バイクカバーと輪行袋を兼務する自転車用オールインワンアイテム発売。

ビーズ株式会社

2014/10/7 08:30

2014/10/07

ビーズ株式会社

保管も運搬もこれひとつでOK!

バイクカバーと輪行袋を兼務する自転車用オールインワンアイテム発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は、同社自転車ブランドDOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)より、バイクカバーと輪行袋を兼務する「マルチユースキャリングバッグ DCB168-BK」を発売します。

 「マルチユースキャリングバッグ DCB168-BK」は、保管用のバイクカバーと輪行用のキャリングバッグ(輪行袋)を兼ね備える構造を持ち、シーンに合わせて持ち運びのスタイルを変えられる、輪行袋の新たなスタンダードを提案するアイテムです。 十分な容量を確保することで車体をすっぽり包み込め、またストラップを利用し留めれば形状を変更できるため、下記のように本製品ひとつで様々なシーンに対応します。

   1.自動車に乗せる場合: 車輪を外す必要がなければ、そのまま全体を収納。 自動車の車内と自転車の接触による傷を防止します。

   2.電車内に携行する場合: 前輪を外して収納。 スマートな輪行が可能です。※

   3.自身で持ち歩く場合: 後輪部分を出して転がしながら運搬。 自身の体への負担がかかりにくくなります。

   4.保管する場合: カバーとして使用。 雨・風・汚れ・盗難の危険から愛車を守ります。

 DOPPELGANGER(R)は「バイクカバーでは輪行ができない」「輪行バッグは持ち手の部分に負担がかかるし、運搬以外の用途では使いにくい」このどちらをも解決する製品を作りたいと考えました。 試行錯誤の末、自転車に直接ショルダーストラップを装着し、前輪を外しても外さなくても収納可能な構造を考案。 その結果、自転車本体を吊り下げるため安心して持ち運びができるようになり、また生地に直接の応力がかからないため、薄く軽い生地を採用でき軽量化にも成功しました。

 日本独特の自転車文化ともいえる、公共交通機関を利用して自転車を運ぶ「輪行」。 DOPPELGANGER(R)自転車ユーザーのみならず、多くのサイクリストにとって「輪行」にチャレンジしやすくなる、楽しんでもらえるような製品を増やしたい。「マルチユースキャリングバッグ DCB168-BK」そのような想いから生まれた製品です。

 ※各公共交通機関によって手回り品の規則は異なります。輪行の際は事前に各公共交通機関へ確認することをお勧めいたします。

【 商 品 名 】 マルチユースキャリングバッグ DCB168-BK 

【 カ ラ ー 】 ブラック

【 発売開始時期 】 2014年9月下旬

【 希望小売価格 】 5,000円+税

【 製 品 ページ 】 http://www.doppelganger.jp/option/dcb168/

<輪行についてのWEB特別コンテンツ>

メリットや移動プラン、輪行方法や必要なアイテムなどを紹介しています。

http://www.doppelganger.jp/pack_and_take/

DOPPELGANGER(R)は11/7~11/9に幕張メッセで開催される「CYCLE MODE international 2014」に出展いたします。

◎ブースNo.:2-25 ◎イベント公式サイト:http://www.cyclemode.net/

◎DOPPELGANGER特設サイト:http://www.doppelganger.jp/brand_action/cyclemode/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

「マルチユースキャリングバッグ」を利用して、全体収納した運搬例。

使わない時はポーチ状に小さく収納できるパッカブル設計。

「マルチユースキャリングバッグ」を利用して、前輪を外した運搬例。

強く、軽量で防水性に優れた耐水圧3,500mmのナイロンタフタ素材を採用。

「マルチユースキャリングバッグ」を利用して、後輪を出した運搬例。

前輪を取外して運搬する際、車体と前輪を固定するためのタイベルトを3本付属。

室内保管用カバーとしても使用できます。

バッグに負担がかからない、車体固定式ストラップ採用。

輪行についてのWEB特別コンテンツページを開設しています。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース