アエロメヒコ航空が創立80年 

Aeromexico

2014/10/9 10:30

アエロメヒコ航空が創立80年 

AsiaNet 58071(1065)

【メキシコ市2014年10月9日PRN=共同通信JBN】

*アエロメヒコ航空は世界でも最新鋭の航空機を保持する航空会社の1つとして、利用客にワールドクラスのサービスを提供することを一貫して心がけてきた

*これまで80年間にわたってアエロメヒコ航空を優先的に選択し利用してきた旅客のご愛顧に感謝するものである

アエロメヒコ航空(Aeromexico)はメキシコを代表する航空会社として創立80周年を祝い、利用客、ベンダー、営業パートナー、空港グループ、労働組合、従業員に対し、80年にわたってメキシコ最大の航空会社としての信頼を維持してくれたことに感謝した。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20130315/MX77534LOGO

1934年にメキシコ市とアカプルコとの間で初飛行した創立以来(当時はAeronaves de Mexico)、アエロメヒコ航空は最高のサービスを提供し、継続的なプロセスを通じて質の向上を図り、利用客の便宜に全力を尽くしてきた。

過去80年、アエロメヒコ航空は最高の象徴的なジェット旅客機を運航してきた。主な使用機材にはブリストル・ブリタニア、ダグラスDC、コンステレーション、マクドネル・ダグラスMD、エンブラエル、そしてボーイングが挙げられる。現在、創立時からの伝統に従い、アエロメヒコ航空は世界で最も若い機齢の航空機を使用、その平均機体年齢は8.8年である。さらに航空機産業に革命的な変化をもたらした航空機として称賛されているボーイング787ドリームライナーを運航していることも誇りにしている。

アエロメヒコ航空はこれまでの間、数々の進歩を成し遂げ、各種の表彰も受けている。半世紀にわたってメキシコの歴代大統領が選択して利用してきた。ローマ法王ヨハネ・パウロ2世は初めてのメキシコ訪問時に利用した。メキシコの航空会社として初めてニューヨーク、マドリード、サンパウロ、そして東京に就航した。ホテル込みのパッケージ旅行プログラム、Gran Planを他社に先駆けて売り出した。中南米で最初に、Club Premierの名前で知られる旅客ロイヤルティープログラムを取り入れた。世界的な航空連合、SkyTeamに中南米で初めての創立メンバーになった。グローバル航空会社、デルタ航空が初めて資本参加したメキシコの航空会社でもある。

アエロメヒコ航空は常に時代の先端を切り開くテクノロジーを追究する航空会社として知られている。その一例として、アエロメヒコ航空はパナソニックとGogoとの協力で間もなく中南米諸国の航空会社としては初めて飛行中のWi-Fi利用ができるようになる。

アエロメヒコ航空はさらに国内航空市場で最大の旅客輸送量を達成、国際部門でもメキシコ国内で44カ所、国外で35カ所に乗り入れている。2014年1月から8月までの旅客輸送量は1150万人だった。

祝賀行事の一環としてアエロメヒコ航空のアンドレス・コネサ最高経営責任者(CEO)は特別表彰声明を発表、「当社のすべての従業員の経験とキャリアパスにおいて、アエロメヒコ航空はメキシコ航空業界の最も価値ある人々の手にある、という事実を証明している。人的資産の価値はわれわれの名声の基盤であり、われわれの顧客はわれわれが存在することの理由である」と述べた。

アエロメヒコ航空は長年にわたって同社を選択してきた人々や、初めて利用する人々に対して謝意を表明し、あらためて最高の航空会社であることに全力を尽くし、すべてのメキシコの人々と世界の人々との更なる結びつきに貢献することを表明した。

▽アエロメヒコ航空について

GrupoAeromexico, S.A.B. de C.V.はメキシコで商用航空事業やマイレージサービス事業を行う子会社を傘下に置く持ち株会社である。アエロメヒコはメキシコ最大の航空会社であり、拠点のメキシコシティ国際空港第2ターミナルから毎日600便以上を運行する。その乗り入れ先はメキシコ国内44都市、米国15都市、中南米14都市、欧州3都市、アジア2都市、カナダ1都市を含め、3大陸の79都市である。

グループが運用する航空機は115機のボーイング787、777、767、737ジェット旅客機および最新世代のエンブラエル190、175、170、145。アエロメヒコは2012年、ボーイングから90機のB737 MAXジェット、10機のB787-9ドリームライナーの計100機を購入するというメキシコ航空史上で最大規模の投資計画を発表した。

アエロメヒコ航空は航空連合スカイチーム(SkyTeam)の創設メンバーとして、加盟20航空会社が就航する178カ国、1000都市余りにサービス網を広げ、乗客は世界564カ所のプレミアムラウンジを利用できる。また、デルタ航空、アラスカ航空、アビアンカ航空、ラン航空、TACA航空、TAM航空とはコードシェアで提携し、米国、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、ペルーなどの国々に幅広いネットワークを展開している。

詳細はwww.aeromexico.com、www.skyteam.com、http://disfrutaam.tumblr.com

ソース:Aeromexico

Aeromexico Celebrates 80 Years as Mexico's Flagship Carrier

PR58071

MEXICO CITY, Oct. 9, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    -- During this time, the airline has been committed to consistently

providing world-class service to its customers with one of the world's most

modern fleets.

    -- The company is especially grateful to its passengers for their

preference and loyalty over the last 80 years.

    Aeromexico is celebrating its 80th anniversary as Mexico's flagship carrier

and thanks its passengers, vendors, commercial partners, airport groups, trade

unions and employees, who have placed their trust in the company over eight

decades to position the brand as Mexico's leading airline.

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20130315/MX77534LOGO

    Since its beginnings in 1934, when Aeromexico (formerly Aeronaves de

Mexico) flew its maiden flight between Mexico City and Acapulco, the carrier

has been committed to providing the best services and maintaining continuous

quality improvement processes to benefit its customers.

    Over the past 80 years, Aeromexico has operated the best fleet with

emblematic jet airliners, such as Bristol Britannia, Douglas DC, Constellation,

McDonnell Douglas MD, Embraer and Boeing, to name a few. Currently, in keeping

with tradition since its creation, Aeromexico has one of the world's most

modern fleets with an average age of 8.8 years, and is proud to operate the

Boeing 787 Dreamliner, hailed as the airplane that revolutionized the aviation

industry.

    The carrier has obtained many achievements and rewards along the way. For

half a century, the airline was the carrier of choice selected by the

Presidents of Mexico; it carried Pope John Paul II on his first trip to Mexico,

and was the first Mexican airline to fly to New York, Madrid, Sao Paulo and

Tokyo. It was also the first to offer an all-inclusive travel package program,

known as Gran Plan, the first to implement a passenger loyalty program in Latin

America, known as Club Premier, the first in Latin America to be a founding

member of a global airline alliance -SkyTeam-, and the first Mexican airline in

which a global carrier, Delta Air Lines, buys equity.

    Aeromexico has always been known for its unrelenting pursuit of cutting

edge technology. As such, it will soon become the first airline in Latin

America to provide inflight Wi-Fi through a partnership with Panasonic and Gogo.

    Aeromexico has also become the Mexican airline carrying the highest

customer traffic volume in the domestic market and the leader in the

international segment, as it serves 44 destinations in Mexico and 35

internationally, and carried more than 11.5 million passengers between January

and August 2014.

    As part of the carrier's celebration, Aeromexico CEO Andres Conesa

published a special appreciation statement, noting that "The experience and

career paths of all our employees bear testimony to the fact that Aeromexico is

in the hands of the most valuable people in Mexican aviation. The value of our

human capital is the basis of our prestige, and our customers are the reason

for our existence."

    To those that have chosen Aeromexico as their carrier of choice over the

years and to those flying with the airline for the very first time, the carrier

expresses its gratitude and reiterates its commitment to being the best

airline, uniting all Mexicans and Mexico with the world.

    About Grupo Aeromexico

    Grupo Aeromexico, S.A.B. de C.V. is a holding company whose subsidiaries

are engaged in providing commercial aviation services in Mexico and the

promotion of passenger loyalty programs. Aeromexico, Mexico's global airline,

operates more than 600 daily flights from its main hub in Terminal 2 at the

Mexico City International Airport. Its route network spans 79 cities on three

continents, including 44 destinations in Mexico, 15 in the United States, 14 in

Latin America, three in Europe, two in Asia and one in Canada.

    The Group's fleet of more than 115 aircraft is comprised of Boeing 787,

777, 767 and 737 jet airliners and next generation Embraer 190, 175, 170 and

145 models. In 2012, the airline announced the most significant investment

strategy in aviation history in Mexico, to purchase 100 Boeing aircraft

including 90 MAX 737 jet airliners and ten 787-9 Dreamliners.

    As a founding member of the SkyTeam airline alliance, Aeromexico offers

customers more than 1,000 destinations in 178 countries served by the 20

SkyTeam airline partners rewarding passengers with benefits including access to

564 premium airport lounges around the world. Aeromexico also offers travel

options through its codeshare partners Delta Air Lines, Alaska Airlines,

Avianca, LAN, TACA and TAM with extensive connectivity in countries like the

United States, Brazil, Canada, Chile, Colombia and Peru. www.aeromexico.com,

www.skyteam.com, and http://disfrutaam.tumblr.com

    SOURCE: Aeromexico

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中