日本は、情報収集能力を向上させるため、ノースロップ・グラマンのE-2D先進型ホークアイとRQ-4グローバルホークを選択

ノースロップ・グラマン

2015/1/19 11:08

AsiaNet 59154 (0048)

日本は、情報収集能力を向上させるため、ノースロップ・グラマンのE-2D先進型ホークアイとRQ-4グローバルホークを選択

【レッドモンドビーチ(米カリフォルニア州)2015年1月19日PRN=共同通信JBN】日本の防衛省は情報収集、監視、偵察能力を増強するため、ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman Corporation、NYSE: NOC)(http://www.globenewswire.com/newsroom/headlines.html?symbol=NOC

の2つのシステムの導入を決定した。

   Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20121024/LA98563LOGO

   関連写真は次のウェブサイトにて確認可能: http://media.globenewswire.com/noc/mediagallery.html?pkgid=29950

日本政府は自国の主権を維持するため、機種選定と呼ばれる方法によってE-2D先進型ホークアイ空中早期警戒機とRQ-4グローバルホーク無人機システムを選択した。

機種選定とは、購入する能力とシステムが防衛上の特定の必要性に合致していることを確認するものである。機種選定に続き、米政府は上記の装備について対外有償軍事援助(FMS)手続きに入ることが求められる。

Northrop Grumman Aerospace Systemsのメアリー・ペトリシュン国際担当副社長は「ノースロップ・グラマンは日本の航空自衛隊と長年にわたって協力してきた。今後とも引き続き良好な関係を維持していきたい。また、日本の防衛省がこれらのシステムへの信頼と、さらに今後FMSプロセスでも協力していくことを表明されたことをたいへん嬉しく思う」と述べた。

契約の諸条件、時期、数量については未定であり、詳細は現時点では明らかにされていない。

ノースロップ・グラマンは、世界の政府、民間顧客に対し、無人システム、サイバー、C4ISR分野の革新的なシステム、製品、ソリューションとロジスティクス、近代化を提供する、世界的かつ主要なセキュリティ企業である。詳しい情報は、www.northropgrumman.com を参照。

ソース: Northrop Grumman Corporation

▽問い合わせ先

Caitlin O'Connor

+1-321-951-6685 (office)

+1-760-484-7683 (mobile)

caitlin.oconnor@ngc.com; or

Warren A. Comer

+1-858-618-7788 (office)

+1-858-705-7246 (mobile)

warren.comer@ngc.com

Japan Selects Northrop Grumman's E-2D Advanced Hawkeye and RQ-4 Global Hawk to Improve Intel Gathering Capabilities

PR59154

REDONDO BEACH, Calif., Jan. 19, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

   The Japan Ministry of Defense has selected two Northrop Grumman Corporation

(NYSE: NOC) (http://www.globenewswire.com/newsroom/headlines.html?symbol=NOC)

systems to enhance its intelligence, surveillance and reconnaissance

capabilities.

   Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20121024/LA98563LOGO

   Photos accompanying this release can be found here:

http://media.globenewswire.com/noc/mediagallery.html?pkgid=29950.

   Under a process known as type selection, the Japanese government chose the

E-2D Advanced Hawkeye airborne early warning aircraft and the RQ-4 Global Hawk

unmanned aircraft system to help maintain the country's sovereignty.

   Type selection identifies the capabilities and systems to be purchased to

meet specific defense requirements. Following selection, the U.S. government

will be asked to enter into the foreign military sale (FMS) process for these

items.

   "Northrop Grumman has a long history working with Japan's Air Self-Defense

Force and we look forward to continuing that relationship for many years to

come," said Mary Petryszyn, vice president for International, Northrop Grumman

Aerospace Systems. "We are very pleased the Japan Ministry of Defense has

expressed confidence in these systems and look forward to working with our U.S.

military customers through the FMS process."

   Contract terms, timing and quantities of aircraft are yet to be determined

and, as such, details are not available at this time.

   Northrop Grumman is a leading global security company providing innovative

systems, products and solutions in unmanned systems, cyber, C4ISR, and

logistics and modernization to government and commercial customers worldwide.

Please visit: www.northropgrumman.com for more information.

    SOURCE: Northrop Grumman Corporation

   CONTACT: Caitlin O'Connor

            +1-321-951-6685 (office)

            +1-760-484-7683 (mobile)

            caitlin.oconnor@ngc.com; or

            Warren A. Comer

            +1-858-618-7788 (office)

            +1-858-705-7246 (mobile)

            warren.comer@ngc.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中