ハイセンスがCESで初めてトレンドセッターに 業界が進むべき方向を提示

ハイセンス

2015/1/8 13:58

ハイセンスがCESで初めてトレンドセッターに 業界が進むべき方向を提示

AsiaNet 59135 (0042)

【青島(中国)2015年1月7日PRN=共同通信JBN】

*テレビはスクリーンなしの時代に突入

毎年開催される世界最大の消費家電製品ショー「2015年インターナショナルCES」が1月6日に開幕した。世界から大手消費家電メーカーがこのショーに参加し、最新で最高の製品を展示している。

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20150106/167211

ラスベガス時間の1月5日午後、世界的な家電メーカーのハイセンス(Hisense)はショーのメーン会場で、「テレビはスクリーンなしの時代に突入した」をテーマとした記者会見を開いた。ハイセンスは新しい「スクリーンなし」コンセプトを掲げレーザー・シアターテレビ市場に参入した最初の企業である。中国本土の市場ですでに販売されている新製品は、最初の2カ月で1万台販売された。ハイセンスは標準的なテレビ受像機の主要コンポーネントから離脱する自信を深めた。サムスン、LGが主に製造する「スクリーン」はテレビ受像機にとって不可欠なパーツであった。しかし、時代を制する優位性が衰退するのは間近で、スクリーンは不要となり、今後はスクリーンなしのレーザー・テレビ時代になる。

ハイセンス・グループの主任サイエンティスト、ファン・ウェイピン氏は「『スクリーンなしテレビ』は今後の業界トレンドとなる。壁面や布地でも『スクリーン』の役割を果たす。ハイセンスのレーザー・シアターテレビは序の口ではあるが、すでに成功をおさめた試みでもある。大規模な普及や販売促進が近く起きる。現状ではコストが高いものの、100インチ製品の価格は同サイズのLCDテレビの10分の1にすぎない」と語った。

ソース:Hisense

Hisense Becomes the Trend Setter for the First Time at CES, Setting A New Direction for the Entire Industry

PR59135

QINGDAO, China, Jan. 7, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

- TV Enters the No-screen Era

The world's largest annual consumer electronics show, 2015 International CES,

kicked off on January 6th, 2015. Mainstream consumer electronics businesses

from around the world compete to show their newest and their best at the event.

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20150106/167211

On January 5th afternoon, Las Vegas local time, a press conference titled "TV

has entered into the No-screen Era" was held by global consumer electronic

maker, Hisense, at the event's main venue. Hisense was the first to enter the

laser theater TV market with the new "no-screen" concept. The new product that

was already selling in the Mainland China market has seen a 10,000-unit sales

within just the first two months. Hisense's confidence has come into rise as it

departs from the reliance on a standard television set's key components. The

"screen" that was pre-dominantly produced by brands like Samsung and LG used to

be a vital part of similar sets. Now, that rule-the-day advantage will soon

fade as screens are going to be discarded once and for all in the no-screen

laser TV era.

Hisense Group's chief scientist Huang Weiping predicted: "No-screen TV" will

become the future trend of the industry. A wall, or even a piece of cloth,

might serve as the "screen". Hisense's laser theater TV is just a small

beginning and already a successful attempt. Large-scale popularization and

promotion is just around the corner. Despite the fact that the costs remain

high at present, the price of a 100-inch product amounts to only one-tenth of

that of an LCD TV of the same size.

SOURCE:  Hisense

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中