グレード Aオフィスへの実需は健在 ー東京オフィス賃貸市場レポート 2014年第3四半期-

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第3四半期(7月1日~9月30日)の東京オフィス賃貸市場に関する調査レポートを公表しました。オフィス床が不足気味で成約ペースは減速しましたが、グレード Aオフィスへの実需は健在です。

2014年10月2日

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド

グレード Aオフィスへの実需は健在 ー東京オフィス賃貸市場レポート 2014年第3四半期-

 クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(米国・ニューヨーク)は、2014年第3四半期(7月1日~9月30日)の東京オフィス賃貸市場に関する調査レポート「MARKETBEAT OFFICE TOKYO Q3 2014」を公表しました。本レポートは主としてグレードA*のオフィスビルに関して以下のとおり分析しています。

  *「築10年以内かつ基準階面積380坪以上」の物件をグレードAと定義しています。

1.立地改善やオフィス床拡張ニーズの増加を反映し、テナントからの移転の問い合わせ数は前期から増加しましたが、オフィス床の稼働率が高まっている中、テナントが希望するオフィス床が不足気味のため、成約のペースは減速しました。

2.多くのテナントはビジネスの拡大に伴う拡張ニーズに対して館内増床できたのがやっとであり、市場はやや減速気味でした。

3.今期の新規供給ビルは、前期同様、活況なプレリーシングが奏功し、昨年の水準と比べてより高い稼働率で竣工するなどグレード Aオフィスへの健全な実需要が見られました。

4.2015年の新規供給は、品川シーズンテラスを含め第1四半期に集中する予定ですが、活況なプレリーシングによりグレード A市場は軟化しないと予想します。

                        以上

■本レポートを含め、アジア太平洋地域の主要都市のレポート(英語)は以下をご覧ください。

http://www.cushwakeasia.com/emkt/2014/Emailers/Marketbeat3Q2014/Office3Q2014/MBFlashScroll3q14.swf

■本レポートの執筆者

柳町啓介(やなぎまちけいすけ)mailto:keisuke.yanagimachi@ap.cushwake.com 

TEL: 03-3596-7098(直通)

プロフィール:クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド ヘッドオブリサーチジャパン。建設企業で大規模商業施設の設計、みずほ信託銀行で証券化不動産実務、CBREで調査・分析業務に従事ののち現職。オックスフォードブルックス大学国際不動産学修士、早稲田大学国際不動産研究所招聘研究員、日本不動産金融工学学会会員、一級建築士。   

■クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドについて

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(C&W)は1917年ニューヨークで創業した、非上場企業としては世界最大の総合不動産サービス会社です。全世界約60カ国におよそ250の拠点、16,000名以上のプロフェッショナルを配置しています。

C&Wの詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。 

http://www.cushmanwakefield.jp/ja-jp/

■留意事項 本資料は情報提供のみを目的としており、投資の勧誘を目的としたものではありません。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

  • 名称 クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメント株式会社
  • 所在地 東京都
  • 業種 不動産業
  • URL http://www.cushmanwakefield.com

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中