Molecular ImprintsのJ-FIL技術を使って世界クラスのタッチセンサー性能を達成

Molecular Imprints Inc.

2014/11/5 10:58

Molecular ImprintsのJ-FIL技術を使って世界クラスのタッチセンサー性能を達成

AsiaNet 58503 (1222)

【オースティン(米テキサス州)2014年11月5日PRN=共同通信JBN】

*Jet and Flash(R)Imprint Lithography(J-FIL(R))技術は、家電市場向けの高品質ディスプレーを実現する全く新しい機能ガラスおよびフィルムを製造する。

ナノプリンティング・ソリューションの市場およびテクノロジー・リーダーであるMolecular Imprints Inc.(MII)は5日、革新的なメタルメッシュ(http://www.molecularimprints.com/ )構造を使用するディスプレー市場向けに、高性能タッチセンサー用の低コスト製造工程(http://www.molecularimprints.com/ )を実現したと発表した。酸化インジウムスズ(ITO)透明伝導フィルムは現在、大半のタッチセンサーを製造する際に使用されているが、不十分な伝導性、透明度、柔軟性のためにタッチセンサー・ディスプレーの性能を向上させるうえで大きな制限要因となっている。シルバーナノワイヤやカーボンナノチューブなどの代替技術は、ITOセンサーと比較して一定の性能向上のメリットを実証したものの、Molecular Imprintsが低コストのメタルメッシュグリッド構造によって達成した透過率(>95%)、伝導性(10 ohms/sq)、ヘイズ値(2%)の複合性能水準には到達できなかった。Molecular Imprintsは同社独自のナノインプリンティング能力を使って、主要な性能測定基準となるこれら3つすべてを向上させた。MIL規格のJ-FILメタルメッシュ技術が持つ他のメリットは、低コストのメタライゼーション・メソッドを容易にするとともに、線幅、高さ、パターンレイアウトに関連する設計制約を取り除くことが可能となることである。タッチセンサー設計で新たに自由度を確保し、その結果低コスト製造が可能になることによって、メタルメッシュの採用がディスプレー市場で促進されると期待される。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20100504/MILOGO

ディスプレー(http://www.molecularimprints.com/ )業界は引き続き、コスト軽減を図りながらエンドユーザー体験を向上させる新技術を追求する。Molecular Imprintsのデービッド・ジーノ最高経営責任者(CEO)は「将来のディスプレーは、よりシャープで明るいイメージを提供するとともに、さらに薄型とし電力消費を軽減させなければならない。また、ウエアラブルないしはフレキシブルという新しいディスプレーのカテゴリーが生まれており、これまでにない製造技術が必要とされている。Molecular Imprints Inc.は、メタルメッシュ・タッチセンサー、ワイヤグリッド偏光フィルム、光波ガイド、プラズモニク・カラーフィルターなど重要な多数のディスプレー・コンポーネントに当社のJ-FIL技術を適用することによって、ディスプレー業界がこの分野に対応可能とし、それをサポートすることができる。極めて才能あふれる当社のナノパターニング(http://www.molecularimprints.com/ )エンジニアチームが3カ月集中的に取り組んで、最近になって注目された世界クラスのメタルメッシュ性能水準に到達できたことに満足している。これは当社の技術とチームの底の深さと幅の広さの証しである」と語った。

Molecular Imprints J-FILはメタルメッシュ・タッチセンサーに加え、反射式ワイヤグリッド偏光フィルム(44%の線形透過率を備えた99.99%偏光効率)、反射防止フィルム(例えばポリカーボネート・フィルムの99%透過率)精密ミクロンないしはナノスケール光波ガイド、極めて均一な拡散バックライト・プレートなどを製造してきた。

▽Molecular Imprints, Inc.について

Molecular Imprints, Inc.(MII)は同社の革新的なJet and Flash(TM) Imprint Lithography(J-FIL(TM))技術を使用し、ディスプレー、生命科学、発光ダイオード、その他のハイテクの業界に対し、高解像度で小額の所有コストのナノパターニング能力を提供するナノパターニング・ソリューションの市場およびテクノロジーのリーダーである。

▽問い合わせ先

Paul Hofemann

Molecular Imprints Inc.

+1-512-518-2468

phofemann@molecularimprints.com

ソース:Molecular Imprints Inc.

World Class Touch Sensor Performance For Displays Achieved Using Molecular Imprints' J-FIL(R) Technology

PR58503

AUSTIN, Texas, Nov. 5, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    --Jet and Flash(R) Imprint Lithography (J-FIL(R)) technology fabricates

novel functional glass and films that enable higher quality displays for the

consumer electronics market

    Molecular Imprints Inc. (MII), the market and technology leader for

nanopatterning solutions, today announced it has demonstrated a low cost

fabrication process for high performance touch sensors (

http://www.molecularimprints.com/ ) for the display market using an innovative

metal mesh ( http://www.molecularimprints.com/ ) structure. Indium Tin Oxide

(ITO) transparent conductive films are used to produce the majority of today's

touch sensors but have become a significant limiting factor in improving touch

screen display performance due to insufficient conductivity, transparency and

flexibility. Other alternative technologies such as silver nanowires and carbon

nanotubes have demonstrated some performance enhancement benefits compared to

ITO sensors but have not shown the level of combined performance in

transmission (>95%), conductivity (10 ohms/sq) and haze (2%) that Molecular

Imprints' has achieved with its low cost metal mesh grid structures. Molecular

Imprints improved all three of these key performance metrics concurrently using

its unique nanoimprinting capability. Another benefit of MII's J-FIL metal mesh

technology is its ability to remove design restrictions associated with line

width, height, and pattern layout while facilitating low cost metallization

methods. This new freedom in touch sensor design and subsequent low cost

fabrication is expected to accelerate adoption of metal mesh in the display

market.

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20100504/MILOGO

    The display ( http://www.molecularimprints.com/ ) industry continues to

pursue new technologies that enhance the end-user experience while reducing

costs. "Future displays must be thinner and consume less power while providing

a sharper and brighter image," said David Gino, President and CEO of Molecular

Imprints. "In addition, whole new categories of displays that are wearable or

flexible are beginning to emerge requiring novel fabrication technologies. MII

is in a great position to enable and support the display industry in these

areas by applying our J-FIL technology to a number of the critical display

components such as, metal mesh touch sensors, wire grid polarizers, light wave

guides, and plasmonic color filters. I would like to congratulate our team of

very talented nanopatterning ( http://www.molecularimprints.com/ ) engineers in

reaching the world class metal mesh performance levels noted earlier in a

little over three months of focused effort. This is a testament to the depth

and breadth of our technology and team."

    In addition to metal mesh touch sensors Molecular Imprints J-FIL technology

has fabricated world leading reflective wire grid polarizers (99.99%

polarization efficiency with 44% linear transmissivity), anti-reflective films

(i.e., 99% transmissivity of polycarbonate films) precise micron or nanoscale

light waveguides and highly uniform diffusive backlight plates.

    About Molecular Imprints, Inc.

    Molecular Imprints Inc. (MII) is the market and technology leader for

nanopatterning solutions using its innovative Jet and Flash(TM) Imprint

Lithography (J-FIL(TM)) technology to provide high-resolution, low

cost-of-ownership nanopatterning capability for display, life science, light

emitting diodes and other high tech industries.

    Corporate PR Contact

    Paul Hofemann

    Molecular Imprints Inc.

    +1-512-518-2468

    phofemann@molecularimprints.com

    SOURCE: Molecular Imprints Inc.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中