英控訴院が英国消費者の訴訟を阻止するGoogleの試みを棄却

Google Action Group

2015/3/30 16:50

英控訴院が英国消費者の訴訟を阻止するGoogleの試みを棄却

AsiaNet 59999(0437)

【ロンドン2015年3月28日PRN=共同通信JBN】

*イングランド・ウェールズ控訴院は、英国のコンピューターユーザーによる英国での訴訟を阻止しようとしたGoogleの試みを棄却した。

今回の重要な聴聞は、英国高等裁判所が先に下したGoogleの敗訴判決に次ぐものである。コンピューター大手企業Googleがトラッキングクッキーをユーザーのコンピューターに保存しないでほしいとするユーザーの要望を無視したことを受け、英国のコンピューターユーザー3人はGoogleを訴訟、Googleがこれを阻止しようとしたが、英国高等裁判所でGoogleが敗訴した。Googleはその判決を不服として上訴し、この問題は深刻なものではなく、原告側はGoogleの法的措置の結果として金銭上の不利を被ったとは立証されないと主張した。控訴院はこの主張に同意せず、判決で以下のように述べた。

「これらの主張は審理に値する重大な問題を提起している。原告はそのインターネット利用および利用に関連して、しばしば極めてプライベートな性質の情報の秘密に関わる包括的な追跡および照合が行われたとの主張に関係している。この訴訟は、自律への侵害によって生じた不安と苦痛に関わるものである」

Googleに対する3人の原告の中の1人であるマーク・ブラッドショー氏はこの裁定を歓迎して、以下のように語った。

「これは小さな者が大きな者を倒すというダビデとゴリアテ(旧約聖書のサムエル記)の勝利である。控訴院は、Googleが英国司法の目をくぐり、巨大なリソースを利用することはできないことを保証した。私のような一般的なコンピューター利用者は、受け入れがたく、かつモラルに反した不正な行動について、この大企業を法廷で裁いてもらう権利を持つようになる」と語った。

控訴院はまた、プライバシーの侵害は不法行為であり、金銭的な損失を被った時だけ起訴できるというGoogleの主張を退けた高裁のトゥーゲントハット判事の裁定を再確認した。

判決は、Googleがトラッキングクッキーに依存する広告サービスからいかにして利益を上げたかを詳述し、同社は「DoubleClickサービスによって年間数十億ドルの利益を上げていた」と述べた。このサービスは、DoubleClick ID Cookieがユーザーのコンピューターに保存されればインターネット閲覧の傾向、社会階級・人種・民族性、性的関心、労働組合員、宗教・政治信条、精神的・身体的健康、財政状態などのデータを収集する。このような情報は、トラッキングクッキー保存を認めないApple Safariウェブブラウザーのデフォルト・プライバシー設定があるにもかかわらず、いわゆる「Safari回避策」を通じて2011年と2012年にかけた9カ月間に収集された。判決は「関連する期間中にSafari回避策を実行した結果、被告(Google)はSafariユーザーの承知もしくは同意なしに、上述に関連するプライベートな個人情報を取得、記録した」と述べている。

原告を代表する法律事務所Olswangのパートナーであるダン・テンチ氏は判決を歓迎して、「これは英国消費者のプライバシーに非常に深刻な侵害を試みたことから逃れ、もしくはそれを矮小化しようとするGoogleを阻止する重要な判決である。数十億件の広告情報を得たGoogleは、9カ月もの期間にAppleユーザーを秘密裏に追跡したいたことを承知していなかったと主張して、消費者が金銭的損失を受けなかったとして、この問題は些細な問題であるため何らの被害もなかったと主張した。控訴院はこのような主張が消費者の市民権侵害であり、英国法廷の前では違法であると判断した。われわれはGoogleがこの法的決定を順守するよう期待する」と語った。

判決は2011年夏から2012年春の関連期間中のAppleコンピューター、iPhones、iPadsのユーザーによる数百万の英国市民による訴訟の道を開く。Google Action Groupは非営利会社であり、Safari回避策を通じてプライバシーを侵害したインターネット大企業に対する申し立てを管理するため設立された。関連する期間中に英国およびウェールズでSafariブラウザーを利用した人はすべて、Googleに対するグループ活動に参画する権利がある。

(編集者注)

Google Action Groupは非営利会社であり、Googleに対する消費者の申し立てを管理するため設立された。Google Governance Campaignによって創設された同グループは、財政的支援を受けており、スペシャリストの法律事務所ができるだけ早期の機会を得て訴訟を起こすよう指示されている。グループのウェブサイトhttp://www.googleactiongroup.com は30日に開始され、この訴訟行為に参加を希望する消費者は誰でもこのウェブサイトを通じてグループと接触してもらいたい。

ソース:Google Action Group

Google Defeated in English Court of Appeal - Landmark Decision Opens Door for Litigation by Millions of British Apple Users

PR59999

LONDON, Mar. 28 /PRN=KYODO JBN/ --

    The Court of Appeal of England and Wales has dismissed an attempt by Google

to prevent British computer users from being able to sue it in England.

    The landmark hearing followed an earlier defeat for Google in the English

High Court in which it was unsuccessful in preventing three British computer

users from having the right to sue it for breach of privacy, after the computer

giant ignored users' wishes not to have tracking cookies placed on their

computers. Google took the matter to Appeal, arguing that the issue was not

serious and, in any case, the claimants could not demonstrate they had lost out

financially as a consequence of the company's actions. The Court of Appeal

disagreed, stating in its judgment:

    "These claims raise serious issues which merit a trial. They concern what

is alleged to have been the secret and blanket tracking and collation of

information, often of an extremely private nature... about and associated with

the claimants' internet use, and the subsequent use of that information for

about nine months. The case relates to the anxiety and distress this intrusion

upon autonomy has caused."

    One of the three claimants against Google, Marc Bradshaw welcomed the

decision:

    "This is a David and Goliath victory. The Court of Appeal has ensured

Google cannot use its vast resources to evade English justice. Ordinary

computer users like me will now have the right to hold this giant to account

before the courts for its unacceptable, immoral and unjust actions."

    The Court of Appeal also confirmed the Mr Justice Tugendhat judgement in

the High Court that breach of privacy is a tort, dismissing Google's argument

that it should only be actionable if there is a financial loss.

    The judgment set out clearly how Google profits from its advertising

service that relies on tracking cookies, stating that the company "makes an

annual profit of billions of dollars from the DoubleClick service" in which the

DoubleClick ID Cookie, when placed onto a user's browser, gathered data such as

surfing habits, social class, race and ethnicity, sexual interests, trade union

membership, religious and political beliefs, mental and physical health and

financial situation. This information was gathered through what is known as the

'Safari workaround' in spite of the Apple Safari web browser's default privacy

settings, that opted out of permitting tracking cookies for nine months in 2011

and 2012: "As a result of the operation of the Safari Workaround during the

Relevant Period the Defendant, without Safari users' knowledge or consent

thereby obtained and recorded the private and personal information referred to

[above]."

    Dan Tench, partner at Olswang, acting for the Claimants, welcomed the

decision: "This is an important decision that prevents Google from evading or

trivialising these very serious intrusions into the privacy of British

consumers. Google, a company that makes billions from advertising knowledge,

claims that it was unaware that was secretly tracking Apple users for a period

of nine months and had argued that no harm was done because the matter was

trivial as consumers had not lost out financially. The Court of Appeal saw

these arguments for what they are: a breach of consumers' civil rights and

actionable before the English courts. We look forward to holding Google to

account for its actions."

    The decision opens the door to litigation by millions of Britons who used

Apple computers, iPhones and iPads during the relevant period of Summer 2011

and Spring 2012. The Google Action Group is a not-for-profit company that has

been set up to manage claims against the Internet giant for breach of privacy

through the Safari workaround. Anyone who used the Safari browser in England

and Wales during the relevant period now has the right to join the Group's

action against Google.

    Notes to Editors

    The Google Action Group is a not-for-profit company set up to manage the

claims of consumers against Google. Founded by the Google Governance Campaign,

it has funding and a specialist law firm instructed to bring an action at the

earliest possible opportunity. The Group's website -

http://www.googleactiongroup.com - will be launched on Monday and any consumer

wishing to join the action should contact the Group via that vehicle.

SOURCE: Google Action Group

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中