◎Bond No. 9の新製品は民族的に多様なクイーンズ区がテーマ 9月18日発売

Bond No. 9

2014/8/21 09:53

◎Bond No. 9の新製品は民族的に多様なクイーンズ区がテーマ 9月18日発売

AsiaNet 57593
共同JBN 0880 (2014.8.20)

【ニューヨーク2014年8月20日PRN=共同JBN】
*クイーンズ区といえば、地上で最も民族的に多様な場所。われわれの最新のオードパルファム、Bond No. 9 Queensは包括的で男性と女性、国王と女王、最先端の人物、派手な人、きちんとした人いずれもが身に着けられる

ニューヨーク中心のBond No. 9は11年目にして、35カ国で発売されるグローバルブランドになった。したがって、われわれはこの地で最新オードパルファムを追求するにあたり、世界で最も民族的に多様な市街地、クイーンズを選定した。Bond No. 9 Queensはクイーンズ区と同様、その場にふさわしい画期的でチュベローズ(月下香)豊かな包括的オードパルファムである。甘ったるいものではなく、むしろ幅広い層、男性と女性、国王と女王、派手好きと控えめな人物にアピールする。

このリリースに関するマルチメディア資料は以下を参照。
http://www.multivu.com/players/English/7297451-Bond-No-9-Queens-most-ethnically-diverse-place-on-earth/

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140820/137708  

われわれは並ぶもののない大都市ニューヨークの各地区の“香りマッピング”を作成、新世界の香料メーカーとしての評価を構築してきた。それはアイコニック地区マンハッタンに始まり、徐々に海岸の飛び地ハンプトンズ周辺に広げ、かっこいいブルックリンに入り込んだ。われわれは発売11年目に入り、堂々と自分たちのものと呼んでいるマンハッタン以外にあるもうひとつの地区を選んだ。クイーンズは間違いなくすべの地区の中で、最も多岐にわたり説明が難しく、謎めいている。クイーンズの名は詰まるところ、イングランド、スコットランド、アイルランドを支配した17世紀ポルトガルの王女キャサリン・オブ・ブラカンザ(http://en.wikipedia.org/wiki/Catherine_of_Braganza )に由来する。王女や同名の陸塊には関わらない方がいい。クイーンズ区は愛想がいいという定評があるが、マーティン・スコセッシ、ジョン・マッケンロー、ルイ・アームストロング、クリストファー・ウォーケンの地元である。そのうえ、ことしはニューヨーク万博50周年でもある。

多くのディフュージョンを盛り込んで考案された香料Queensは、柑橘系ベルガモット、魅惑的なブラックベリー、記憶に残るカルダモンのトップノートをあしらった思いもよらない同時代のコンテクストに主原料のチュベローズを据えている。爆発的で多汁性のチュベローズの香りが出てくると、まろやかなチャンパカ(金香木)と茶のようなモクセイに抑制され、確かなベースノート-サンダルウッド、ジャコウ、琥珀、ベイゾイン樹脂-に支えられる。

Queensのボトルは、前面の金箔に万博のアイコニックなジオデシックドームを表す渦、背面に尾が長いシンプルなQの文字が刻まれている。背景色はすべてを含み性別を問わないロイヤルパープルである。これ以上ふさわしいものはない。

▽Bond No. 9ニューヨークについて
Bond No. 9は発売11年にしてダウンタウンで最先端のフレグランスになり、リバーサイドドライブからチャイナタウン、コニーアイランドに至るニューヨークの地区、街路の香りを喚起する職人技にコミットしている。Bond No. 9には2つの使命がある。香水の芸術性を復活させ、ニューヨーク各地にそれ自体の香りを付けることである。それぞれのフレグランスはダウンタウン、ミッドタウン、アップタウンの特定の地点、あるいは全市の感覚を代表している。

Queensは9月18日に発売。価格は100ml瓶が270ドル、50ml瓶が195ドル、candleが105ドル、body silkが110ドル。

ソース:Bond No. 9

▽問い合わせ先
Bond No. 9 Public Relations
Emily Parr
+1-646-284-9015
Emily@Poke-PR.com

Jennifer Fisherman Ruff
+1-646-370-5968
jennifer@jenniferfishermanruff.com
lisa@bondno9.com


Bond No. 9: Queens, the most ethnically diverse place on earth

PR57593

NEW YORK, Aug. 20, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    -- The borough of Queens? It's the most ethnically diverse place on earth.
          Our latest eau de parfum, Bond No. 9 Queens, is all-inclusive
          too--wearable by males and females, kings and queens, the edgy,
                     the flamboyant, and the buttoned-up too.

   Now in our 11th year, New York-centric Bond No. 9 has become a global brand,
sold in 35 countries. So when it came to honing in on a locale for our latest
eau de parfum, we chose Queens―the world's most global and ethnically diverse
urban area. Like the borough, the scent of Bond No. 9 Queens is appropriately
inclusive―a breakthrough tuberose-rich eau de parfum that isn't sugary or
sweet, but rather will appeal to a broad base―male and female, king and queen,
flamboyant and restrained.

   To view the multimedia assets associated with this release, please click:
http://www.multivu.com/players/English/7297451-Bond-No-9-Queens-most-ethnically-diverse-place-on-earth/


   Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140820/137708   

   We've built our reputation as a New World perfumer scent-mapping the
neighborhoods of our incomparably great city, starting with the iconic
neighborhoods of Manhattan, gradually expanding to seaside enclaves in and
around the Hamptons, and making inroads in Brooklyn, land of the hip and cool.
Now entering our 11th year, there's another outer borough we're proudly calling
our own―and this one arguably is the most eclectic, indefinable, and possibly
inscrutable of all. It was named for the 17th century Portuguese princess
Catherine of Braganza (http://en.wikipedia.org/wiki/Catherine_of_Braganza),
ruler of England, Scotland, and Ireland. You don't mess with her or her
namesake landmass. Yes, the borough has a reputation for affability, but it's
also Martin Scorsese, John McEnroe, Louis Armstrong, Christopher Walken's turf.
What's more, this year marks the 50th anniversary of the New York World's Fair.

   Queens, the scent, designed with plenty of diffusion, places its key
ingredient, tuberose, in an unexpected contemporary context, preceding it with
citrussy bergamot, come-hither blackberry, and haunting cardamom topnotes. And
then when explosive and succulent tuberose does appear, it's tempered by
velvety champaca and tea-like osmanthus, and sustained by reliable base
notes―sandalwood, musk, amber, and benzoin resin.

   As for the Queens bottle: Etched in gold leaf on the front is a whirling
rendering of the World's Fair's iconic geodesic dome; and on the back, a simple
long-tailed Q. The background color? All-inclusive, multi-gendered royal
purple, appropriately enough.

   Bond No. 9 New York: In business for eleven years, Bond No. 9 is an edgy
downtown perfumery, committed to designing artisanal scented evocations of the
neighborhoods and streets of New York―from Riverside Drive to Chinatown to
Coney Island. Bond No. 9 has a dual mission: To restore artistry to perfumery,
and to mark every New York neighborhood with a scent of its own. Each fragrance
represents a specific downtown, midtown, or uptown locale or a city-wide
sensibility.

   Queens arrives on-counter September 18, 2014 Price: 100ml, $270; 50ml, $195;
candle, $105; body silk, $110

   SOURCE:  Bond No. 9

   CONTACT: Bond No. 9 Public Relations, Emily Parr, +1-646-284-9015,   
   Emily@Poke-PR.com , Jennifer Fisherman Ruff, +1-646-370-5968,
   jennifer@jenniferfishermanruff.com, lisa@bondno9.com  


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中