ポール・アレン氏がエボラ被害の西アフリカにスマートフォン1万台などを提供

Paul G. Allen Family Foundation

2014/11/18 10:20

ポール・アレン氏がエボラ被害の西アフリカにスマートフォン1万台などを提供

AsiaNet 58671 (1287)

【シアトル(米ワシントン州)2014年11月18日PRN=共同通信JBN】

*エボラ救援に必要なデータ収集とニーズ確認を支援するため1万台のスマートフォンを提供。NetHopeには「既存の接続性増強」のために寄付

慈善運動家のポール・G・アレン(Paul G. Allen)氏は18日、アレン氏とPaul G. Allen Family Foundation(ポール・G・アレン・ファミリー財団)が西アフリカにおけるデータ収集強化と救援上の必要性を確認するため特別にプログラムされたスマートフォン1万台以上を発送すると発表した。アレン氏はまたNetHopeに対して、リベリア、ギニア、シエラレオネ全域の接続性を強化するための寄付を行う。このイニシアチブは、エボラ危機に対処するアレン氏の1億ドルにのぼるコミットメントの一環である。

スマートフォンの発送:スマートフォンは、政府職員と人道支援ボランティアが感染地域で救援活動の効果について信頼できるデータを収集することをできるようにする。スマートフォンは、企業からの寄付とポール・G・アレン・ファミリー財団によって購入されたものである。

収集されたデータは、政府と民間支援団体が現場の緊急ニーズを一層効果的に特定し、現場に適正な援助を展開する材料として使用される。国連エボラ緊急対応ミッション(UNMEER)は、エボラ危機に対処するため接続性を最優先事項に置いている。UNMEERは各国の首都に、携帯電話の接続性を拡大するためブロードバンド・ソリューションを設置する予定である。救援活動に当たる人はこの電話をHumanitarian Data Exchange (https://data.hdx.rwlabs.org/ )と情報を共有するため、エボラ危機の現状に関する情報収集に使用する。

NetHopeの支援:NetHopeは42の国際的非政府組織(NGO)によるコンソーシアムで、特に国際的な開発・緊急対応組織との情報技術コミュニケーション能力改善に関わっている。NetHopeに対するアレン氏の寄付は、Connectivity Accelerator Fund(接続性促進基金、CAF)の設立を可能にする。CAF設立には、既存45カ所の接続性の増強、30カ所の追加ロケーションで通信をサポートする10基の衛星通信サービス(VSAT)の展開、複数の短期民間プロジェクトへの資金提供によるモバイル能力の拡大、モバイルネットワーク運営事業者が既存のモバイルネットワークに新たな容量を付加するため参加-が含まれている。

▽支援の言葉

アレン氏は以下のように語っている。

「エボラ危機から脱出するためには、苦しんでいる地域で何が起きているかを知るために信頼性のあるデータが必要だ。NetHopeはコミュニケ-ション能力のギャップを把握するため、国連やすべての大規模な救援組織と緊密に協力している。本日、西アフリカのエボラ出血熱と効果的に闘うため、コミュニケーションとデータ収集を増強する資源提供を約束する」

NetHopeのローレン・ウッドマン最高経営責任者(CEO)は以下のように述べた。

「当該地域の交信・データ収集能力改善のためにアレン氏が行った出資は、近づくのが最も困難な場所で救援に当たっている人やボランティアの助けになる。エボラ出血熱発生は複雑な緊急事態であり、アレン氏は、タイムリーな情報収集と複層的な危機と闘うためデータに基づく決定の重要性についてはっきりした見解を持っている」

▽アレン氏のこれまでの貢献

エボラ出血熱が発生した初期の段階から、アレン氏とPaul G. Allen Family Foundation(ポール・G・アレン・ファミリー財団)は、最も重要なニーズに対処し、迅速な展開が可能な戦略的調整ソリューションを探し出し、それに対する資金提供と調整を行うことに焦点を当ててきた。アレン氏はTackleEbora.co(http://www.tackleebola.com/ )を立ち上げ、個々人が特定の団体向けに寄付ができて、さらに重要なニーズに応じることを可能にする容易な方法を提供した。

詳細およびアレン氏の貢献の全容はwww.tackleebola.com を参照。

Twitter: @TackleEbola

Facebook: @PaulGAllen

▽報道関係問い合わせ先

Alexa Rudin

Vulcan Inc.

+1-206-342-2230

alexar@vulcan.com

Dana Lengkeek

Burson-Marsteller

+1-415-994-4008

dana.lengkeek@bm.com

ソース:Paul G. Allen Family Foundation

Paul G. Allen Commits to Enhancing Communication Capabilities in West Africa to Help Fight Ebola

PR58671

SEATTLE, Nov. 18, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    -- Providing 10,000 Smartphones to Assist in Data Collection and

Identification of Ebola Aid Needs; Grant to NetHope to Increase Existing

Connectivity

    Philanthropist Paul G. Allen announced today that he and the Paul G. Allen

Family Foundation will ship more than 10,000 specially programmed smartphones

to West Africa to enhance data collection and identify aid needs. Additionally,

Mr. Allen is providing a grant to NetHope to further connectivity throughout

Liberia, Guinea and Sierra Leone. This initiative is part of Mr. Allen's $100

million commitment to tackle the Ebola crisis.

    Smartphone shipment: The smartphones will enable government workers and

humanitarian aid volunteers to gather reliable data about the effectiveness of

relief efforts in affected areas. The phones were acquired through a

combination of gifts from companies as well as purchases by the Paul G. Allen

Family Foundation.

    The data will be used to help government and private aid organizations to

more effectively assess the pressing on-the-ground needs and deploy the right

resources to address them. The United Nations Mission for Ebola Emergency

Response (UNMEER) puts connectivity among the top priorities in addressing the

Ebola crisis. UNMEER will implement broadband solutions in capital cities to

extend cellular connectivity. Relief workers will use the phones to collect

information about the Ebola situation to share with the Humanitarian Data

Exchange (https://data.hdx.rwlabs.org/ ).  

    NetHope Support: NetHope is a consortium of 42 international NGOs that,

among other things, specializes in improving information technology

communications capabilities with international development and emergency

response organizations. Mr. Allen's donation to NetHope will allow for the

establishment of a Connectivity Accelerator Fund (CAF) to increase existing

connectivity at 45 locations; deployment of up to 10 Very Small Aperture

Terminal satellites (VSAT) to support communications in an additional 30

locations; extend mobile capacity by funding multiple short-term private sector

projects; and engage mobile network operators to connect new capacity to

existing mobile networks.

    Supporting Quotes:

    "We need reliable data to understand what is going on in impacted areas to

get ahead of the Ebola crisis," said Mr. Allen. "NetHope is working closely

with the UN and all of the large response organizations to identify the gaps in

communications capacity. Today, we are committing resources to boost

communication and data collection capabilities to more effectively fight Ebola

in West Africa."

    "Paul Allen's investment in improving the communications and data gathering

capacity in the region will benefit aid workers and volunteers in the

hardest-to-reach places," said Lauren Woodman, CEO of NetHope. "The Ebola

outbreak is a complex emergency and Mr. Allen has a clear vision and

understanding of the importance of timely data collection and data driven

decision support to combat the multi-layered challenges of the crisis."

    Mr. Allen's Contributions to Date:

    From the early days of the outbreak, Mr. Allen and the Paul G. Allen Family

Foundation have focused on finding, funding and coordinating strategic

solutions that address the most critical needs of those affected. Mr. Allen has

also created TackleEbola.com to provide an easy way for individuals to

contribute to specific organizations and fund critical response needs.

    For more information and a complete list of Mr. Allen's contributions,

visit www.tackleebola.com and follow @TackleEbola and @PaulGAllen on Twitter or

Facebook.

    Press Contacts:

    Alexa Rudin

    Vulcan Inc.

    +1-206-342-2230

    alexar@vulcan.com

    Dana Lengkeek

    Burson-Marsteller

    +1-415-994-4008

    dana.lengkeek@bm.com

    SOURCE: Paul G. Allen Family Foundation

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中