大規模植物工場を運営するスプレッドが生産体制を大幅に増強!

スプレッド

2014/10/27 09:05

大規模植物工場を運営するスプレッドが生産体制を大幅に増強!

2014年11月より国内における低コスト型植物工場『ベジタブルファクトリー』の事業展開(フランチャイズ/パートナーシップ)を開始し、今後5年以内をめどに日産50万株のレタスを出荷する生産体制を目指す。

------------------------------

この度、株式会社スプレッド(本社:京都府京都市、代表取締役社長:稲田信二)では、工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、スプレッドの技術力を結集した低コスト型植物工場『ベジタブルファクトリー』の事業展開を開始いたしましたので、ご案内申し上げます。

                                                        

■生産体制の増強の背景

近年の野菜価格の高騰や消費者による食の安全性への意識の高まりを受け、野菜売場においても工場野菜の地位も確立されてきており、需要も大幅に拡大しております。スプレッドの工場野菜ブランド『ベジタス』も工場野菜のトップブランドとして多くの消費者の皆様からご支持を頂くようになりました。しかしながら現在、生産量の3~5倍の受注を頂き、急激な需要の増加に十分な対応が出来ずにいる状況です。そこで、この状況に対応していくため、今後5年以内に日産50万株のレタスを出荷する生産体制を目指すことを決定しました。

■低コスト型植物工場『ベジタブルファクトリー』の事業概要

スプレッドの技術力を結集した、高品質で環境に配慮した低コスト型植物工場

<工場の特徴>

①低コストで高収益

②高品質で安全性の高い野菜を生産

③水資源の有効活用と省エネルギーを実現

<事業開始時期>

2014年11月

<工場の生産規模>

生産株数:日産2万株以上

<事業形態>

●フランチャイズ:(フランチャイズ契約締結企業によるベジタブルファクトリーの事業展開)

 植物工場ビジネス参入を目指す企業とスプレッドがフランチャイズ契約(FC契約)を締結し、スプレッドは工場建設から栽培ノウハウ等のコンサルティングを行います。フランチャイズ企業はスプレッドのノウハウを活かしながら工場運営と販売事業を行っていただきます。生産された野菜についてはスプレッドによる買取りも可能です。

●パートナーシップ:(植物工場オーナー型モデル)

 パートナー契約を締結した企業にベジタブルファクトリーを建設していただき、工場のオーナーとなっていただきます。工場建設後はスプレッドが工場設備を借り受け、生産から物流、販売等植物工場事業のすべてを行います。工場オーナーとなるパートナー企業に対しては、工場建設の投資額に見合った工場設備利用料を安定的に支払う仕組みとなっております。

※『ベジタブルファクトリー』『ベジタス』は株式会社スプレッドの登録商標です。

【会社概要】

 会社名 :株式会社スプレッド

 所在地 :京都府京都市下京区中堂寺粟田町90番地KRP(京都リサーチパーク)8号館

 代表者 :代表取締役 稲田信二

 事業内容:完全制御型植物工場による野菜の生産及び販売

 資本金 :10,000,000円

 URL  : http://www.spread.co.jp/

【本リリースに関する問い合わせ】

 株式会社スプレッド 経営企画室 森定

 E-mail: info@spread.co.jp

 Tel: 075-326-3850

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中