Agile2015での講演申し込みの受け付けを12月7日から開始 Agile Alliance

Agile Alliance

2014/12/5 09:27

Agile2015での講演申し込みの受け付けを12月7日から開始 Agile Alliance

AsiaNet 58860(1354)

【ポートランド(米オレゴン州)2014年12月4日PRN=共同通信JBN】Agile Alliance(http://www.agilealliance.org/ )はAgile Allianceの世界会議であるAgile2015(http://agile2015.agilealliance.org/ )の「講演申し込みの呼び掛け」に応えるようにアジャイル開発のリーダーに要請した。会議での講演の申し込みは、米東部標準時12月7日午前0時1分から開始される。

 Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20131119/DC20276LOGO

Agile2015会議のポール・ハモンド議長は「Agile2015会議は、知見と経験を世界的な舞台で共有する素晴らしい機会である。昨年の会議には1950人の企業幹部、マネジャー、ソフトウエア開発者、研究者が世界40カ国から参加し、定評ある専門家、執筆者、イノベーターの意見を聞いた。プレミアイベントで講演するのは激しい競争となる。発言したい提案があるアジャイリストは早急に申し込んでもらいたい」と語った。

会議での講演申し込みは、包括的な相互評価プロセスを経て選択される。

講演希望者は16ある会議テーマを慎重に精査し、講演で提案するトピックに最も近いテーマに申し込むことが推奨される。テーマは小規模チームから始める秘訣から、長年の経験に基づく高度なエンタープライズ戦略まで、アジャイル開発のあらゆる面を対象とする。ことしの新味は「Agile in Government」向けの特別テーマである。

Agile Alliance世界会議は14回目の開催となるが、ソフトウエア開発におけるアジャイル方法論に関する有力かつ国際的な非営利会議である。Agile会議はすべて、コネクティングとシェアリングを中心に据えている。参加者は、その多くがアジャイル分野の同業者や最先端のリーダーと出会うため毎年参加している。関係を育み、サポートを受け、知見を習得することで、個人的成功や業界の総体的進歩の両方を助長する濃厚かつ長続きする体験が得られる。会議はオープンで興味をそそるものであり、実世界のアジャイル実装に基づく革新的なアイデアを育成する。

Agile Allinaceの会議に出席したことがある誰もが「これこそが会議運営のあるべき姿である」との感想を語っている。

以下をシェア:#agilealliance年次会議での講演申し込みは現在受け付け中である。

会議での講演を申し込むにはhttp://agile2015.agilealliance.org/for-speakers/ をクリック。

申し込みは2015年2月22日まで受け付ける。詳細は会議ウェブサイトhttp://agile2015.agilealliance.org/ を参照。

▽Agile Allianceについて

Agile Alliance(http://www.agilealliance.org/ )は、アジャイル宣言(Agile Manifesto、http://www.agilealliance.org/the-alliance/the-agile-manifesto/ )で説明しているように、アジャイルソフトウエア開発の概念を推進する非営利組織である。Agile Allianceは世界で1万5000のメンバーおよび支持者を擁し、アジャイル方法論、およびそれが開発者、組織、エンドユーザーにもたらす価値によって推進されている。Agile Allianceは世界中の専門家、学者、企業、ベンダーパートナーのコミュニティーメンバーが参加するAgile Conferenceを開催する。Agile2015会議は2015年8月3日から8日までワシントンで開催される予定。

▽Agile Allianceの報道関係問い合わせ先

Phil Brock, Agile Alliance managing director

+1-503-554-8230

phil.brock@agilealliance.org

ソース:Agile Alliance

Agile2015 Call for Speaker Submissions Opens December 7, 2014

PR58860

PORTLAND, Oregon, Dec. 4, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    Agile Alliance(http://www.agilealliance.org/ ) invites leaders in Agile

development to answer the "Call for Submissions" for Agile2015, Agile

Alliance's Global conference(http://agile2015.agilealliance.org/ ). Submissions

open Sunday, Dec. 7, 2014 at 12:01 a.m. Eastern Standard time.

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20131119/DC20276LOGO

    "The Agile2015 conference is a fantastic opportunity to share your

knowledge and experience on a truly global stage," said Paul Hammond, Agile2015

conference chair. "Last year we were joined by nearly 1,950 executives,

managers, software developers and researchers from 40 countries who gathered to

hear from recognized experts, authors and innovators. Competition to speak at

this premier event is intense. Agilists with a story to tell should submit

early."

    Submissions for the conference are selected via a comprehensive peer review

process.

    Potential presenters are encouraged to carefully review the 16 available

conference tracks and submit proposals under the track that most nearly

represents their proposed topic(s). The tracks cover all aspects of Agile

development, from tips to get started with small teams to advanced, enterprise

strategies based on years of experiences.  New this year will be a special

track for "Agile in Government."

    In its 14th year, the Agile Alliance global conference is the leading

international, noncommercial conference on Agile methods in software

development. At the heart of each Agile Conference is connecting and sharing.

Attendees gather, many for consecutive years, to meet with peers and the

foremost leaders in the Agile space. The relationships made, support received,

and knowledge gained provide an enriching and long-lasting experience that

fosters both individual success and the collective advancement of the industry.

The conferences are open, engaging and foster innovative ideas based on

real-world Agile implementations.

    Virtually everyone who has attended an Agile Alliance conference has

remarked - "this is how a conference should be!"

    Share this: Submissions for the #agilealliance annual conference are now

open!

    To submit a session proposal, click

here(http://agile2015.agilealliance.org/for-speakers/ ).

    The submission system will remain open until Feb. 22, 2015. For more

information visit the conference website(http://agile2015.agilealliance.org/ ).

    About Agile Alliance

    Agile Alliance(http://www.agilealliance.org/ ) is a nonprofit organization

dedicated to promoting the concepts of Agile software development, as outlined

in the Agile

Manifesto(http://www.agilealliance.org/the-alliance/the-agile-manifesto/ ).

With 15,000 members and subscribers around the globe, Agile Alliance is driven

by the principles of Agile methodologies and the value delivered to developers,

organizations, and end users. Agile Alliance organizes the annual Agile

Conference, the industry's leading event that attracts worldwide practitioners,

academia, business, and vendor-partner community members. The Agile2015

Conference is scheduled for August 3 - 8, 2015 in Washington, D.C.

    Agile Alliance Media Contact:

    Phil Brock, Agile Alliance managing director

    +1-503-554-8230

    phil.brock@agilealliance.org

    SOURCE: Agile Alliance

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中