◎クロイドンの地元ボランティアが新薬開発に重要な役割を果たす

リッチモンド・ファーマコロジー

2014/9/8 10:37

AsiaNet 57789

【編註】クライアントから提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNは編集していません。

クロイドンの地元ボランティアが新薬開発に重要な役割を果たす

ロンドン、2014年8月8日/PRニュースワイヤー /--

リッチモンド・ファーマコロジー(Richmond Pharmacology)は先日、クロイドンとその周辺地域から同社の治験に参加したボランティアを対象に独自に調査を行い、217人が回答しました。

(ロゴ: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140820/700275-a )

(写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140820/700275-b )

その中で90%が再度リッチモンドで治験を受けたいと答え、多くのボランティアが参加した事に意義があると答えました。これらの理由として、治験に参加することによって自身の健康状態を知ることができる事、そして参加する事を楽しんでいる事などが挙げられました。

あるボランティアは、同社で働く約100名のスタッフについて

「チーム全体の士気が高く、患者やボランティアが治験に参加する事に抵抗がありませんでした」と回答しています。

世界的にも認知されたリッチモンド・ファーマコロジーの臨床研究施設は、2005年の設立当初からクロイドン大学病院を拠点としています。回答者の60%以上が、リッチモンド・ファーマコロジーのような臨床研究機関があることは、病院と地元地域両方にとって有益だとも感じていました。そして現在多くのボランティアが、癌、肺疾患、糖尿病などの最も命に関わる疾患に対する新薬の開発に協力しています。

リッチモンド・ファーマコロジーの創設者でありCEOのJorg Taubel博士はこの結果に対し次の様に述べております。

「このような結果に喜んでいます。健康なボランティアおよび患者が、私達の研究の中心的役割を担っており、これほど多くの人達が、より良く、需要の高い新薬の開発に対して継続して貢献することを望んでいることを嬉しく思います。」

「8年間クロイドンの人達と密接に連携してきました。これらのボランティアが、クロイドン地区の主要病院への私たちの貢献と、地元地域の再建に向けての私達の役割を認めてくれていることを誇りに思います。」

情報源:リッチモンド・ファーマコロジー

お問合せ先:

サム・ヴェルハムット(Sam Welgemoed)

マーケティング部長

リッチモンド・ファーマコロジー

セント・ジョージズ大学(ロンドン大学)

Cranmer Terrace, Tooting

London SW17 0RE

電話:  +44-(0)20-8664-5200

ファクス: +44-(0)20-8664-5201

電子メール: s.welgemoed@richmondpharmacology.com

Local Volunteers Play Valuable Role in Developing New Medicines in Croydon

PR57789

LONDON, Sep. 8, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    Richmond Pharmacology is proud to announce that its clinical trial

volunteers recognise the value of the research they contribute to. The results

come from recent internal polling conducted by the organisation.

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140820/700275-a )

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140820/700275-b )

    The poll of 217 local volunteers, drawn from Croydon and surrounding areas,

showed that over 90% were happy to continue their relationship with Richmond.

Volunteers currently help to develop new medicines for some of the biggest

killers, including cancer, lung disease and diabetes.

    Among reasons given for their involvement, nearly a quarter of volunteers

said that they had benefitted from either learning more about their medical

status or enjoying the experience of the study.

    Staff members were also singled out for praise. One respondent praised the

some 100 local staff that work at Richmond, saying there was "great team morale

and the patients don't feel strange to be in a hospital and do the clinical

trial."

    Richmond's globally recognised clinical research facility has been based at

Croydon University Hospital since 2005. Over 60% of respondents also felt that

having a clinical research organisation like Richmond was beneficial to both

the hospital and the local area.

    Dr Jorg Taubel, founder and CEO of Richmond Pharmacology said "I'm

delighted by these results. Healthy volunteers and patients are the heart of

what we do and I'm glad that so many want to continue contributing to the

development of better and much needed novel medicines."

    "We have been working closely with the people of Croydon for eight years

and I'm proud that these volunteers recognize our contribution to Croydon's

main hospital and the contribution we make towards the regeneration of the

local area."  

    Contact:

    k.berelowitz@richmondpharmacology.com

    Sam Welgemoed

    e) info@richmondpharmacology.com

    t) +44(0)208-664-5200

    SOURCE: Richmond Pharmacology

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中