ZigBee 3.0がデバイス向けに単一のオープンな世界無線規格を策定

ZigBeeアライアンス

2014/11/19 10:45

ZigBee 3.0がデバイス向けに単一のオープンな世界無線規格を策定

AsiaNet 58634 (1277)

【サンラモン(米カリフォルニア州)2014年11月19日PRN=共同通信JBN】

*ZigBeeアライアンスはインターネット・オブ・シングス向けのアプリケーション規格を統一

消費者用/商業用/産業用アプリケーションでの利用のためインターネット・オブ・シングス(IoT)を定義するオープンな世界標準規格を策定する非営利団体のZigBee(R) アライアンスは19日、市場をリードするZigBee(R)の種々の無線規格を単一規格のZigBee 3.0(http://www.zigbee.org/Home.aspx )に統一すると発表した。この標準規格は幅広いスマートデバイス間の相互運用性を実現、シームレスに連動する革新的な製品やサービスへのアクセスを消費者や企業にもたらし、日常生活を向上させる。

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20141118/159178

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20091005/SF86596LOGO  

この新しい規格は、消費者に現在恩恵をもたらしている数千万のデバイスで使用されているZigBeeの各規格を統合する。このZigBee 3.0規格によって、ホームオートメーション、コネクティッド照明、エネルギー効率、その他各種の市場向けのデバイス間での通信と相互運用性が可能となり、製品開発者やサービスプロバイダーはより多様で、完全に相互運用できるソリューションを提供できるようになる。開発者は、現在のZigBee PROベースの規格で定義されているすべてのデバイスタイプ、コマンド、機能を、新規格でも利用できる。

Philips Connected Lightingのマーケティング&パートナーシップ担当責任者であるフィリップ・ヤン・デポー氏は「消費者の満足がPhilips のhue事業を牽引する力の中核となっている。消費者はスマートデバイスが役に立ち、シンプルであることを期待しており、われわれは照明を中心にコントロールとクリエートが容易な新しくて上質な体験を提供していく。ZigBeeのプロトコルはそれを実現するための重要な鍵であり、ZigBee 3.0規格の適用が広がれば、さまざまな分野でシームレスな通信が可能となり、当社のユーザーに対してこれまで以上に優れた機能性を提供することが可能となる。相互運用性が容易になったことで、新たな使用事例が生まれ、消費者を満足させることになる」と語った。

ZigBee 3.0でははホームオートメーション、照明、エネルギー管理、スマートアプライアンス、セキュリティー、センサー、ヘルスケア用モニター製品など、デバイスタイプとしてこれまでにない多様なタイプを定義している。ZigBee 3.0は、簡便な自前のインストレーションも、専門業者による設置システムも、ともにサポートする。IEEE 802.15.4に基づき2.4 GHz(世界中で使用可能な周波数)で動作するZigBee 3.0は、ZigBee PROネットワーキングを利用して、最小サイズかつ最小電力のデバイスによる信頼できる通信を実現する。ZigBeeホームオートメーションおよびZigBeeライト・リンクに基づく現行のZigBee認証製品は、ZigBee 3.0との相互運用が可能である。ZigBee 3.0の開発のためそれに統合された規格の全リストは、ウェブサイトhttp://www.ZigBee.org で参照できる。

ON Worldのリサーチディレクターであるマレカ・ハトラー氏は「ZigBeeアライアンスは、アプリケーションレベルの標準化という重要な必要に応えている。今回の発表はアライアンスのインターネット・オブ・シングスにおけるリーダーシップを強化するものであり、アライアンスは今後もスマートホーム、コネクティッド照明、その他の高成長市場向けの革新的な製品・サービスの基盤を提供していくことになる」と語った。

ZigBee 3.0は現在テスト中である。The Kroger Co.、Legrand、NXP、フィリップス、シュナイダーエレクトリック、Silicon Labs、テキサス・インスツルメンツ、Wincor Nixdorf、 V-Markなど、多くのアライアンス・メンバーが開発およびテストプロセスに積極的に関与してきた。ドラフト規格はZigBeeアライアンス・メンバーがすでに入手でき、2015年第4四半期に承認される見通し。ZigBee 3.0のデモは2015年1月のConsumer Electronics Showで行われる予定。

ZigBeeアライアンスのトービン・J・M・リチャードソン社長兼最高経営責任者(CEO)は「ZigBeeアライアンスは、真の相互運用性はネットワークのあらゆるレベル、とりわけユーザーが最も近くで接触するアプリケーションレベルでの標準化によって実現できると、常日頃考えてきた。アライアンス・メンバーが世界市場に製品を投入して学んできた経験のおかげで、われわれは種々のアプリケーション規格を単一規格に統合することが可能となった。ZigBee 3.0によって製品開発者は、メッシュネットワーキング、グリーンパワー(Green Power)などのZigBee独自の機能を最大限に活用し、高信頼性でセキュア、低電力で低コストのソリューションを、あらゆる市場に提供することが可能となる」と語った。

ZigBee 3.0の利点および機能に関する詳細は、ウェブサイトhttp://www.ZigBee.org を参照。

▽無料ウェビナー

ZigBee 3.0の詳細を知るには、ZigBeeアライアンスが12月2日に開催する無料Webinar「ZigBee 3.0 - The Open, Global Standard for the Internet of Things(ZigBee 3.0-インターネット・オブ・シングス向けのオープンな世界標準規格)」にご参加願いたい。このウェビナーは米国太平洋標準時で2日午後8時から9時まで行われ、アライアンス・メンバーの専門家が出席する。参加予約スペースが限られているので、以下のサイトで急ぎ登録していただきたい。

https://attendee.gotowebinar.com/register/6974386235874703106

▽ZigBee:あなたの世界をコントロール

ZigBeeはオープンでグローバルな唯一の無線規格を提供しており、日常のシンプルでスマートなデバイスの連動性を実現し、みんなが自分の日常世界をコントロールすることを支援する。ZigBeeは世界の消費者、商業、産業市場で使用されるモニターと制御のための、主流の標準規格である。ZigBeeアライアンスはオープンな非営利エコシステムで、家庭および企業で利用するためインターネット・オブ・シングスを定義する規格を開発・推進する約400の組織で構成されている。より詳しい情報は、ウェブサイトhttp://www.ZigBee.org を参照。

▽ZigBee認証(ZigBee Certfied)

ジグビー認証プログラムは、ZigBee 3.0規格を使用して製造された製品が想定通りに機能し、異なったメーカーの製品が互いに相互運用することを保証する。製品の認証はまた、アライアンスの規格開発プロセスの重要な一部を構成している。他の標準化団体とは異なり、製品のテストおよび認証は、ZigBee規格を使用のためにリリースする前に、必要とされる。ZigBee認証プロセスによってメーカーは、ZigBeeによるシンプルなコントロールから恩恵を受けるあらゆる顧客に対し、さまざまな製品を提供することが可能となる。詳細は、ウェブサイトhttp://zigbee.org/zigbee-for-developers/zigbeecertified/ を参照。

ソース:ZigBee Alliance

▽問い合わせ先

Ryan Maley

(ZigBeeアライアンス)

rmaley@ZigBee.org

+1-708-497-9260

Traci Renner

(Golin、ZigBeeアライアンス担当)

trenner@golin.com

+1-714-918-8226

ZigBee 3.0 Creates Single Open, Global Wireless Standard for Devices

PR58634

SAN RAMON, California, Nov. 19, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

-- ZigBee Alliance unifies application standards for Internet of Things

The ZigBee(R) Alliance, a non-profit association of organizations creating

open, global standards that define the Internet of Things for use in consumer,

commercial and industrial applications, today announced the unification of its

market-leading wireless standards to a single standard named ZigBee 3.0

(http://www.zigbee.org/Home.aspx) . This standard will provide interoperability

among the widest range of smart devices and give consumers and businesses

access to innovative products and services that will work together seamlessly

to enhance everyday life.

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20141118/159178

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20091005/SF86596LOGO

The new standard unifies ZigBee standards found in tens of millions of devices

delivering benefits to consumers today. The ZigBee 3.0 standard enables

communication and interoperability among devices for home automation, connected

lighting, energy efficiency and other markets so more diverse, fully

interoperable solutions can be delivered by product developers and service

providers. All device types, commands, and functionality defined in current

ZigBee PRO-based standards are available to developers in the new standard.

"Happy consumers are the core driving force of all Philips hue activities.

Consumers expect their smart devices to just work and be simple, and we

continue to deliver new and rich lighting centric experiences that are easy to

control and create," said Filip Jan Depauw, Head of Marketing & Partnerships at

Philips Connected Lighting. "The ZigBee protocols are a key enabler to achieve

this, and the broader ZigBee 3.0 standard further enables seamless

communication across different domains and will therefore allow us to offer

even greater functionality to our users. Interoperability made simple empowers

new use cases and happy consumers."

ZigBee 3.0 defines the widest range of device types including home automation,

lighting, energy management, smart appliance, security, sensors, and health

care monitoring products. It supports both easy-to-use DIY installations as

well as professionally installed systems. Based on IEEE 802.15.4, which

operates at 2.4 GHz (a frequency available for use around the world), ZigBee

3.0 uses ZigBee PRO networking to enable reliable communication in the

smallest, lowest-power devices. Current ZigBee Certified products based on

ZigBee Home Automation and ZigBee Light Link are interoperable with ZigBee 3.0.

A complete list of standards that have been merged to create ZigBee 3.0 can be

seen on the website at http://www.ZigBee.org .

"The ZigBee Alliance is addressing the critical need for application level

standardization," said Mareca Hatler, Director of Research with ON World. "This

announcement will build on the Alliance's leadership across the Internet of

Things, while continuing to provide the foundation for innovative products and

services for smart homes, connected lighting, and other high growth markets."

ZigBee 3.0 is currently undergoing testing. Many Alliance members, including

The Kroger Co., Legrand, NXP, Philips, Schneider Electric, Silicon Labs, Texas

Instruments, Wincor Nixdorf and V-Mark have been actively involved in the

development and testing process. The draft standard is available to members of

the ZigBee Alliance today and is expected to be ratified in Q4 2015. ZigBee 3.0

demonstrations are planned for the Consumer Electronics Show in January 2015.

"The ZigBee Alliance has always believed that true interoperability comes from

standardization at all levels of the network, especially the application level

which most closely touches the user," said Tobin J. M. Richardson, President

and CEO of the ZigBee Alliance. "Lessons learned by Alliance members when

taking products to market around the world have allowed us to unify our

application standards into a single standard. ZigBee 3.0 will allow product

developers to take advantage of ZigBee's unique features such as mesh

networking and Green Power to deliver highly reliable, secure, low-power,

low-cost solutions to any market."

For more information about the benefits and features of ZigBee 3.0, please

visit http://www.ZigBee.org .

Free Webinar

Attend a free online ZigBee Alliance webinar on December 2, 2014 titled "ZigBee

3.0 - The Open, Global Standard for the Internet of Things" to learn more about

the standard. The webinar will be held from 8:00-9:00 am PST and feature

Alliance member experts. Space is limited so please register today at

https://attendee.gotowebinar.com/register/6974386235874703106 .

ZigBee: Control your world

ZigBee offers the only open, global wireless standard enabling everyday simple

and smart objects to work together and help you control your world. ZigBee is

the leading standard for monitoring and control used in consumer, commercial

and industrial markets around the world. The Alliance is an open, non-profit

ecosystem of approximately 400 organizations developing and promoting standards

defining the Internet of Things for use in homes and businesses. For more

information, visit http://www.ZigBee.org

ZigBee Certified

The ZigBee Certified program ensures that products built using ZigBee 3.0

function as expected and products from different manufacturers interoperate

with each other. The certification of products is also a critical part of the

Alliance's standards development process. Unlike other standards organizations,

the testing and certification of products is required before any ZigBee

standard is released for use. The ZigBee Certified process allows manufacturers

to deliver a variety of products to customers of all types who can benefit from

the simplicity of ZigBee control. To learn more about the ZigBee Certified

program, visit: visit: www.zigbee.org/zigbee-for-developers/zigbeecertified/.

SOURCE: ZigBee Alliance

CONTACT: Ryan Maley, ZigBee Alliance, rmaley@ZigBee.org, +1-708-497-9260; Traci

Renner, Golin for ZigBee Alliance, trenner@golin.com, +1-714-918-8226

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中