinations in 178 countries served by the 20 SkyTeam airline

partners rewarding passengers with benefits including access to 564 premium

airport lounges around the world. Aeromexico also offers travel on its

codeshare partner flights with Delta Air Lines, Alaska Airlines, Avianca, LAN,

TACA and TAM with extensive connectivity in countries like the United States,

Brazil, Canada, Chile, Colombia and Peru. www.aeromexico.com www.skyteam.com

    SOURCE: Aeromexico

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中