Bullitt Group が「空を飛ぶ」ヨットレースを後援

Bullitt Group

2015/3/6 15:55

Bullitt Group が「空を飛ぶ」ヨットレースを後援

AsiaNet 59728 (0333)

【レディング(英国)2015年3月5日PRN=共同通信JBN】Bullitt Group は2015年から2年間、最先端のフォイリング・カタマランで帆走する欧州のヨットレース・サーキット、32GCレーシングツアーのタイトルスポンサーになることで合意した。

GC32シリーズはヨットレースの最高峰、アメリカズカップの直近のレース中に着想された。水中翼技術を利用したAC72カタマランで競われたレースで、双胴船の胴体2つが同時に水面から1メートル以上も浮いて、文字通り空を飛びながらコースを回った。

重力に反するセーリングは最新のヨットデザインを代表、GC32は35ノット以上のスピードを出すことも可能な世界最速の単一仕様レーシングヨットになっている。

Bullitt GC32 レーシングツアーは2015年、オーストリア、英国、ドイツ、イタリア、フランスの5カ国で行なわれる。である。競技参加者はアメリカズカップや世界選手権、オリンピックの選手から熱心なアマチュアまでおり、全員が空を飛ぶヨットで競技する体験を渇望している。

Bullitt Group はセーリングのスポンサーに無縁ではない。2014年7月、Cat Phonesのブランド名でコンラッド・ハンフリー Class 40を後援、セーリング・スポーツを通じてセーリングやアウトドアスポーツのファンと関わることを目指した。Bulitt Group の創業者コリン・バットとデーブ・フロイドの両氏はかつてモトローラに所属、ハンフリーのVendee Globe シングルハンデッド無着陸世界一周レースやエクストリーム・セーリングシリーズのスポンサーを務めた。

Bullitt Group は世界的なブランドと提携して消費者向けエレクトロニクス製品を設計、製造、販売している。キャタピラーの「頑丈な」モバイルデバイスとアクセサリーの世界ライセンシーであり、コダックの使いやすいスマートフォンとコネクテッドデバイス、Ministry of SoundとTed Bakerのオーディオ製品とも提携している。

Bulitt Groupのデーブ・フロイド共同最高経営責任者(CEO )はスポンサーシップについて「GC32 フォイリング・カタマランはセーリングにおけるエキサイティングな革新であり、われわれは新しいツアーのスタートから、この競技の進行を支援したいと思った。それはまさに、われわれがブランドのためにモバイル・オーディオ業界の中でしてきたことである。セーリングレースはこの夏中、欧州の魅力的なロケーションでわれわれのデバイスを披露する完全なプラットフォームになり、もちろんわれわれはその一部になる」と語った。

GC32 Class Association の会長で元オリンピックのスター、フラビオ・マラッジ氏はBulitt を祝福して「Bulitt Group がスポンサーとしてGC32 レーシングツアーに加わることを歓迎し、今後力強い関係をともに築いていくことを期待している。GC32 レーシングツアーの発足当初から関わってもらうことは、Bulitt Groupが先見の明を持っていることを示すものである。Bulitt Group は真に革新的な企業であり、われわれのスポーツにビッグなブランド名をもたらし、大きく貢献することは間違いない」と話した。

詳しい情報はhttp://www.gc32racing.com を参照。

編集者向け注意

▽Bullitt Groupについて

2009年にコリン・バット、デービッド・フロイド、リチャード・ワートンによって設立されたBullitt Group は、世界的なブランドと提携して消費者向けエレクトロニクス製品を設計、製造、販売している。キャタピラーの「頑丈な」モバイルデバイスとアクセサリーの世界ライセンシーであり、コダックの使いやすいスマートフォンとコネクテッドデバイス、Ministry of SoundとTed Bakerのオーディオ製品とも提携している。英国のレディングに本拠を置き、その製品は世界60カ国以上で販売、台湾、英国、米国など重要市場に事務所を置いている。

Bullitt Group はシンプルだが賢明なビジネスモデルを採用している。サービスが行き届かない市場エリアを対象に開発、製造を行うために、世界的に名の知れたブランドと提携している。ブランドのDNAを理解し、応用することはBulitt のアプローチにとって根本的に重要である。Bulitt と提携先ブランドとの間には深い信頼と強い切望に基づいた関係があり、ブランド価値の基盤になっている。

▽GC32 Racing Tourについて

GC32 は全長10メートル(バウスプリットを含め12メートル)、幅6メートルの双胴船。フォイルで固定され、飛行機が空を飛ぶのと同じように水上を「飛ぶ」最新デザインの高性能セーリングヨットである。これによりGC32は同一設計サイズで世界最速のレースが可能になり、30ノット以上のスピードも出せる(従来の最高記録は37.9ノット)。

GC32のフォイリング・テクノロジーはサンフランシスコの2013年アメリカズカップで使われたAC72カタマランをベースにしており、シンプルにするためスケールダウンされた。このため、プロセーラーでも個人オーナーでも、低予算にもかかわらずスリル100%の最先端ヨットレースを体験できる。

▽2015年GC32 レーシングツアー

5月27-31日:オーストリアカップ、トラウンゼー湖、オーストリア

6月24-27日:カウズカップ、カウズ、英国

7月29日-8月2日:キール、ドイツ

8月27-30日:ローマカップ、フィウミチーノ、ローマ、イタリア

9月30日-10月3日:マルセーユ・ワンデザイン、マルセーユ、フランス

ソース: Bullitt Group

Bullitt Group Backs Race Circuit for Gravity-Defying Yachts

PR59728

READING, England, Mar. 5 /PRN=KYODO JBN/ --

Bullitt Group has agreed a two-year title sponsorship deal (over 2015-6) with

the GC32 Racing Tour - a European yacht racing circuit, sailed in state of the

art foiling catamarans.

The GC32s were inspired by the last running of yacht racing's pinnacle event,

the America's Cup. This was last contested in AC72 catamarans which use

hydrofoil technology to literally fly around the race course, both hulls often

more than a metre above the water.

This gravity-defying sailing represents the cutting edge of yacht design and

makes the GC32 one of the world's fastest one design racing yachts, capable of

speeds of 35+ knots.

In 2015, the Bullitt GC32 Racing Tour will comprise five events visiting

Austria, UK, Germany, Italy and France. Its competitors range from America's

Cup sailors, World Champions and Olympians to keen amateurs, all hungry to

experience the thrill of racing these flying boats.  

Bullitt Group is no stranger to sailing sponsorship. In July 2014 under its Cat

Phones brand, the company sponsored Conrad Humphreys' Class 40 with the aim of

engaging with sailing and outdoor sports enthusiasts via the sport. Prior to

Bullitt, both Colin Batt and Dave Floyd, two of Bullitt Group's co-founders,

were with Motorola, which sponsored Humphreys' campaigns in the Vendee Globe

singlehanded handed non-stop round the world race and the Extreme Sailing

Series.

Bullitt Group designs, manufactures, markets and sells consumer electronic

devices in partnership with global brands. It is the worldwide licensee of

Caterpillar Inc. for 'rugged' mobile devices and accessories, Kodak for

easy-to-use smartphones and connected devices and Ministry of Sound and Ted

Baker for audio products.

Dave Floyd, Co-CEO Bullitt Group explained the sponsorship: "GC32 foiling

catamarans are the exciting innovation in sailing and we want to be involved in

this new tour from the start to help influence the way the sport is going,

exactly as we have within the mobile and audio industries for the brands we

work with. The races will be the perfect platform to showcase our devices in

fantastic European locations throughout the summer and of course we get to be

part of the action."

GC32 Class Association President, former Olympic Star sailor Flavio Marazzi

greeted Bullitt Group: "We delighted to welcome Bullitt Group as sponsor of the

GC32 Racing Tour and we looking forward to our building a strong relationship

together. Getting involved with the GC32 Racing Tour right from the outset

demonstrates what a forward thinking company Bullitt Group is. Bullitt Group is

clearly an innovative company and bringing big name brands to our sport can

only be positive."

More information at http://www.gc32racing.com

Notes to Editors

About Bullitt Group

Founded in 2009 by Colin Batt, David Floyd and Richard Wharton, the Bullitt

Group designs, manufactures, markets and sells consumer electronic devices in

partnership with global brands. It is the worldwide licensee of Caterpillar

Inc. for 'rugged' mobile devices and accessories, Kodak for easy-to-use

smartphones and connected devices and Ministry of Sound and Ted Baker for audio

products. Based in Reading, UK, Bullitt's products are sold in more than 60

countries and the company has a presence in key markets across the globe

including Taiwan, Taipei, the UK and the USA.  

Bullitt Group has a simple yet clever business model. It works with

well-established, global brands to develop, manufacture and sell much-needed

products to under-served market areas. Understanding and applying the DNA of

those brands is fundamental to Bullitt's approach. The relationship between

Bullitt and each brand is built on a deep trust and a strong desire by both

parties to remain true to the brand values.

About the GC32 Racing Tour

The GC32 is a 10m long (12m including bowsprit) by 6m wide catamaran that is

fitted with foils, that make the boat 'fly' through the water, much the same as

a plane flies through air - the very latest in high performance sailing yacht

design. It is this that makes the GC32 the world's fastest one design race boat

of its size, capable of speeds well in excess of 30 knots (its top recorded

speed to date is 37.9 knots).

The GC32's foiling technology is based on that used by the AC72 catamarans

during the 2013 America's Cup in San Francisco, but it has been scaled down and

simplified. This enables professional sailors and private owners to experience

the cutting edge of yacht racing in a much more cost-effective manner but still

with 100% of the thrill.

GC32 Racing Tour 2015

27-31 May: Austria Cup - Lake Traunsee, Austria

24-27 June: Cowes Cup - Cowes, UK

29 July-2 August: Kiel, Germany

27-30 August: Rome Cup - Fiumicino, Rome, Italy

30 September-3 October: Marseille One Design - Marseille, France

Source: Bullitt Group

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中