ウラジオストク国際空港の株式落札 ロシア直接投資基金のコンソーシアム

ロシア直接投資基金(RDIF)

2015/2/26 13:35

ウラジオストク国際空港の株式落札 ロシア直接投資基金のコンソーシアム

AsiaNet 59606 (0280)

【モスクワ2015年2月25日PRN=共同通信JBN】ロシア極東部のウラジオストク国際空港(Vladivostok International Airport)への株式投資入札がこのほど行われ、ロシア経済に100億ドル規模の株式投資を行っているロシア直接投資基金(Russian Direct Investment Fund、RDIF)、世界的な空港運営会社であるChangi Airport Groupの完全子会社であるChangi Airport International(チャンギ国際空港、CAI)、それにロシアの多角的産業グループの1つであるBasic Elementの3者で構成するコンソーシアムが落札した。3者はコンソーシアム内で、それぞれ同率で株式を保有する。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130215/594798

コンソーシアムの入札は技術面と法律要件、資金力に基づいて審査され、ベストと評価された。手続きは当局の認可を経て完了する。

ウラジオストク国際空港はロシア極東とアジア太平洋の2つの航空路が交差する場所に位置し、航空輸送システムの開発が戦略的に重要な課題になっている。

ウラジオストク国際空港は2012年に大規模な改修工事を実施、新しいターミナルビルが完成してあらゆる種類の航空機が受け入れ可能になった。施設の改修で旅行客の快適さも高まった。

RDIFのキリル・ドミトリエフ総裁(CEO)はこう語った。「コンソーシアムのパートナーであるCAIとBasic Elementは国内・国外で他に例を見ない優れた実績を重ねており、ウラジオストク国際空港のこれからの発展にとって重要な原動力になる。政府系ファンドを含む中東の大手投資ファンド4社が、RDIFの共同投資スキームに基づき、この案件に参加を表明してくれたことを喜んでいる。オープンスカイ協定の発効によって、この空港はアジア太平洋の輸送・物流網でロシアの重要なハブになる潜在力がある。ウラジオストクから2時間の飛行圏内には4億人以上の人々が住む。この輸送ハブは地域の経済発展にあらゆる段階で貢献する」

▽ロシア直接投資基金について

ロシア直接投資基金(Russian Direct Investment Fund、RDIF)は2011年6月に設立され、国際的に名声のある金融・戦略的投資機関と共同して、主にロシアで株式投資をしている。RDIFの管理会社はモスクワに本社を置き、ロシア開発対外経済銀行(Vnesheconombank)の100%子会社である。詳しい情報は次のウェブサイトを参照:

http://www.rdif.ru

ソース:Russian Direct Investment Fund(RDIF)

PR59606

Russian Direct Investment Fund, Changi Airports International and Basic Element Consortium Wins Tender to Acquire Shares in Vladivostok International Airport

MOSCOW, Feb. 25, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

    The consortium comprising the Russian Direct Investment Fund (RDIF), a $10

billion fund established to make equity investments into Russian

economy, Changi Airports International (CAI), a wholly-owned subsidiary of the

world's leading airport operator Changi Airport Group, and Basic Element, one

of Russia's diversified industrial groups, has been announced as the winner of

the tender to acquire shares in Vladivostok International Airport in Russia's

Far East. Each member will hold an equal share in the consortium.

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130215/594798 )

    The consortium's bid was recognised as the best based on the strength of

the technical, legal and financial components in the submission. The

transaction will be closed after regulatory approvals are received.

    Vladivostok International Airport is strategically important for the

development of the air transportation system in the region due to its

geographical location - the crossing of two air routes between the Russian Far

East and the Asia Pacific region.

    In 2012, the aerodrome at Vladivostok International Airport underwent

large-scale modernisation and a new terminal construction and is since able to

receive all types of aircraft. The upgraded infrastructure has also enhanced

the travelling experience of passengers.

    Kirill Dmitriev, CEO of the Russian Direct Investment Fund (RDIF), said:

    "The unique global and local experience of our consortium partners, CAI and

Basic Element, will be crucial for the further development of Vladivostok

International Airport. We are glad that four large investment funds from the

Middle East including the leading sovereign wealth funds of the region

expressed their intention to join this deal as part of RDIF automatic

co-investment mechanism. With an Open Skies policy in place, this airport has

the potential to become a key Russian hub within the Asia-Pacific

transportation and logistics network. Over 400 million people live within two

hours flight of Vladivostok. The transportation hub will promote economic

development in the region at every level."

    About the Russian Direct Investment Fund

    Russian Direct Investment Fund (RDIF) was established in June 2011 to make

equity co-investments primarily in Russia alongside reputable international

financial and strategic investors. Based in Moscow, RDIF's management company

is a 100% subsidiary of Vnesheconombank. Further information is available at

http://www.rdif.ru.

    SOURCE: Russian Direct Investment Fund (RDIF)  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中