ADVANCE-ON試験後観察研究の血圧、血糖値部門の結果

The George Institute for Global Health

2014/9/22 16:50

ADVANCE-ON試験後観察研究の血圧、血糖値部門の結果

AsiaNet 57955 (1020)

【オーストリア2014年9月19日PRN=共同通信JBN】

*強化血糖値管理がもたらした腎不全の減少は2型糖尿病患者では長年継続する

*強化治療は腎臓に大きな長期的恩恵をもたらす可能性が高い

オーストラリアの研究者たちは2型糖尿病患者に対する強化血糖値管理が通常療法に戻ってから長い年月がたった後でも腎不全の継続的な減少につながることを発見した。

世界的な研究の結果、グリクラジドMRを基本とする強化血糖値低下療法を終えてから5年半後でも2型糖尿病患者は透析や移植を必要とする腎不全のリスクが引き続きはるかに低く、死亡や心臓血管疾患のリスクの増加または減少を経験しなかったことが判明した。

ADVANCE-ONという名称のこの研究はジョージ国際保健研究所(The George Institute for Global Health)が主導し、20カ国で行われた。2001年にスタートしたADVANCE試験に参加した1万1000人以上の患者のうち8500人について追跡調査した。グリクラシドMRを基本とする強化薬剤療法で血糖値が低下した患者は通常療法に戻ってから年月がたっても腎不全のリスクが減少していることがわかった。これらの患者は2008年に通常療法に戻っていた。

研究のディレクターで第1著者であるジョージ国際保健研究所のソフィア・ゾウンガス准教授はウィーンでの欧州糖尿病学会で次のように語っている。「研究結果は2型糖尿病患者の腎臓保護のためには積極的で効果的な血糖値管理が重要であることを強く示している」

「このより厳しい血糖値低下療法を使えば、心臓の安全に危険を及ぼさずに腎臓保護の面でかなりの恩恵を得ることができる」

「強化療法は腎臓に対して大きな長期的恩恵をつくり出したようである」

主任研究員のジョン・チャルマーズ教授は「この研究は糖尿病患者に向けてADVANCE-ON研究の別の新たな所見についての意味のある情報を付け加えるものである」と述べている。

ADVANCE-ONの血圧部門からの別の新たな所見がこれより2週間前にバルセロナでの欧州心臓病学会で報告され、ウィーンの欧州糖尿病学会でもチャルマーズ教授からあらためて報告された。

チャルマーズ教授は「血圧研究はすべての原因による死、心臓事象による死に持続的だが次第に低減する効果があることを示したが、ペリンドプリルとインダパミドを使う積極的な血圧管理は短期的にも長期的にも維持すべきだという明白な勧告付きである」と語っている。

糖尿病患者は世界で3億8200万人と推定されている。このうち約90%は2型糖尿病で、糖尿病は腎臓病の主因である。

糖尿病は心臓疾患、失明、腎不全、下肢切断、脳卒中の原因となり、死因のトップ10の1つである。注目すべきなのは、これらの重症の合併症のなかで末期の腎不全が過去20年間にわたり最低の改善を示していることである。

ADVANCEはオーストラリアの国立保健医療研究審議会(NHMRC)、英国心臓財団、英国糖尿病協会、Servierから資金提供を受けた。

▽ジョージ国際保健研究所(George Institute for Global Health)について

ジョージ国際保健研究所は革新的な健康研究を通じて世界の何100万人ものひとびとの生活を改善している。同研究所は幅広い保健分野で活動しており、世界の健康慣習、政策を変えることを目指して臨床、住民、保健システム研究を行っている。同研究所は世界の死、障害の主な原因に対処するためにともに働いている医療、保健専門家の世界的なネットワークを持っている。オーストラリアで設立され、シドニー大学と系列関係にある同研究所は現在、中国、インド、英国に事務所を持ち、北京大学健康科学センター、ハイデラバード大学、オックスフォード大学とも系列関係にある。

ジョージ研究所は実行に移しやすく、短期間で保健政策、実践に現実の変化を及ぼす結果を生み出す臨床、公衆衛生研究を優先している。同研究所は過去数年間の影響力でトップ10の世界的研究所の1つにランクされており、その研究は世界で最も一般的な医療のいくつかについて医療ガイドラインや考え方の変更という結果をもたらしている。その例には脳卒中の新しい治療法の開発、血圧の低下が糖尿病患者の心臓血管疾患のリスクを減少させることを示したこと、強化療法中の患者に対するより安全な液体という選択肢の提供が含まれている。保健ケアを提供するよりより方法の開発が同研究所の優先事項である。

▽メディア問い合わせ先

Ellie Martel, Media Advisor Australia

The George Institute for Global Health

P:  +61-410-411-983

E: emartel@georgeinstitute.org.au

ソース:The George Institute for Global Health

ADVANCE-ON Post-trial Observational Study: Blood Pressure Arm and Glucose Arm Results

PR57955

AUSTRIA, Sept. 19/ PRN=KYODO JBN/ --

- Reductions in kidney failure obtained during intensive glucose control

persist for many years in people with diabetes type 2

- "Intensive treatment is likely to produce major long term benefits for the

kidneys."

Australian researchers have discovered that intensive glucose control in

patients with type 2 diabetes leads to persistent reductions in kidney failure

many years after return to usual care.

The global study has found that, five and a half years after finishing an

intensive glucose lowering regimen based on gliclazide MR, patients with type 2

diabetes continued to have a far lower risk of renal failure requiring dialysis

or transplantation, and did not experience any increase or decrease in the

risks of death or cardiovascular disease.

The study, entitled ADVANCE-ON, was led by The George Institute for Global

Health and held in 20 countries. It followed up 8,500 of more than 11,000

patients who had participated in the ADVANCE trial that started in 2001.

Patients whose glucose levels had been intensively lowered with the gliclazide

MR- based drug regime were found years after returning to usual care to have a

reduced risk of renal failure. They returned to usual care in 2008.

Speaking at the European Association for the Study of Diabetes in Vienna, study

director and first author Associate Professor Sophia Zoungas, of The George

Institute for Global Health at The University of Sydney, said: "The findings

highlight the importance of active and effective blood glucose management for

renal protection in patients with type 2 diabetes."

"By using this more intensive glucose-lowering regimen you obtain a substantial

benefit in terms of renal protection without jeopardising cardiac safety.

"Intensive treatment is likely to have produced major long term benefits for

the kidneys."

Principal Investigator Professor John Chalmers said: "This study adds

meaningful information to other new findings from the ADVANCE-ON trial for

patients with diabetes."

The other new findings, from the blood pressure arm of ADVANCE-ON, were

presented at the European Cardiology Society Congress in Barcelona two weeks

earlier and were also re-presented at the European Association for the Study of

Diabetes in Vienna by Prof Chalmers.

"The blood pressure study demonstrated persistent, but diminishing benefits in

death from all causes and from heart events, with a clear recommendation that

active control of blood pressure, using perindopril and indapamide, should be

maintained in both the short and the long term."

Worldwide, it is estimated that 382 million people have diabetes. About 90 per

cent of those have diabetes type 2, with diabetes the leading cause of kidney

disease.

Diabetes causes heart disease, blindness, kidney failure, limb amputation and

stroke and is one of the top ten causes of death. Of note, among these severe

complications, end stage renal disease showed the least improvement over the

last 20 years.

ADVANCE was funded by Australia's National Health and Medical Research Council

(NHMRC), the British Heart Foundation, Diabetes UK, and Servier.

About The George Institute for Global Health

The George Institute for Global Health is improving the lives of millions of

people worldwide through innovative health research. Working across a broad

health landscape, the Institute conducts clinical, population and health system

research aimed at changing health practice and policy worldwide. The Institute

has a global network of medical and health experts working together to address

the leading causes of death and disability worldwide. Established in Australia

and affiliated with The University of Sydney, the Institute today also has

offices in China, India and the United Kingdom, and is also affiliated with

Peking University Health Science Centre, the University of Hyderabad and the

University of Oxford.

The George Institute prioritises clinical and population health research that

produces outcomes that are easily translated into practice, and effect real

change within a short period of time to health policy and practice. The

Institute has been ranked among the top 10 global institutes for impact for the

last several years, and its research has resulted in changes to medical

guidelines and ways of thinking about some of the most common medical

treatments around the world. Examples include developing a new treatment for

stroke, showing that blood pressure lowering reduces the risk of cardiovascular

disease in people with diabetes, and providing safer fluid options for patients

in intensive care. Developing better methods for delivering health care are a

priority for the Institute.

MEDIA ENQUIRIES

Ellie Martel, Media Advisor Australia

The George Institute for Global Health

P:  +61-410-411-983

E: emartel@georgeinstitute.org.au  

Source: The George Institute for Global Health

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中