『 デロンギ スフォルナトゥット コンベクションオーブン 』8月1日(金)新発売

デロンギ

2014/8/1 18:15

2014年8月1日

デロンギ・ジャパン株式会社

~「つくる楽しさ」が広がるデロンギ・キッチン ~

ケーキもお料理も満足できる仕上がりのファミリーサイズのコンベクションオーブン

『 デロンギ スフォルナトゥット コンベクションオーブン 』

8月1日(金)新発売

 デロンギ・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:杉本敦男)は、いつもの料理をぐんと楽しくする「つくる楽しさ」を届けるデロンギ・キッチンシリーズより、コンベクションオーブンの中型モデル「デロンギ スフォルナトゥット コンベクションオーブン」を、2014年8月1日(金)より発売します。12.5リットルの大きな庫内のファミリーサイズのコンベクションオーブンです。

■ 日々の調理に大活躍、コンベクションオーブンで食卓が豊かに!

 やわらかい熱を対流させながら、食材を包み込むようにじっくり焼き上げるコンベクション(熱風対流式)オーブン。 新機種は12.5Lのファミリーサイズオーブンだから、朝のトーストからお子さまが喜ぶ手作りケーキやピザ、家族が好きなお肉料理、ローストビーフなどのかたまり肉の調理まで幅広いメニューに対応します。遠赤外線効果で食材の表面をじっくり焼くからうま味を逃がさず、栄養成分の流出も少ないので、フライパンや鍋で調理した時よりも、うま味成分がアップ*して、より美味しく仕上がります。(*添付の「参考資料」内検証データ参照)

■シンプルで「超」簡単な操作性、しかもおいしくて健康! 

 デロンギ スフォルナトゥット コンベクションオーブンは温度・時間・機能をセットすれば、あとはオーブンにおまかせ。複雑な設定いらずの、誰もが使えるダイヤル式です。予熱時間も短かく、すぐに調理に入れます。専用のオイルプレートを使って調理すると、お肉から流れ出る余分な油を取り除いてくれるので、揚げ物風メニューもとってもヘルシーな仕上がり。デロンギ・キッチンで食卓を豊かに、毎日の家族の笑顔と健康を応援します。

<デロンギのコンベクションオーブンだから出来る油カット+うま味アップ*>

熱風で食材を包みこむように加熱することで表面をやさしく焼き、中の水分を保ったまま加熱。余分な油を落とし美味しく仕上がる。

(*揚物鍋対コンベクションオーブン【EO12562J】約90%油Cut! 添付の「参考資料」内検証データ参照)

【製品情報】

製品名:デロンギ スフォルナトゥット  コンベクションオーブン

型 番:EO12562J

カラー:ホワイト/ブラック

希望小売価格:36,000円(税抜)

製品情報ページ:http://www.delonghi.co.jp/products/detail/id/414

【用途やスペースで選べる、デロンギのコンベクションオーブンラインアップ】

コンパクトなオーブントースターサイズからかたまり肉がまるごと焼ける大容量サイズまで。キッチンのスペースや用途で選べる、高火力が自慢の本格コンベクションオーブンです。

●デロンギ ミニコンベクションオーブン

コンパクトな8.5Lパン屋さんの本格オーブン。1400Wの高火力。

●デロンギ スフォルナトゥット コンベクションオーブン

使い勝手に優れた14Lサイズ。赤いつまみがトレードマーク。

●デロンギ スフォルナトゥット・パングルメ コンベクションオーブン

メインディッシュもパンもこれ一台。20Lのリストランテの本格オーブン。

製品の詳しい仕様、検証データは添付の「製品情報」「参考資料」をご覧ください。

<本リリースに関するお問い合わせ先>

デロンギ・ジャパン株式会社 マーケティング部 広報担当

Tel: 03-6860-5540  Fax:03-6860-5546

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

デロンギ スフォルナトゥット コンベクションオーブン (EO12562J )

デロンギ ミニコンベクションオーブン

デロンギ スフォルナトゥット コンベクションオーブン

デロンギ スフォルナトゥット・パングルメ コンベクションオーブン

リリース内の図

庫内イメージ

参考資料内のグラフ(脱油効果)

参考資料内のグラフ(うま味アップ・海老フライ)

参考資料内のグラフ(うま味アップ・トマト)

参考資料内のグラフ(うま味アップ・しいたけ)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中