(ISC)2が第9回アジア・パシフィック情報セキュリティー・リーダーシップ・アチーブメント(ISLA)プログラムの候補者ノミネートの受付を開始

(ISC)2 Asia Pacific

2015/3/30 12:23

(ISC)2が第9回アジア・パシフィック情報セキュリティー・リーダーシップ・アチーブメント(ISLA)プログラムの候補者ノミネートの受付を開始

AsiaNet 59946(0417)

【香港2015年3月30日PRN=共同通信JBN】情報およびソフトウエアのセキュリティー・プロフェッショナルの認定を世界中で実施する世界最大の会員制非営利団体であり、10万人近くの会員を有する(ISC)2(アイ・エス・シー・スクエア)は27日、第9回アジア・パシフィック情報セキュリティー・リーダーシップ・アチーブメント(アジア・パシフィックISLA(TM))プログラムの候補者ノミネートを受け付けると発表した。2015年アジア・パシフィックISLAの受賞者は、2015年7月29日夕にフィリピンのソフィテル・フィリピン・プラザ・マニラにて(ISC)2セキュリティー・コングレスAPAC 2015(http://www.informationsecurityasia.com/)とともに開催される夕食会で、(ISC)2の関係者およびアドバイザリー・カウンシル・メンバーにより表彰される。

アジア・パシフィックISLAプログラム(www.isc2.org/isla )は、(ISC)2アジア・パシフィック・アドバイザリー・カウンシルと協力して情報およびソフトウエア・セキュリティーの高い技能を持ち倫理観のある人材を育成するため、アジア・パシフィック地域の情報およびソフトウエア・セキュリティーのリーダーによる継続的なコミットメントを表彰する(ISC)2の取り組みの一環として、2007年に創設された。アジア・パシフィックISLAの表彰はプロフェッショナル認定の有無によって判断されるものではない。「Senior Information Security Professional」「Managerial Professional for an Information Security Project」「Information Security Practitioner」の3つの部門でノミネートを受け付ける。

アジア・パシフィック(ISC)2のマネージングディレクターであるクレイトン・ジョーンズ氏は「長年にわたり、アジア・パシフィックISLAプログラムによって、われわれはコミュニティーにおける情報およびソフトウエア・セキュリティーの重要性の認識を高めることに成功してきた。またアジア・パシフィックISLAがわれわれのサイバー世界を日々にわたりセキュアにしてくれている隠れたプロフェッショナルを表彰し、コミュニティー全体の意識を高めることに弾みをつける手段になっていることに満足している」と語った。

推薦候補者を審査する委員会は、アジア・パシフィック地域にある業界の上級情報セキュリティー専門家で構成され、選抜基準および要件に基づき3つの部門から受賞者を選考する。コミュニティーサービス・スター1人は審査委員会によって選抜され、過去1年間で所属するコミュニティーのセキュリティー意識を広げることに寄与した個人を表彰する。

情報通信研究機構のネットワークセキュリティ研究所サイバーセキュリティ研究室の井上大介室長は「昨年のSenior Information Security Professional部門で模範的な受賞者の1人として選ばれたことは大変光栄である。情報およびソフトウエア・セキュリティーのプロフェッショナルには、この名誉ある表彰プログラムに参加することを強く勧めたい。昨年の夕食会はわたしのキャリアのハイライトの1つとして楽しむことができ、また地域の同業者や業界を越えた仲間と会う機会を得ることができた」と語った。

アジア・パシフィックISLAの候補者を推薦するにはウェブサイトhttp://bit.ly/1xhH6bV を参照して申請フォームに記入の上、ノミネート受付の締め切り2015年5月8日までに提出することとなる。

▽(ISC)2(R)について

1989年に設立された(ISC)2(アイ・エス・シー・スクエア)は、情報およびソフトウエアのセキュリティー・プロフェッショナルの認定を世界中で実施する、世界最大の会員制非営利団体であり、160カ国以上に10万人近くの会員を擁している。(ISC)2では、世界的に代表的な資格として認められているCISSP(R)(Certified Information Systems Security Professional)および関連資格の他、CSSLP(R)(Certified Secure Software Lifecycle Professional)、CCFP(R)(Certified Cyber Forensics Professional)、CAP?(Certified Authorization Professional)、HCISPP(SM)(HealthCare Information Security and Privacy Practitioner)SSCP(R)(Systems Security Certified Practitioner)などの資格認定を行っている。(ISC)2の資格は、IT分野の人材を評価・認定する際のグローバルなベンチマークである「ISO/IEC 17024」の厳しい要求を満たした最初のIT関連資格の1つである。また、(ISC)2は、情報セキュリティー分野の知識を体系化した独自のCBK(R)に基づき、情報セキュリティー関連の教育プログラムやサービスを提供している。より詳しい情報はwww.isc2.org を参照。

(C) 2015, (ISC)2 Inc.、(ISC)2、CISSP、ISSAP、ISSMP、ISSEP、CCFP, CSSLP、CAP、SSCPおよびCBKはいずれも(ISC)2, Inc.の登録商標である。また、HCISPPは(ISC)2, Inc.のサービスマークである。

▽問い合わせ先

衣川俊章

(ISC)2 Japan

+81-3-5366-4824

tkinugawa@isc2.org

(ISC)2 Opens Nominations for 9th Asia-Pacific Information Security Leadership Achievements (ISLA) Program

PR59946

HONG KONG, Mar. 30, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

(ISC)2(R) ("ISC-squared"), the largest not-for-profit membership body of

certified information and software security professionals worldwide, with over

100,000 members, announced today it is now accepting nominations for its

Asia-Pacific Information Security Leadership Achievements Program (Asia-Pacific

ISLA(TM)). (ISC)2 officials and advisory council members will honor the 2015

Asia-Pacific ISLA honorees at a gala dinner, held on the evening of July 29,

2015, in conjunction with (ISC)2 Security Congress APAC 2015

http://www.informationsecurityasia.com/ at Sofitel Philippine Plaza Manila,

Philippines.

The Asia-Pacific ISLA www.isc2.org/isla program, which is in co-operation with

the (ISC)2 Asia-Pacific Advisory Council, was established in 2007 as part of

(ISC)2's effort to recognize the ongoing commitment by information and software

security leaders in Asia-Pacific to build a highly qualified and ethical

information and software security workforce. Asia-Pacific ISLA recognition is

independent of professional certification. Professionals can be nominated in

three categories: Senior Information Security Professional; Managerial

Professional for an Information Security Project; and Information Security

Practitioner.

"Over the years, with the Asia-Pacific ISLA program, we have been successful in

raising the awareness of the importance of information and software security in

our community," said Clayton Jones, managing director, Asia-Pacific (ISC)2. "We

are also pleased to see the Asia-Pacific ISLA as a means to give momentum to

the recognition from the community at large to appreciate the unsung

professionals that secure our cyber world day in and day out."

A nominations review committee comprised of senior information security experts

from the industry in Asia-Pacific will review and select honorees from the

three categories based upon the selection criteria and eligibility

requirements. A Community Service Star will be handpicked by the review

committee to recognize an individual who contributed to broaden security

awareness in his or her community within the last 12 months.

"It was truly an honor to be selected as a showcased honoree in the category of

Senior Information Security Professional last year. I highly recommend that

information and software security professionals get involved in this

prestigious recognition program," said Dr. Daisuke Inoue, Director of

Cybersecurity Laboratory, Network Security Research Institute, National

Institute of Information and Communications Technology, Japan. "I enjoyed last

year's gala dinner as it was a highlight of my career and it also provided me

with an opportunity to meet with the peers from the region and beyond in the

industry."

To nominate a candidate for an Asia-Pacific ISLA, please go to

http://bit.ly/1xhH6bV and complete the submission form. The submission deadline

for nominations is May 8, 2015.

About (ISC)2(R)

Formed in 1989, (ISC)2 is the largest not-for-profit membership body of

certified information and software security professionals worldwide, with over

100,000 members in more than 160 countries. Globally recognized as the Gold

Standard, (ISC)2 issues the Certified Information Systems Security Professional

(CISSP(R)) and related concentrations, as well as the Certified Secure Software

Lifecycle Professional (CSSLP(R)), the Certified Cyber Forensics Professional

(CCFP(R)), Certified Authorization Professional (CAP(R)), HealthCare

Information Security and Privacy Practitioner (HCISPPSM), and Systems Security

Certified Practitioner (SSCP(R)) credentials to qualifying candidates. (ISC)2's

certifications are among the first information technology credentials to meet

the stringent requirements of ISO/IEC Standard 17024, a global benchmark for

assessing and certifying personnel. (ISC)2 also offers education programs and

services based on its CBK(R), a compendium of information and software security

topics. More information is available at www.isc2.org.

(C)2015, (ISC)2 Inc., (ISC)2, CISSP, ISSAP, ISSMP, ISSEP, CCFP, CSSLP, CAP,

SSCP and CBK are registered marks, and HCISPP is service mark, of (ISC)2, Inc.

Kitty Chung

(ISC)2 Asia-Pacific

+852-28506989

kchung@isc2.org

SOURCE: (ISC)2 Asia Pacific

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中