パロアルトネットワークス、次世代セキュリティをクラウドに展開

パロアルトネットワークス

2014/10/24 14:22

AsiaNet 58332

PRESS RELEASE

2014年10月24日

パロアルトネットワークス合同会社

パロアルトネットワークス、次世代セキュリティをクラウドに展開

高度なサイバー脅威からの保護をプライベートクラウド、ハイブリッドクラウドに加え

パブリッククラウド環境で実現

*本内容は、2014年10月24日(米国時間)に米国Palo Alto Networksが発表した報道資料の抄訳版です。

【2014年10月24日(米国時間) カリフォルニア州サンタクララ発】- エンタープライズ・セキュリティのリーダーであるPalo Alto Networks(R)(NYSE: PANW)は、プライベート、ハイブリッド、パブリックの各クラウドに対するセキュリティサービスを一段と進化させる仮想ファイアウォールシリーズ 「パロアルトネットワークスVM-Series」最新版を発表いたします。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20130508/SF04701LOGO

 企業は自社のプライベートクラウド構築、プロバイダからのパブリック クラウド サービスの購入、またはハイブリッド クラウドのアプローチを採用することで、クラウドベースの仮想データセンタ (VDC) の俊敏性、拡張性、費用対効果の享受に期待しています。ほとんどの企業は、アプリケーションがデプロイされる場所に関係なく、アプリケーションおよびセキュリティポリシーの両方に関するポータビリティの実現を最終的に目指しています。

しかし、セキュリティに関して言うと、大多数のパブリッククラウド環境では従来のデータセンタで一般的である一貫性のないネットワーク アーキテクチャに基づいており、ステートフルインスペクションおよびポートベースのファイアウォールのような従来型のセキュリティ技術にいまだ依存しているため、洗練されたサイバー脅威からパブリッククラウドやホスティングされたVDCを保護できていません。

 最新版のパロアルトネットワークスVM-Series(https://www.paloaltonetworks.com/products/platforms/virtualized-firewalls/vm-series/overview.html )のリリースで、クラウドに期待される十分な俊敏性や柔軟性を実現する機能を企業に提供します。VDCが危険にさらされる前に既知と未知のサイバー脅威を検出および防御し、セキュリティを損なうことなく、パブリック、プライベート、またはハイブリッドの導入アーキテクチャを選択できるようにします。

 アプリケーションが仮想、物理、オンプレミス(プライベートクラウド)、オフプレミス(パブリッククラウド)のいずれであっても、一貫したセキュリティへのアプローチで同一のセキュリティポリシーをプライベートおよびパブリックの両方のインフラストラクチャに適用できるように、VMwareのユニークな統合セキュリティおよびネットワーク仮想化機能をハイブリッド クラウド環境に拡張するため、パロアルトネットワークスはVMwareとの協業も行っています。現在、パロアルトネットワークスとVMwareは、VMware NSX(TM)と相互運用するために専用設計されたパロアルトネットワークス VM-1000-HVを含むソリューションを提供しています。さらにパロアルトネットワークス VM-Seriesを、エンタープライズ向けパブリッククラウドサービスであるVMware vCloud(R) Air(TM)のインスタンスとして導入することが可能です。

 パロアルトネットワークスとVMwareは2015年には、VMware NSXと連携するパロアルトネットワークス VM-1000-HVをベースとしたマルチテナントの次世代ファイアウォール・アズ・ア・サービス (Next-Generation firewall as-a-service) の新機能をVMware vCloud Airに提供予定です。

コメント

・「VMwareとパロアルトネットワークスは、一旦アプリケーションを設計してセキュアにすれば、危険にさらされずどこででも導入可能なハイブリッドクラウド構想を実現します。提携を通じて、セキュリティを強化し高度な脅威から保護するという顧客のビジネス要件を満たすSDDC (Software-defined Data Center) アーキテクチャとクラス最高のセキュリティを組み合わせます。」

-- VMware社 vCloud Air共通プラットフォーム部門 副社長スコット・コリソン

・「当社のVM-Seriesの最新版は、クラウドを念頭に置いて特別に設計されました。これはクラウドコンピューティング環境用の一貫性のある自動化された保護を提供し、組織はセキュリティを損なうことなく、クラウドが提供する生産性や費用対効果を享受することができます。新しいアプリケーションや仮想マシンを導入したときに、VDCは次世代ファイアウォールと脅威防御技術によって確実に保護されるようになります。

-- パロアルトネットワークス プロダクトマネジメント部門 上級副社長 リー・クラリッチ

パロアルトネットワークスVM-Seriesの最新版では、AWS (Amazon Web Service) のようなクラウド インフラストラクチャ プロバイダのサポートや、パブリッククラウドコンピューティング環境で利用される一般的なオープンソース ハイパーバイザーであるKVM (Kernel-based Virtual Machine) もサポートし、多数のクラウド サービスプロバイダにまたがって次世代セキュリティを確保するための柔軟性を提供します。

提供時期

パロアルトネットワークス VM-Seriesの最新版は10月末までに販売予定で、このリリースではAWSおよびKVMもサポートされます。保守契約が有効なパロアルトネットワークスの顧客は、サポートポータルにアクセスすることでソフトウェアを入手可能です(サポートポータルはアカウントが必要であるため、詳細は販売代理店までお尋ね下さい)。パロアルトネットワークス VM-1000-HVは2015年前半にvCloud Airで利用可能になる予定です。

パロアルトネットワークス VM-Seriesに関する詳細は以下を参照してください: https://www.paloaltonetworks.com/products/platforms/virtualized-firewalls/vm-series/overview.html.

パロアルトネットワークスについて

パロアルトネットワークス(NYSE: PANW)は、サイバー攻撃から数多くの企業、行政機関、プロバイダのネットワークを守るサイバーセキュリティのリーディングカンパニーです。当社の提供するセキュリティ・プラットフォームは、変化の激しい今日のIT業界で重要となるアプリケーションやユーザー、コンテンツを基にセキュリティの保護を行い、お客様のビジネス展開をサポートします。

詳しくはhttp://www.paloaltonetworks.jp をご覧ください。

Palo Alto Networks、Palo Alto Networksロゴは米国におけるPalo Alto Networksの商標です。本書に記述されているその他すべての商標、商号、サービスマークは、各所有者に帰属します。

【お客様からのお問い合わせ先】

パロアルトネットワークス合同会社

Tel: 03-3511-4050  Email: infojapan@paloaltonetworks.com

【報道関係者からのお問い合わせ先】

パロアルトネットワークスPR事務局

株式会社アクティオ

Tel: 03-5771-6426  Email: paloalto-pr@actioinc.jp

(日本語リリース:クライアント提供)

Palo Alto Networks Brings Next-Generation Security to the Cloud

PR58332

SANTA CLARA, Calif., Oct. 24, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

-- Protects Private, Hybrid and Now Public Cloud-Computing Environments from

Today's Advanced Cyber Threats

Palo Alto Networks(R) (NYSE: PANW), the leader in enterprise security, today

extended its leadership in security services for private, hybrid and public

cloud with the latest release of its virtual firewall series (VM-Series).

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20130508/SF04701LOGO

Enterprises are keen to take advantage of the agility, scalability and cost

benefits of cloud-based virtual data centers (VDCs) by building their own

private cloud, purchasing public cloud services from providers, or adopting a

hybrid cloud approach. Most enterprises are ultimately aiming for the

portability of both the application and security policies, regardless of where

the application is deployed.

However, when it comes to security, most public cloud environments are based on

inconsistent network architectures common in traditional data centers and still

rely on legacy security technologies - such as stateful inspection and

port-based firewalls - that aren't capable of securing public cloud or hosted

VDCs against sophisticated cyber threats.

The latest Palo Alto Networks VM-Series [

https://www.paloaltonetworks.com/products/platforms/virtualized-firewalls/vm-series/overview.html

] release gives organizations the ability to realize the full agility and

flexibility promises of cloud; to detect and prevent known and unknown cyber

threats before they compromise their VDCs; and to choose the public, private or

hybrid deployment architecture without compromising security.

Palo Alto Networks also is working with VMware to extend the companies' unique,

integrated security and network virtualization capabilities to hybrid cloud

environments, enabling customers to apply the same rich security policies

across their private and public infrastructure with a consistent approach to

security whether the application is virtual, physical, on-premise or

off-premise. Today, Palo Alto Networks and VMware are delivering a solution

that includes the Palo Alto Networks VM-1000-HV designed specifically for

VMware NSX&(TM) interoperability. Customers also can deploy the Palo Alto Networks

VM-series with their instances of VMware vCloud(R) Air(TM), an enterprise-grade

public cloud service.

In 2015, Palo Alto Networks and VMware expect to deliver new multi-tenant

next-generation firewall as-a-service capabilities in VMware vCloud Air based

on the Palo Alto Networks VM-1000-HV integration with VMware NSX.

QUOTES

-- "VMware and Palo Alto Networks are delivering on the vision of hybrid cloud,

which is to design applications once, secure once, and deploy anywhere without

compromise. Through our partnership, we are combining best-in-class security

with the software-defined data center architecture to meet customers' business

requirements for improved security and advanced threat protection."

  - Scott Collison, Vice President, Common Platforms, vCloud Air, VMware

-- "The latest release of our VM-Series was specifically designed with the

cloud in mind. It provides consistent automated protection for cloud computing

environments so organizations can take advantage of the productivity and cost

benefits provided by the cloud without compromising security. It delivers the

freedom to deploy new applications and virtual machines and remain confident

their VDCs are protected by next-generation firewall and threat prevention

technology."

  - Lee Klarich, senior vice president of Product Management, Palo Alto Networks

The new release of the Palo Alto Networks VM-Series also gives organizations

the flexibility to maintain next-generation security across a number of cloud

service providers with support for cloud infrastructure providers like Amazon

Web Services (AWS), and support for Kernel-based Virtual machine (KVM), a

popular open source hypervisor used in public cloud computing environments.

Availability

The latest release of the Palo Alto Networks VM-Series is expected to be

available by the end of October including support for AWS and KVM. Palo Alto

Networks customers with active maintenance agreements can obtain the software

by accessing the support portal. The Palo Alto Networks VM-1000-HV is expected

to be available in vCloud Air in the first half of calendar year 2015.

For more information about the Palo Alto Networks VM-Series, please visit:

https://www.paloaltonetworks.com/products/platforms/virtualized-firewalls/vm-series/overview.html.

About Palo Alto Networks

Palo Alto Networks is leading a new era in cybersecurity by protecting

thousands of enterprise, government, and service provider networks from cyber

threats. Unlike fragmented legacy products, our security platform safely

enables business operations and delivers protection based on what matters most

in today's dynamic computing environments: applications, users, and content.

Find out more at www.paloaltonetworks.com.

Palo Alto Networks and the Palo Alto Networks Logo are trademarks of Palo Alto

Networks, Inc. in the United States and in jurisdictions throughout the world.

VMware, VMware NSX and VMware vCloud Air are registered trademarks or

trademarks of VMware, Inc. in the United States and other jurisdictions. All

other trademarks, trade names or service marks used or mentioned herein belong

to their respective owners. The use of the word "partner" or "partnership" does

not imply a legal partnership relationship between VMware and any other company.

SOURCE:  Palo Alto Networks

CONTACT: Jennifer Jasper-Smith, Head of Corporate Communications, Palo Alto

Networks, +1-408-638-3280, jjsmith@paloaltonetworks.com; or Bob Nelson, Voce

Communications, +1-408-201-2402, bnelson@vocecomm.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中