◎クァンタム マテリアルズ社、社外取締役と化学技術推進取締役会新設を発表

クァンタム マテリアルズ社

2014/7/23 13:10

AsiaNet 57417

【編註】クライアントから提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNは編集していません。

クァンタム マテリアルズ社、社外取締役と化学技術推進取締役会新設を発表

サンマルコス市(テキサス州),平成26年7月23日: - クァンタム マテリアルズ社 (OTCQB: QTMM、以下QMC社)はレイ・マーチン氏とジョン・ヒートン氏の2名を新たに社外取締役として任命したと発表した。またQMC社では同社チーフ・サイエンス・オフィサー兼取締役のガッサン・ジャバー教授が首席を務めライス大学のマイケル・ウォング教授並びに日本でパーソナル・コンピュータの先駆者として知られる後藤富雄氏を加えた化学技術推進取締役の任命も併せて発表した。

写真 - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140722/129165  

ロゴ - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140619/119488

クァンタム マテリアルズ社会長兼CEOのスティーブ・スクアイヤは、「今回迎えた外部取締役のレイ・マーチン氏とジョン・ヒートン氏は我社にとって新市場の構築に欠かすことのできない両氏がこれまで培ってきた専門的知識と豊富な経験をもたらしてくれるものと確信する。両氏とも半導体、バッテリー、ソリッド・ステート・ライティング分野においてその卓越したリーダーシップを発揮した経営者として知られるが、持続可能性とエネルギー効率化において彼らが専念してきた成果を共有してくれることだろう。」、と述べている。

レイ・マーチン氏は高効率LEDドライバーの開発会社アドバンスド・ライティング・テクノロジー社(本社:カリフォルニア州フリーモント市)のCEO職のほかサステナビリティを将来のビジョンとして掲げる非営利団体のサステナブル・シリコンバレーの共同会長職も兼務している。マーチン氏はソリッド・ステート・ライティング分野と半導体業界における市場動向や業界全体に精通した幅広い知識を持つ人物である。

一方のジョン・ヒートン氏は半導体機器産業においてナスダック上場企業ナノメトリックス社での10年に渡るCEO職を含めた29年の業界経験を持つが、現職はナノ合成品の表面加工と凝着技術企業であるアドヴェニラ社の上席副社長である。ヒートン氏は半導体やナノ・テクノロジー分野における経営全般や製品開発に精通するだけでなく上場経験や取締役職への豊富な経験をも併せ持つ人物である。

QMC社CEOスティーブ・スクアイヤはまた、「化学技術推進取締役会を新設した目的は我々の分野における最高の科学者を招へいし新規研究分野の模索、戦略策定及び既存研究テーマの評価に一層拍車をかけることにある。最先端科学技術研究に特化した共同研究などの機会創出を手助けしてくれるとものと期待する。弊社が導入した量子ドット自動化生成を今後拡大させていくフェーズにおいて材料分野、プロセス分野、製品分野において著名な真の先駆的発明者である3名を迎え入れることで今回の化学技術推進取締役会を創設できた事を誇りに感ずる。」、と付け加えている。

SPIE及びEOSのフェローであるガッサン・ジャバー教授は今回の化学技術推進取締役会の首席を勤めるが、QMC社のチーフ・サイエンス・オフィサー兼取締役としても活躍する。ジャバー教授はネバダ州立リノ大学の再生エネルギーセンターのディレクターを務める傍ら、同センターが監守する独自のリサーチ・グループを率いて太陽電池、バイオ燃料、ジオサーマル、蓄電池、ソリッド・ステート・ライティング、ディスプレイ及び低コスト化エネルギー・デバイスを含む広範囲スぺクトル対応再生エネルギー兼高効率化エネルギー技術の研究に従事している。またジャバー教授はQMC社が量子ドット印刷型技術のベースとして独占ライセンスしているナノ粒子印刷における基本特許などを含む多くの特許を持つ発明家でもある。

また今回QMC社は後藤富雄氏を化学技術推進取締役として迎え入れた。日本で多岐に渡る先進技術開発へのコンサルティング業務に従事する後藤氏は1976年に開発された日本で最初のマイクロコンピュータとして知られるNEC TK-80の発明者であるが、その後NECで多くの製品開発プロジェクトを率いて日本電気(NEC)をパーソナル・コンピュータ分野の日系トップ企業へと成長させた功労者でもある。NEC時代を通じてビジョンを持った先駆者の一人として同業界の同朋、ビル・ゲイツ氏、ゲイリー・キルデール氏、西 和彦氏ほか多くの伝説的な発明家たちとパーソナル・コンピュータ時代の黎明期に大きく貢献した人物である。

さらに化学技術推進取締役としてテキサス州ヒューストンのライス大学化学及びバイオ粒子エンジニアリング学部教授のマイケル・ウォング教授をも迎えているが、ウォング教授は同学部のカタリスト兼ナノマテリアル研究を率いておりQMC社とその子会社のソルテラ・リニューアブル・テクノロジーズ社が世界独占ライセンスしているテトラポッド型量子ドットの生成特許の発明者である。ウォング教授が注力する研究分野としてはナノ構造を持った材料、異質系触媒、バイオエンジニアリング・アプリケーションなどやナノ粒子を機能的マクロ構造内に組み合わせる事を促進する新種の化学アプリケーション開発が挙げられる。

クァンタム マテリアルズ社に関して

クァンタム マテリアルズ社は自動生成プロセスによりメディカル、ディスプレイ、太陽電池、照明などのアプリケーション向けに使用されるテトラポッド型量子ドットの製造を行っている。テトラポッド型量子ドット半導体はコンシューマ製品及び産業用製品において飛躍的な性能向上を技術的に可能にできる材料である。クァンタム マテリアルズ社の量産生成技術は低コストで高品質、高信頼性の量子ドット製品を量産可能にすることで革新的技術の発見から商業生産体制確立への実現を支援していく。(http://www.qmcdots.com)

1995年私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項への対応

このプレス・リリースは弊社の事業、製品、財務状況に関してリスクまたは不確定要素を含んでおり、将来予想に関する記述内容と実際に生じる結果とは異なる可能性がある。弊社の事業、製品、財務状況に関わる潜在的リスク要因に関する情報は証券取引委員会("SEC")に申告された弊社の年次報告書や付随して提出された資料に記載されている。全ての資料は証券取引委員会の電子開示システム(EDGAR) http://www.sec.gov/或いはwww.QMCdots.comで閲覧することが可能である。弊社は将来予想に関する記述を含む上記の記載内容を以降のイベントや状況に反映させるための公的な更新に関して如何なる義務も負わない。

お問い合わせ:

安藤利徳

クァンタム マテリアルズ社

アジア担当ディレクター

toshi@qmcdots.com

国番号(1)510-300-4021

メディア:

Rich Schineller (リッチ・シュネラー)

rich@prmgt.com

国番号(1)941-780-8100

情報元:  Quantum Materials Corp.

Quantum Materials Announces New Outside Directors and Adds Scientific Advisory Board

PR57417

SAN MARCOS, Texas, July 23, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

Quantum Materials Corporation (OTCQB:QTMM) (QMC) announced today the addition

of Mr. Ray Martin and Mr. John Heaton to the Board of Directors. QMC also

announced formation of a Scientific Advisory Board chaired by Dr. Ghassan

Jabbour, QMC Chief Science Officer and Board of Directors Member, along with

Scientific Advisory Board members Dr. Michael Wong of Rice University and Mr.

Tomio Gotoh, a pioneer of the Personal Computer in Japan.

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140722/129165

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140619/119488

"Quantum Materials (http://www.qmcdots.com) welcomes two new outside Board

members, Mr. Ray Martin and Mr. John Heaton who bring QMC the requisite

expertise and experience in their fields to help us build new markets. They are

renowned for their leadership in semiconductors, batteries and solid state

lighting and share with us a dedication to sustainability and energy

efficiency," said Stephen Squires, QMC Founder and President.

Mr. Ray Martin is currently CEO of Advanced Lighting Technologies, Fremont,

Ca., maker of high efficiency LED drivers and Co-Chairman of Sustainable

Silicon Valley, a non-profit with a vision for a sustainable future. Mr. Martin

brings extensive knowledge of the solid-state lighting and semiconductor

industries with exceptional insight into markets, trends and industries.

Mr. John Heaton spent 29 years in the semiconductor equipment industry, with 10

years as CEO of NASDAQ traded Nanometrics. He is currently Executive Vice

President at Advenira, a nanocomposites coatings and deposition technology

company. Mr. Heaton has broad management, product development, public company

and board experience within the semiconductor and nanotechnology fields.

Mr. Squires added, "The purpose of the QMC Scientific Advisory Board is to add

leading scientists in their fields to assist the company in defining new

research areas and strategies and evaluating ongoing scientific activities.

They will aid in establishing collaboration opportunities focusing on advancing

scientific research. As QMC expands our initial automated quantum dot

production phase we are honored to begin our Scientific Advisory Board with

three distinguished and true pioneer inventors in materials, process and

products."

Dr. Ghassan Jabbour, a Fellow SPIE and Fellow EOS, chairs the Quantum Materials

Science Advisory Board and serves on the Board of Directors and is also Chief

Science Officer. Dr. Jabbour is the Director of Renewable Energy Center at

University of Nevada, Reno and in addition to leading his own research groups

has directed research centers that address a wide spectrum of renewable energy

and energy efficiency including solar, bio-fuels, geothermal, energy storage,

solid-state lighting and displays, and low cost manufacturing of energy

devices. He is the inventor of numerous patents, including a fundamental patent

on printing nanoparticles that is exclusively licensed by QMC as a basis for

its quantum dot printing technologies.

Quantum Materials is honored to welcome Mr. Tomio Gotoh as a member of the QMC

Scientific Advisory Board. Now a consultant for diverse advanced technologies

in Japan, Mr. Gotoh is a principal inventor of the NEC TK-80, the first

Japanese microcomputer in 1976. He led numerous product launches that made

Nippon Electric Company (NEC) the Japanese personal computer industry leader.

As NEC's visionary pioneer, Mr. Gotoh contributed significantly during the dawn

of the Personal Computer era with his industry colleagues Bill Gates, Gary

Kildall, Kay Nishi and other legendary inventors.

Strategic Advisory Board Member Dr. Michael S. Wong, Professor of Chemical and

Biomolecular Engineering and Chemistry at Rice University, Houston, TX., heads

the Catalysis and Nanomaterials Laboratory and is the inventor of the patented

synthesis for tetrapod quantum dots licensed exclusively worldwide by QMC and

subsidiary Solterra Renewable Technologies. His research interests lie in the

areas of nanostructured materials, heterogeneous catalysis, bioengineering

applications, and developing new approaches to assembling nanoparticles into

functional macrostructures.

About Quantum Materials Corp.

QMC develops and manufactures Tetrapod Quantum Dots for use in medical,

display, solar energy and lighting applications through its patent pending

volume production process. Quantum dot semiconductors enable a new level of

engineered performance in a wide array of established consumer and industrial

products. QMC's volume manufacturing methods enable consistent QD quality and

scalable cost reductions to drive innovative discovery to commercial success.

(http://www.qmcdots.com)

Safe Harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of

1995

This press release contains forward-looking statements that involve risks and

uncertainties concerning business, products, and financial results. Actual

results may differ materially from the results predicted. More information

about potential risk factors that could affect our business, products, and

financial results are included in our annual report and in reports subsequently

filed with the Securities and Exchange Commission ("SEC"). All documents are

available through the SEC's EDGAR System at (http://www.sec.gov/) or Here. We

hereby disclaim any obligation to publicly update the information provided

above, including forward-looking statements, to reflect subsequent events or

circumstances.

Contact:

Art Lamstein

Director of Marketing

Quantum Materials Corp.

+1.415.609.4969

artlamstein@QMCdots.com

Media:

Rich Schineller

+1.941.780.8100

rich@prmgt.com

SOURCE Quantum Materials Corp.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中